作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

ただの箱に新たな価値を生み出すデザイン 〜その120(2)〜

「デザインの力」って何ですか?

デザインを施すことで、利用価値が変わる例を前回にひき続き、ご紹介します。 

 

ビジネスの勉強会で訪ねた薬局の話です。 

 

この店の地下室は、20平米ほどの広さがあり、壁は白くて温かい色の照明が施され、奥の壁には全面に青空のイラストが描かれたとても居心地がよい空間です。 

 

地下室では、ピラティス教室や美容教室を開講しています。

 

このイラストを描く前は、薄暗くて段ボールが並ぶ単なる在庫置場でした。 

殺風景な地下室にイラストが描かれることにより、居心地がよくなり、この場所が病気やケガの予防、コミュニケーションの場所として有効活用され始めたのです。 

 

この薬局の周辺は大手ドラッグチェーンが乱立していますが、地下室でこのような取り組みを始めたことで、大手ドラッグチェーンとは一線を画すここだけの強みになったそうです。 

 

前回、紹介した自販機の箱にしても、今回の地下室にしても、デザインを施すことによって、見る人の意識が変わり存在意義が生まれるのです。 

まさしく「デザインの力」といえるでしょう。 

 

これを目の当たりにした時、デザインはおもしろいとつくづく思います。 

ただの箱に新たな価値を生み出すデザイン 〜その120(1)〜

記憶に残るデザインとはどんなものなのでしょうか?

デザイナーのところには、さまざまなもののデザイン依頼がきます。

先日は、「防災用品備蓄庫」なるもののデザインを作成しました。 

自動販売機横のヒツジのイラストが描かれているBOXです。

新たな価値を生み出すデザイン

この備蓄庫は自動販売機の横にあり、 通常はゴミ箱として使われるのですが、 備蓄庫の中には簡易トイレが900個保管されています。 

 

災害が起こった際は、このトイレが配布され、横の自動販売機の飲み物も無料で配布されます。 

 

災害が起こった場合、電車やバスが止まり、おそらく帰宅困難な状況になると思われます。 

 

そんな時、このBOXのことを思い出し、備蓄庫内のものを活用して欲しいという願いと、 この場所に備えを求めて人が集まることでほんの少しでも不安が解消して欲しいという意味を込めて、群れることで安心するヒツジをモチーフにしたデザインになりました。 

 

1頭だけ顔が黒く色が白いヒツジは「自分」を意味しており、「自分ひとりじゃないよ、安心してね」 というメッセージが込められています。 

 

備蓄庫は、ヒツジのデザインがないと、ただの白い箱です。

新たな価値を生み出すデザイン

なんとも、殺風景で、記憶に残りづらいのではないでしょうか? 

 

自動販売機の横に設置され、災害時には中の備蓄品を取り出して使うのですが、デザインを施すことで記憶にも残り、より大きな意味付けができ、新たな価値を生み出したと思っています。 

<その120 つづく>

 

 

読めなくてもいい文章とは 〜その119〜

 文字は読めるサイズにしなければならないと思いますが。

HAT TOOL DESIGNでは、ファミリー向けの製作物が多いので、年配の方でも読みやすいように本文は8〜9ptを目安にして作成しています。

本文は読んでもらいたいので可読できるこのサイズですが、「読めなくてもいい文章」があるのです。

 

例えば、テレビの消費者金融のCMや薬のCMで一瞬画面に表示される注意書きがそれにあたります。

 

字が細かく書かれてあり、とうてい一瞬では読めません。

 

読めるか読めないがではなく、義務付けられているため、表示しているだけなのです。

 

私は以前、DVDのパッケージのデザインを作成していたことがありました。

 

パッケージの裏面に、「使用上の注意」や「再生環境」などを記載しなければならないのですが、表記すべき内容の文字数が非常に多いのです。

6ptでもパッケージの半分を埋めてしまうほどです。

 

他のDVDのパッケージを見てみると、ほとんどが4ptや3ptほどの小さな文字で表記されていました。

この類の情報は読みたい人だけが読むものであって、便宜上、載せなければならない文章なのです。

 

デザイナーとしては、文字サイズには大変気を使うものですが、このような暗黙の了解の文字サイズもあることを知っておくと、すこし便利です。

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag