作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

デザイナーは時にはコンサルの役割も 〜その2〜

デザイナーの役割って何ですか?

前回は、パンフレット制作の依頼主である工務店が自身の店が伝えたい内容が決まっていない例を取り上げました。

独身の男所帯の工務店が、判断の決定権が女性にあると言われる「住まい」をいかにして売るのか、HAT TOOL DESIGNと工務店とのやり取りの続きを紹介しましょう。

 

家の設計図面を作成するまでには、将来の暮らし方、家族未来図など、何度も話し合いを重ね、時間をかけ、修正を重ねるものだと思います。

 

しかし、その工務店は「100年持つ工法で家を建てる」ことと、図面作成用アプリを使って図面を作るので、相談を受けた当日には図面と概算見積もりを提出できることが売りとのことでした。

 

相談を受けた当日に図面と見積もりを提出とは、随分と早い対応なので、大丈夫なのだろうか思いましたが、よく考えると、設計図を作成する前の段階にいくつもの疑問が浮かび上がりました。

 

・家を建てるにはそもそもいくらかかるのか

・ローンはどのように組むのか

・土地はどうやって探すのか

・どのような間取りがいいのか

・どこに依頼すればいいのか

など、漠然とした疑問ばかりが浮かびます。

 

とにかく、どうすればよいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

 

私自身も自宅マンションを少しリフォームする際に、どこに依頼すればいいものか、いくらかかるのかが全くわからず、ネットで検索しましたが、どこも同じように思えてしまいました。

 

その頃、悪質リフォーム会社のニュースも話題になり、結局、建築事務所で働いた経験のある友人に紹介してもらいました。

 

そのような経験もあり、図面と見積もりがすぐ分かり、さらに、疑問にすぐ答えてくれる点が「売り」になるのではないかと思いました。

 

家を建てたいけどまず何をしてよいか分からない方へアプローチするために、「来るもの拒まず」の相談しやすさをアピールしたパンフレットにしてはどうかと提案しました。

 

すると、お客様の表情がパッと明るくなり、自社が目指すビジネスモデルが見えたとのこと。

 

これって、パンフレットの相談を受けただけのデザイナーが会社の進むべき道を左右する重要なことの決定に関わった瞬間だと思いませんか?

 

こちらとしても、「お客様の売り」はどこにあるのかを考えて提案し、しっかり理解していただけたので私も表情がパッと明るくなりました。

デザイナーは時にはコンサルの役割も 〜その1〜

伝えたい内容がわからないのですが。

 

チラシやパンフレットを作成する際、どのような内容を記載するのかをまずは考えます。

 

お客様ご自身で記載する内容がまとまっているのであればよいのですが、まったくまとまっておらず、ただ、「宣伝したい!」という場合、こちらも困ってしまいます。

 

時には、「それはあなたの会社の方針で、私のようなデザイナーが決めることではない」ということもありませんか?

 

また、社自体の方針など核となる部分がしっかり詰まっていないので、トライ&エラーが続き、制作が難航しそうだと感じることもあるでしょう。

 

これは、「デザイナーあるある」ではないでしょうか?

 

先日、工務店を営んでいるお客様から木造住宅を建てたい方向けのパンフレット作成依頼がありました。

 

一般的に、キッチンなどデザインや間取りなど、決定権は女性側が多く、住宅は女性や家族をイメージした商品です。

 

しかし、この工務店の依頼主は独身。

スタッフもみな独身の男性ばかりとのこと。

 

独身男性ばかりの会社だと、正直、「住宅=暮らし=家族」といった、子どもが成長し、年老いて夫婦で暮らすイメージは打ち出しにくいでしょう。

 

また、一生に一度の高額な買い物なので、将来の暮らし方を施主に丁寧にリサーチして建てるという流れを打ち出すには説得力が弱いかと思いました。

 

そもそも、私にとって家を建てることは、施工会社にたくさん話を聞いてもらい、「ああだ、こうだ」と話し合いながら何度も修正をして設計図面を作成するもの、家の完成まで時間がかかるものだと思っていました。

 

また、一般的にどの住宅メーカーをみても、そのように打ち出しています。

 

依頼主の工務店には正直に、「どのような売りでパンフレットを作ればよいのかよくわかりません」とお話しさせていただきました。

 

進行の先が見えず、透明度20%とも言える案件です。

 

<つづく>

 

数字で説得力アップ 〜その2〜

数字で言い切ることに戸惑いがあります。

前回、曖昧に表現するのではなく、具体的に数字で表す効果について紹介しました。

 

数字によって、解釈がひとつに定まるので、ごまかしは効きません。

 

先日、会員制のクリーニング店の新規オープンのチラシを作成しました。

 

オープン記念の特典は、会員登録した方へトートバックプレゼントでした。

 

チラシを見た人に、いち早く会員登録してもらいたいという狙いがあり、少しでも焦せらせるために、「いつまで」「何人に」プレゼントをするのか、具体的な数字を入れることを提案しました。

 

結果、「先着100名」と設定しました。

 

この「100」という数字を決めることで、クリーニング店のオーナーにとっても、最初に達成すべき目標となる数字が定まったのでした。

 

このクリーニング店のように、数字を率直に出すことができる場合はよいのですが、そうでない場合ももちろんあります。

 

数字にするということは、考えを具体化し、言い切ることです。

 

曖昧さが逃げ道だったものが、その逆を表現することでプレッシャーにつながってしまい、数字を出すことを嫌がる方がいらっしゃいます。

 

こればかりは、ご本人の意思なので仕方ありません。

 

一般的には、数字化すると説得力が増す要因として

・曖昧さがなくなるので、想像しやすい

・漢字やひらがなの文章の中で数字は目立ちやすい

などが挙げられます。

 

数字を出すと曖昧さがなくなり、言い切ることになるため、言葉に力強さが出るのではないかと思います。

 

ある意味、「覚悟」のようなものがにじみ出ているのかもしれませんね。

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag