作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

お客様の声を載せるということ

チラシやホームページからの問い合わせを増やす方法として、いくつかのコツがあります。

問い合わせを増やすには、まず見た人に「信用」していただくことが大事になのですが、そのために代表的なコツは

・顔写真

・お客様の声

・値段

・よくある質問

などを載せることです。

今まで何度かこのブログで顔写真について取り上げていますが、HAT TOOL DESIGNでお客様のチラシなどを作成する時に顔写真と同じぐらい、載せることに難色を示されることが多いのが「お客様の声」です。

難色を示される理由はなんとなく想像がつきます。難色を示される方を見て思うのが「お客様に頼んで、声をもらうことができない」ということなのです。

確かに、お客様から頼まれることはあっても、こちらから何かを頼むのは「厚かましい」「めんどくさい」などと思われたらどうしようかと、気が引ける気持ちはよく分かります。

HAT TOOL DESIGNのホームページにもお客様の声を載せていますが、最初にお客様に依頼する時には、頼んでいいものかどうかとても迷いました。

https://www.hattool.com/category/voice

比較的仲のよいお客様に、おそるおそる勇気を出して頼んでみると、実にあっさりと引き受けていただき、拍子抜けしたものでした。

1人、2人、3人とお客様に頼むごとに、当初に抱いていた気の引けめは次第に弱まり、自分自身の意識が変わってきた感じがします。

お客様に声を依頼するコツは、仲がよかったり、言いやすいお客様にまずは頼むことだと思いますが、起業して月日が経たない店舗でも「1週間待ってください!お客様からコメントを取ってきますので」と言って、5件ほど顔写真とともに集めていただいたこともありました。

一方、長くそのご職業についているベテランの方でも「う~ん」と難色を示す方や「それほどお客様と仲良くなっていない」と、おっしゃる方もいます。

中には、載せることができない職業もありますが、それは別として、店主とお客様との関係性や思い、これから作ろうとしている販促物(チラシ、ホームページなど)の制作に取り組む本気度合い、経営に対する覚悟などが一気に透けて見える瞬間です。

10人、20人の声が必要というわけではありません。1人でも、2~3人でも構わないのです。要は0でなければよいのです。

「たかがお客様の声でしょ」とお思いになるかもしれません。

しかし、お客様の声を販促物に載せるとお店の「信用」に繋がるのは、そういった覚悟が表ににじみ出て、見た人にも伝わるのだと思います。

修正って言いにくいもの!?

とあるZOOM飲み会で、心理コンサルタントが「デザイナーに仕事を依頼しているが、修正して欲しい箇所を伝えてよいものか迷っています」とおっしゃっているのを聞き、ハッとしました。

集まっていた参加者は、ほとんどがデザイナーなので「修正は言われて当たり前」「どんどん言ってください」「言わないとダメです」と、私を含めて皆が同じ意見でしたが、デザインを頼む側からすると、気を使うポイントなのだろうと思いました。

そう言えば、HAT TOOL DESIGNのお客様に、「修正は1回あたりおいくらですか?」と聞かれたことがあります。

HAT TOOL DESIGNでは、原則として、選んだ案を3回まで修正無料としていますが、それ以降でも文字修正や写真の差し替え、色替えなどの小さな修正は臨機応変に対応しているので「大丈夫ですよ」とお伝えしています。

また、できる限り修正を気軽に言っていただけるように、デザイン案を出すときには、「修正は遠慮なく」と必ず付け加えています。

そう伝えることで、お客様との関係が近くなり、次の依頼につながることが多いからなのです。

また、お客様との関係性が近くなると、実は修正があまり出なくなるようにも思えます。おそらく、信頼関係ができているからなのではないかと思います。

たまに、「信頼されていないのかな?」と感じるような修正を言われたり、逆にクオリティーが下がるような重箱のスミを突くような微妙な修正もあります。

デザイナーとしては、修正は言われて当たり前、その修正を気持ちよく引き受けて、乗り越える方が得るものが多いと思います。

女性っぽいデザインに秘められた色の調整

以前、メルマガ読者との交流会で、次のような話が出ました。

「男性が作った女性向けのデザインは、女性から見ると男性が作ったものだとすぐわかる」というものです。HAT TOOL DESIGNの女性のお客様も100%の割合で男性が作ったデザインだと分かると言います。

なぜわかるのでしょうか。女性の勘なのでしょうか。私は、男性が使う「色」がキツく、強いからだと思っています。

例えば、女性は一般的にピンクが好きですが、ピンクといってもさまざまなピンクがあります。

分かりやすく、色の例を作ってみました。

女性っぽいデザイン

どちらも「ピンク」ですが、左右どちらのピンクが「やわらかい」雰囲気がしますか? 

右側だと思う方が多いのではないでしょうか。

どちらかというと、右側がやわらかく、ふくよかな感じがするかと思います。ちなみに数値は、左がR255、G0、B255で、右がR255、G108、B200で、右側の方が色の数値を複雑に設定しています。

ちなみにCMYKにも変換してみましょう。

ただし、JPEGに変換しているので、実際の数値は異なってしまいます。

単純に濃い、薄いの差ではありません。

薄いピンクで左右を比べると色を組み合わせることによって生じるやわらかさを感じませんか? 

左はマゼンダ40%、右はマゼンダ35%とイエロー10%です。

女性っぽいデザイン

次に、濃いピンクで左右を比べてみましょう。

女性っぽいデザイン

左はマゼンダ80%、右はマゼンダ65%とイエロー15%の組み合わせです。

右側の方が淡く、やわらかく感じるかと思います。

ブルーの場合も比べてみましょう。微妙な違いですが、右側は色を組み合わせています。

左がシアン40%、右がシアン40%とイエロー7%です。

女性っぽいデザイン

濃いブルーの場合、この画像では、右側の方がやわらかな色に見えるのではないでしょうか? 

ちなみに、左がシアン80%、右がシアン70%でイエロー15%です。

女性っぽいデザイン

いくつかの例を見ていただきましたが、一つずつを比べると微妙な差異ですが、デザイン全体で見ると、力強く、きつく感じてしまうのだと思います。

例外として、さらに薄い色の場合、色を組み合わせると濁って見えてしまうことがあります。

その際は、マゼンダ7%やシアン5%などの単色でもよいかと思います。

女性向けのデザインは、単純に表現すると、「ピンク」や「淡い」ですが、この「淡い」は「薄い」ではないのです。

「淡い」を表現するには、単色ではなく、色の組み合わせが重要です。

とはいえ、ほんのちょっとした色の調整なのです。

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag