作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

デザインデータのバックアップ方法 〜その1〜

データのバックアップの仕方を迷っています。

前回、5年分のデータが入っていた外付けハードディスクが壊れてしまったお話を紹介しました。

 

これを機にバックアップの取り方をWEBで検索したのですが、ワードやエクセルなど軽いデータを扱う事例ばかりで、重いデーターを扱うグラフィックデザイナー向けのバックアップの事例が全然出てきませんでした。

 

ということもあり、前回に引き続き、デザインデータのバックアップについて、今回も取り上げたいと思います。

 

前回、「皆さんのバックアップの取り方を教えてください!」と投げかけたところ5名から返信をいただきました。

 

5名ともバックアップを取る媒体を使い分けているとのこと。

・外付けハードディスク

・DVD、Blu-ray

・USBメモリ

・クラウドストレージ

案件の進行に合わせて、それぞれに取っているようです。

 

予想外だったのが、DVD、Blu-rayです。

私もかつては、作業が完了したデータをCD-ROMに移し変えていたのですが

 

・上書き保存できない

・容量が少ない

これらの理由で、徐々に使わなくなってしまいました。

 

しかし、DVDやBlu-rayであれば、容量も大きいので、何年もの間、リピートがないクライアントのデータは、DVDやBlu-rayのメディアに移すのも一つの手だと思いました。

 

調べてみると、ハードディスクは衝撃に弱く、USBメモリなどのフラッシュメモリは自然放電によるデータ化けをするようで、長期保存にはシンプルな媒体の「光ディスク」が比較的向いているようです。

詳しくはこちらを参照ください。

http://www.pasonisan.com/pc-optical/dvd-life-hokan.html

 

(2019年現在)

<つづく>

危機は突然!バックアップ問題 〜その3〜

バックアップの方法は何か一番よいのでしょうか?

外付けハードディスクの突然の故障で、データ救出のために結果的には20万円の出費がかさんでしまいました。

 

幸い、現在進行中のパソコン本体に入っているデータは無事でしたが、もうこんなことは二度とごめんです。

 

この痛い経験を機に、バックアップの取り方を見直して二重三重にバックアップをしようと心に誓いました。

 

現在、私のMac本体にはタイムマシンという自動バックアップ機能があるので外付けハードディスクにバックアップをとっています。

 

デザインが完成したデータを別の外付けハードディスクに退避していたのですが、これにもバックアップを取らなければいけないのです。

対策を考え、下記のように対策を講じました。

ハードディスクのバックアップ

 

バックアップ方法を調べてみるとクラウドやNAS、RAIDといった方法がありますが、迷っています。

 

そこで、皆さんはどのようなバックアップのやり方を講じているのか聞いてみたいと思いました。

 

もしよろしければ、お聞かせ願えませんか?

 

今回はデザインとは少し違った趣向でお届けしましたが、デザインを作成するにはデータが「命」です。

突然ハードディスクは壊れます。

「少し調子が悪いかな?」と感じている方は現在、大容量のハードディスクの価格も下がっているので、早めの買い替えが絶対オススメです。

 

 

危機は突然!バックアップ問題 〜その2〜

ハードディスクのデータ救出の金額はどれぐらいなのでしょうか?

外付けハードディスクがうまく作動せず、バックアップできない状態が突然やってきました。

過去5年分のデータをどうにか救出しないことには、仕事に多大なる影響を及ぼします。

藁にもすがる思いで、深夜まで開いていた業者さんに持ち込みました。

 

しかし、診断結果は「重症」。

 

落としたこともなければ、ずっと机の上に置いていたのに何故なのでしょうか。

 

しかも、使用していたのは、Macオススメのハードディスクで評判も良く、使用してまだ5年です。

 

診断によると、円盤部分が経年劣化で傷つき、データを読み書きするヘッド(レコードプレイヤーでいう針の部分)が破損しているとのことです。重症の場合はよくあるようです。

ハードディスクの経年劣化

 

データを救出するには、なんと約30〜40万円ほどかかるとのことでした。

 

ハードディスクの中身を開けるには、ほこりが入らないようにクリーンルームで作業を行うなど、まるで手術のようにデータを救出するようです。

 

SEの友人にも同様にこのハードディスクを診てもらったのですが、やはり中のディスクとヘッドが壊れているという回答で、クリーンルームのある専門の技術のある業者さんにしかできないとのことでした。

 

高額になるのも仕方ないようです。

 

いよいよ崖っぷちに立たされました。とはいえ、いくらなんでも、40万円は痛すぎます。この時点で、なぜか涙が出てきたのでした。

 

そして最後のあがきで、別の業者さんに電話すると20万円という返答がありました。

 

20万円もきついですが、背に腹は代えられません。

大変痛い痛い出費です。

<つづく>

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag