作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

オブジェデザイン、どうやって作る? 〜その133(2)〜

できることとできないことがわかりません。

紙以外の素材で立体看板を制作する依頼が来たものの、一旦は二の足を踏んでしまった話を前回を紹介しました。

新しいチャレンジと思って踏み出してみましたが、あれこれ思考錯誤が続きました。

 

フィギュアや立体看板を作成するとなると、制作費が恐ろしく高くなることが予想されます。また、重量もかさみ、デザインも3Dに起こさなければなりません。よって、これらは却下です。

 

ガラスメニューケースの上に置くので、オブジェの素材は軽くて雨風と日焼けにも強くなければなりません。

 

それらを踏まえて、平面的なデザインで制作することに決定しました。

 

メニューケースの上で自立しなければならないので、素材をパネルにするか、少し厚めのアクリルにするかを業者さんに問い合わせをしました。

 

発泡パネルは風雨、日焼けに弱く、合板アルミパネルは切り抜くことができず、アクリルは重いのだそうです。

 

ふりだしに戻ったと思いきや、アクリル看板を調べていた際、「カルプ文字看板」というものを目にしました。

 

調べてみると、発泡スチロールのような材質で、文字に切って、立体にするとのこと。

 

軽くて風雨や日焼けに強く、しかも安いのです。

 

ちなみにW90cm、H45cm、D5cmのサイズが3万円程度で作ることができます。

「ようやく見つけた!」という気持ちです。

 

さらに、調べてみると、カルプ素材は立体文字の看板によく使われていますが、看板業者さん曰く、オブジェでカルプを使うのは初めてとのこと。

 

この素材は、実は今まで存在を知らなかっただけで、知っていればいろいろな用途に使えるはずです。

 

今回のように、時々、「どうやって作ろうか?」と困ってしまうご依頼がありますが、引き受けてみると新しい発見が必ずあります。

 

完成することで自分の制作できる範囲と知識がぐっと広がっているのが分かります。

 

毎回では困りますが、たまにはこのようなご依頼を引き受けるのもいいものです。

オブジェデザイン、どうやって作る? 〜その133(1)〜

紙以外の素材をデザインすることに躊躇してしまうのですが。

「オブジェのデザイン?」と聞いて、すぐに思い浮かぶものは何ですか?

 

HAT TOOL DESIGNには、チラシや名刺などの紙もののデザインだけではなく、どうやって作るんだろうかと思ってしまうようなご依頼があります。

 

下記の写真は、昨年暮れに納品したオブジェです。トンカツ屋のガラス製のメニューケースの上に置かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このトンカツ屋の店舗は2階にあり、1階の階段の登り口にガラス製のメニューケース(W90cm,H120cm,D40cm)が置かれているのです。

 

通り沿いからはケースが目立ちにくいので、ガラスケースの上に置く豚の人形を作って欲しいという依頼があり、お客様が画像を送ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

豚の絵は描けますが、フィギュアのような人形をどこでどう作ったらいいものか、大変迷いました。

 

しかも、重くなることが予想されるので、ガラス製のメニューケースの上に置いても大丈夫なのかも気になりました。

 

分からないことだらけで、断ろうかと思ったこともありましたが、せっかくHAT TOOL DESIGNに依頼してくれたのだし、なんだかおもしろそうなので、引き受けることにしました。

<その133 つづく>

 

クライアントにデザインを見せる順番 〜その132(2)〜

イメージがある人こそ、順番が難しいと思うのです。

クライアントにデザインを提案する際、 打ち合わせのタイプによって、見せる順番を変えています。

前回はデザインのイメージがない場合を紹介しましたが、今回はデザインのイメージを持っている場合のプレゼンの仕方を紹介します。

 

イメージを持っている場合、ある程度、頭の中に自分なりのデザインイメージがあるので、その要望に沿ったデザイン案をA案として最初に見せます。

 

その理由は、ずばり「信頼」していただくためです。

 

要望に沿ったデザイン案を真っ先に見せることで、よく具体化してくれたという嬉しさと作り手に対する信頼感が出てくるようです。 

 

信頼感が生まれた後に、 クライアントの想像を上回るB案、C案を渾身の自信作であるオススメ案として見せるのです。

いい意味で期待を裏切って、「さすがプロですね!」とクライアントが感動していただくことがよくあります。 

 

最終的に、選ばれるのはこちらが提案したオススメ案である確率がとても高いのです。 

 

これまでデザイン一筋でやってきて、本来は口べたな私が営業マンのような流暢なプレゼンができない中で たどり着いた順番です。

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag