作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

オリジナルカレンダーで自社をアピール 〜その113(3)〜

カレンダー製作で最も気をつけるポイントは何でしょうか?

年末の仕事納めでお得意様に配るカレンダーをいかにして販促ツールとして活用するかを紹介します。

 

オリジナルカレンダーであるという特性を最大限に活かして、自社の特売日やイベントを表記しましょう。

例えば、HAT TOOL DESIGNが毎年作成をお受けしている宅配水会社が顧客に配布しているカレンダーには、その会社のイベントである「工場見学」を表記をしています。該当月の5月から11月には「工場見学募集」と表記します。 

 

また、宅配水の会社らしく、 お水を使った料理のレシピや豆知識、 WEBサイトで申し込める毎月のプレゼントの告知なども 

掲載しています。 

 

毎日、目にするカレンダーに載せる内容は、売り込みというよりお役立ち情報の方がいいでしょう。 

 

その視点で考えると、さまざまな要素が挙がってくるはずです。 

 

せっかくカレンダーを作成するのであれば、単に名入れカレンダーではなく、 オリジナルのカレンダーにしませんか?

その際、最も注意すべき点は、日付を間違えないこと。 

いちから暦を作るので、間違える可能性があります。

 

HAT TOOL DESIGNで作る際も、校正に時間をかけ、最も気を使うポイントです。 

 

一点でも間違えがあれば、カレンダーの価値はなくなってしまいます。

 

オリジナルカレンダーで自社をアピール 〜その113(2)〜

常に使ってもらえるカレンダーに必要な要素はなんでしょうか?

年末年始の挨拶周りでお得意様にお配りする、「使いやすい」カレンダーの仕様について前回にひき続き、紹介します。 

 

販促効果を高めるには、常に使ってもらわなければいけません。

そのために必要なのは、センスのよさです。

 

カレンダーに使う写真やイラストがキレイであったり、カッコよかったり 、かわいかったりするものがいいでしょう。

 

さらには、紙質にこだわり、 暦の書体や色、レイアウトにもセンスのよさが必要です。

 

ただ、カレンダーは1年を通して「使いやすい」 ことが最も大切になので、オシャレすぎて「使いづらい」ことにならないためにも、やはり定番のレイアウトや色(土曜は青、日曜は赤)からあまり外れないほうがよいでしょう。

<その113 つづく> 

 

オリジナルカレンダーで自社をアピール 〜その113(1)〜

この時期だからこその販促ツールとは何でしょうか?

年末の足音が少しずつ聞こえてきました。

HAT TOOL DESIGNでは、年末年始に向けた「カレンダー」のデザインも手がけています。 

 

カレンダーは仕事納めのお得意様の挨拶回りで、 配られます。

 

仕事納めのご挨拶の際に、カレンダーをお渡しするという口実があれば、先方にお伺いしやすいというメリットもあります。 

 

お渡しした後も、一年中、目につくところに置いてもらえるので販促効果が何倍にも広がります。 

 

ただ、目のつくところに置いてもらえるのは、 「使いやすくセンスがよいカレンダー」です。 

 

この機会に、目のつくところに置いてもらえるような販促効果のあるカレンダーを作ってみませんか? 

 

大前提として、日にちと曜日がはっきりして見やすいという条件があります。

他には、

 

●スケジュールが書きやすい。

日付の下に余白をとります。紙質は書き込みやすいマットコートや上質紙がオススメです。 

 

●六曜が記載されている。 

行事や新しいことをするときに六曜を気にする方がいらっしゃいます。 

 

●前後の月も載っている。 

ページをめくらずに前後の月がチェックできるのは便利です。 

 

●イベントがある。 

バレンタインデーやハロウィン、 クリスマスなど一般的なイベントが表記されていると、 販促や行事にも役立ちます。 

 

●日曜始まりor月曜始まり 

スケジュール手帳のカレンダーには月曜始まりを見かけます。 壁掛けカレンダーで月曜始まり案を提案しようと調べたところ、壁掛けや卓上カレンダーでは日曜はじまりが一般的に使いやすく人気のようです。

 

わたしは、二十四節気(夏至・立春など)が表記されたカレンダーだと、季節に合ったデザインを意識しやすいので、使い勝手がさらによくなります。

<その113 つづく>

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag