作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

企業の担当者に向けたデザイン ~その80(2)~

企業の場合、決裁者が誰なのかを考える必要がありますね。

たまたま手にした「OCRシステム」というテキストデータ変換システムの導入案内資料が専門用語ばかりで、いったい誰のための資料なのかという疑問が沸いたことから、案内資料のデザインについて前回に引き続き、検討します。

この資料の場合、企業の担当者が読むものです。 

このシステムを導入するには、おそらく社内の稟議を通さなければなりません。

 

そのためには、ざっと考えてみても、企業の担当者が上司である部長にプレゼンをして納得を得、さらに部長がその上司(社長なのかもしれません)に承諾をもらうといったステップを踏むのだと思います。

 

よって、まずは担当者が上司にプレゼンしやすいように、資料を読むだけで部長や社長を説得できるような構成や見やすさなどに配慮をした資料を作ると、担当者に喜ばれます。

 

その点を考慮すると、何を資料に書かなければならないのかおのずと答えは見えてきます。

 

例えば、導入することで社員の作業時間が減り、そのことで残業時間が減るでしょう。労働時間を短縮した分、違う業務に充てられるのでその提案もついでに入れておきます。

 

そうなると、表紙のタイトルも「OCRシステム導入について」ではなくなります。

 

例えば、「作業時間を7割短縮!自動文字読み取りシステムの導入でさらに得られる3つのメリット(仮)」などがよいかもしれません。

 

このように「BtoB」の商品の場合、入り口は必ずしも決裁権がある人ではありません。

 

その商品はどのような経緯をたどって購入に至るのかを考えて販促物を作る必要があると思います。

 

 

企業の担当者に向けたデザイン ~その80(1)~

誰に向けたデザインなのかが重要ですね。

先日、参加した勉強会でシステム開発の会社に勤めている方から、「OCRシステム」導入の案内資料をいただきました。

 

ちなみに「OCR」とは、手書きや印刷された文字をスキャナーで読み取り、テキストデータに変換するシステムのこと。

 

例えば、身近なところでいうと、紙の書籍を電子書籍化する場合、OCR機能のあるソフトを使ってテキストデータにします。

 

勉強会でいただいた資料に載っていたOCRシステムは、導入に何百万円も掛かり、おそらく行政機関や企業向けだと思われます。 

読み取ったテキストデータをサーバーに蓄積して、後で簡単に検索して取り出せる仕組みを、読む気も失せるほど専門用語ばかりで説明していました。

 

思わず、「これを見るのはシステムに詳しい専門家ですか?」と尋ねてしまいました。

 

すると、先方の返事は「違います。導入したい企業の担当者がこの資料を読むのですが、OCRについてあまり知らない人がほとんどです」とのこと。

 

基本的に、知識があまりない人が専門用語ばかりの資料を読むと、自分に関係がないと思われてしまいます。

 

これまでもHAT TOOL DESIGNのメルマガには何度も書いてきましたが、小学生が読んでも分かる資料を作るという意識が必要です。

<その80 つづく>

手書きチラシが合うもの、合わないもの ~その79(3)~

手書きチラシを適材適所で使いたいのです。

手書きチラシのほうが思いが伝わり、集客効果もあるのかどうか、新聞折り込みチラシを例に、前回に引き続き、考えてみたいと思います。

■「作成の手間」という視点

スーパーや家電量販店のような、お買い得商品がずらりと並んでるチラシは、レイアウトが細かく複雑なので、手書きだと見にくくなってしまいます。

1点や2点の商品にしぼり込んでしまえば、レイアウトが複雑にならず、より見やすくなるかと思います。

 

あれやこれやと盛り込んだ複雑なレイアウトの場合、手書きでは作成時間が相当かかります。

かといって、見る人に読む気を起こさせるチラシに仕上がるのかどうかは疑問です。

 

********************

いくつか手書きチラシの例を挙げてみました。

パソコンで作ったチラシより手書きチラシの方が温かみや親しみが伝わるのは確かです。

 

また、パソコンで作ったチラシがたくさんある中では、ひときわ目立つと思います。

 

そういう意味では、他と差別化ができ、効果はあると思います。

 

しかし、とりあえずチラシを手書きにすれば効果が出るのかというと、そうではありません。

 

効果的な手書きチラシを作るなら、

・商品を1点や2点にしぼりレイアウトを複雑にしない

・配布する範囲を狭くする

これらにうまくはまれば効果が出るのでしょう。

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag