作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

新しいデザイン環境で仕事していますか?

「新しいデザイン環境」とは何のことだろうかと思った方もいるでしょう。

それは、Adobeのことです。

「Adobeクリエイティブクラウドで、最新のものを使っていますが、それが何か?」と言われそうですが、まあ、少しお付き合いください。

HAT TOOL DESIGNでは、今でこそ、Adobeのクリエイティブクラウドの最新のバージョンを使っていますが、何年か前まではCS6という古いバージョンをしつこく使い続けていました。

それは使い慣れたアプリケーションを使うメリットを感じていたからで、何十万円もかけて買った最新版をさらに毎月支払い続けなければならないことや、印刷業界が古いバージョンも受け付けていることが多かったからです。

そんなこともあり、以前はホームページのデザインといえども、ほとんどIllustratorをメインに使っていました。

しかし、ここ最近は、特にXd、PhotoShop、Acrobatの進歩というか、痒いところに手が届く感覚に、驚いています。

Xdは、ホームページのデザインを作る際に使っているのですが、レスポンシブ(PCとスマホ)で見た時のデザインのサイズ変更がしやすく、各ページをお客様に確認してもらう時に、デザイン作成中のアートボードが常にクラウド環境にも存在することになるので、そのURLをお客様に送るだけで確認してもらえます。

Xdのアートボード

今まで、ページごとに1枚ずつJPG画像やPDFにしてお送りして、「おおよそこんな感じ」と、確認してもらっていたのですが、それほど手間をかけることもなく、完成したホームページと同じようにお客様にもブラウザ上で確認してもらえます。

そして、PhotoShopに至っては、今や選択ツールでざっくりと囲んだだけで、PhotoShop自体が被写体か背景かを判断できるので、圧倒的に素早く切り抜くことができます。これには、本当に感動しました。もちろん、細かな背景は無理だと思いますが。

かつては、背景を切り抜くのにマウスで囲んでdeleteを繰り返して、時間をかけていたのが嘘のようです。

またAcrobatは、契約書など署名がしてもらえる機能がついていることも便利になりました。

数多くのフォントが使え、使い勝手のよさを挙げるとキリがありません。

アップデートもよく行われており、常に最新版が使えるので、買い切りのパッケージにはない利点だと思います。

ここまで書くとまるでAdobeの広告塔のようですが、私がここで褒めていることはAdobeサイドは知らないので1円も入ってくるわけでもなく、まったく優遇もされません、念の為。

それはさておき、少し話は変わりますが、Adobeはサブスクリプション制に転換してから業績は絶好調で目立ったライバルもなく、まだまだ成長すると期待されています。

よって、これからもっと便利に革新的に変化していくと予想します。

これからを見据えて世界の最新技術には、積極的に接しておきましょう。

自分が動くことは時間を売っていること

先日、関東に20店舗ほど展開しているマッサージ店からパンフレット作成の問い合わせがあり、見積もりを送った後、電話で話しました。

「実店舗を見てもらってから、パンフレットを作るための話がしたいので、店舗まで来て欲しい」というものでした。

店舗の場所は、HAT TOOL DESIGNの事務所から電車で片道1時間30分掛かり、交通費は1000円ほど。

つまり、移動と打ち合わせ時間を合わせて、おおよそ4〜5時間は取られ、交通費も往復で2000円が掛かります。

ちなみに、HAT TOOL DESIGNでは、打ち合わせは無料ですが、「相見積もり」と「業者選定段階」は「ご遠慮ください」と「お問い合わせページ」に表記しています。

ということもあり、「遠方ですが、ご依頼前提ということであれば、お伺いしたいと思いますが、他社もご検討されているのでしょうか?」と質問しました。

「御社以外にも複数社を検討しています」と回答がありました。

困りました。

4〜5時間あれば、ちょっとしたチラシの片面ぐらいならデザインが作成できそうです。

私が「遠方で往復3時間ほど掛かるので、打ち合わせは…」と尻込みをすると、「関東一円に20店舗ほど持っているので、関東のデザイン会社に声を掛けています。いずれの会社にも、複数の業者と見積もりを検討していると正直にお話させていただきました」とのこと。

正直に話していただいたのは助かります。

失敗したくないので複数のデザイン会社から自分たちに合ったところを選びたいのだと思います。すごくお気持ちもわかります。

しかし、往復の移動に時間が取られ、交通費もこちら持ち。

その上、最終的に自分が依頼されるかどうか分からないのに、店舗を見ながらパンフレットを作るための話をしたいとのこと。

その段階であれば、制作に入るための具体的に掘り下げた話はできないだろうし、店舗を見ながら何を話すのでしょうか。面接なのでしょうか。よく分かりません。

これはリスクが多いと心の中で思いつつも、「一旦、考えさせてください」とやんわり電話を切り、メールでお断りの返事をお送りしました。

デザイナーを含めクリエーターは依頼を受けた時、自分の時間を使って作成しているのです。

即ち、自分の時間を売っているということ。

私の場合は、現在進行形の案件も同時に抱えています。

同じ時間を使うのであれば、現在進行中のお客様のために使った方が喜んでいただけるし、私自身も嬉しくなります。

一方、仕事を得る「チャンス」という見方もできるので、営業目的として、敢えて、先方に伺って打ち合わせをするという方もいらっしゃるかもしれません。

それも当然、「あり」だと私は思います。

見る側面によって、時間が無駄なのか、有効なのかどうかは人によって違ってくると思いますが、ただ、自分が動くことは「自分の時間を売っている」ということを、しっかりと認識することが、大事なのです。

 

どのようにすれば、ホームページを訪れてもらえるか

今回は集客寄りの内容をお届けします。

先日、お客様からご自身の会社のホームページ作成の相談がありました。

1〜2ページ程度の簡単なホームページを作って欲しいとのこと。

「簡単なホームページとは?」と思いながら、話を聞きました。

自身のビジネスを紹介するためのホームページなので、箇条書きのプロフィールと業務内容だけでよいとのこと。

「ペライチ」という無料でホームページが作成できるサービスを使って、ご自身で作ることを提案しましたが、挑戦した結果、難しかったので止めてしまったそうです。

仮に、その1〜2ページのホームページを私が作成したとしても、Google検索で上位表示するのは無理でしょう。

なぜなら、今はGoogleが検索順位を決める基準は、文字数が5,000文字以上の役に立つ情報が載っているページを優先して表示するアルゴリズムになっているからです。

そんな中で、1〜2ページしかないホームページは上位表示どころか、検索結果として表示されるかどうかのレベルでしょう。

ということで、1〜2ページのホームページを作るなら、SNSやチラシ、名刺などにURLを載せてアクセスを誘導することをお話ししました。

しかし、その誘導先(受け皿)がないのです。

仮に、SNSのリンクやチラシに記載されたURLをたどって訪問したり、何かの拍子に検索でヒットして見込み客がホームページに訪れたとしても、箇条書きのプロフィールと業務内容を載せただけのホームページを見て、果たして「問い合わせ」に繋がるのでしょうか。

このお客様のことをよく知っている人やその人からの紹介であれば、1〜2ページのホームページでもよいでしょうが、どうやら、新規客も獲得したいとのこと。

今、ホームページを作るときには「検索〜アクセス〜問い合わせ」までの導線と「SNSを使って広める」ことを踏まえて作る必要があります。

それらを考えなければ、せっかくホームページに来てもらっても、欲しかった情報と違っていれば、すぐ他のページに飛んでしまい、肝心な「お問い合わせ」には繋がりません。

そうならないためにも、検索キーワードに見合った情報をしっかり載せておきましょう。

このような導線を考えずに作成してしまうと、残念ながら役立たずのホームページになってしまいます。

ということで、HAT TOOL DESIGNで1〜2ページのホームページは作成できない旨を伝え、一旦断りました。

しかし、「もう少し予算を掛けて作成したい」とホームページ作成見積もりを出し直しましたが、依頼まで進むでしょうか。

 

購入客や利用客は失敗しないために、絶えず比較検討しているので、素早くピンポイントな情報を得ることを欲しています。

その「比較検討の土俵」に乗ることができるホームページを作ることが大切だと、強く思います。

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag