作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

話がまとまらない! 勝手にチラシの内容をまとめてしまおう

HAT TOOL DESIGNでは、チラシを作成する際、お客様と打ち合わせをします。

 

例えば、

「キャッチコピーはこれを入れたい!」

「納品までの流れを入れたい!」

「お客様の声を入れたい!」

とチラシに載せる内容が予め決まっているお客様は、今までの経験上、ほとんどいません。

 

ご自身で「こういうことをしたい!」と分かっている方、ご自身でウリや強みをお話いただける方はよいのですが、中には話すのが苦手だったり、あらゆる内容を入れて欲しいといわんばかりに、「(言葉は悪いですが)とっ散らかって」まとまらない方がいらっしゃっいます。

 

おそらく、迷っていたり、混乱していると思うので、これ以上お話を聞いても言葉が出てこないと判断して、お客様には、「とりあえず私の方でまとめますね」と、打合せを終えることがあります。

 

チラシを作ることは、自分のセールスポイントをアピールすることだと思っています。

よって、苦手な方や慣れてない方はたくさんいらっしゃいます。

 

そのような方に、ご自身の強みやウリをお考えいただくのはずいぶん時間がかかってしまうでしょうし、厳しい意見かもしれませんが、時間をかけたところで、こちらが使いやすいような内容で出てくるのことは少ないかと思います。

 

打ち合わせで話がまとまらない場合、HAT TOOL DESIGNでは聞いた話しで勝手に内容を作ってしまいます。

 

例えを紹介します。

 

●四代続く石材店の場合

 

”初代から「自分と故人、ご先祖様の接点、それがお墓だ。だからこそお墓は気持ちを刻み込んで作るもの」と言い継がれてきました。”

 

実は、打ち合わせの際、この言葉は出てきませんでしたが、当然このような気持ちは受け継がれているだろうと想像したため、四代も脈々と受け継がれている石屋としての家系のポリシーを感じていただけるように作りました。

 

 

●マッサージ店の場合

 

「5つのこだわり」と勝手に見出しをつけ、細々した下記のサービスを1つにまとめました。

 

1.手足の末端からもみほぐし

2.お話しながらマッサージをすること(コミュニケーションを大事にしている)

3.マッサージが終わった後に生姜湯を出すこと

4.タオルは体に優しい国産の今治タオルを使用

5.施術後に体の状態を説明

 

ひとくくりにすることで、施術に来る患者さんへの気遣いが見えてきます。

 

 

●英語の授業内容を紹介する学習塾の場合

 

「英語を好きになる!」とキャッチコピーを勝手に作って「英語をまずは好きになるための授業」とコンセプトを打ち出し、

 

その1:楽しくネイティブと会話

その2:自分の上達を知るためのテスト

 

などと授業内容を紹介しました。

 

実のところ、好きになるかどうかは私にはわかりませんが、「好きこそ物の上手なれ」ということわざをイメージしてキャッチコピーをつけました。

 

HAT TOOL DESIGNでは、デザイン案を作成する前に記載内容を決めるための「構成案(仮デザイン)」を作ります。

 

デザイン構成案

この構成案を考える際に、打ち合わせで

・(石材店)初代はそんなことを言ったとは話してなかった

・(マッサージ店)5つのこだわりという話はしてなかった

・(学習塾)授業のコンセプトは「英語を好きになる」とは言ってなかった

 

など、「打ち合わせで言ってなかったことを勝手に書いてもいいのか」と躊躇することもあります。

 

それは全然構わず、大事なことはこの構成案が少しでも叩き台となり、お客様から修正の言葉を促したいという気持ちで提案します。

 

また、実際には言っていないのに言ったこととして書いてしまうとヤラセになってしまうのではと心配になるかと思いますが、この場合は、うまく表現できないお客様の気持ちを代弁しているだけだと思っています。

 

こうして提案した構成案は「そうそう、こういうことです! 気持ちを汲み取っていただいて嬉しい!」と大変喜んでいただきます。

 

また、勝手にまとめてしまうことはお客様より先手を打つことになりイニシアチブ(主導権)を取ることになるため、仕事が進めやすくなります。

 

お客様から「自分のことをよく理解してもらっている」と信頼度も高くなります。

 

お客様のちょっとした言葉からイメージを膨らませて内容をまとめていくのは時間がかかりますし、本来のデザイナーとしての役割よりも守備範囲は格段に広くなると思います。

 

しかし、それ以上に信頼が厚くなり、後々の仕事につながるのです。

 

フリーランスとして仕事を進めていく上で、この「勝手にまとめてしまう」という強引かつお節介がとても大切になってくるのです。

 

1から10まで言わなければ分かってくれない「指示待ちデザイナー」などと言われないためにも「勝手にまとめる」ことをぜひやってみてください。

急ぎの仕事の依頼

「急ぎの仕事」と言うと、「あー、嫌だ!」という声が聞こえてきそうですが、私も嫌です。

 

進行中の案件を後にまわしたり、はたまた、休みを返上したり、睡眠時間を削るなどして、急ぎの案件を優先することだってあります。

だから、嫌がられるんです。

 

この件に絡んで、以前、参加したビジネスの勉強会で話題にあがったお得意さんについての話を紹介します。

小売店での商売の内容だったのですが、デザイナーにも通ずるものでした。

 

どの方も、「お得意さん、常連さんほど、こちらの気持ちを察してくれる」と言います。

 

例えば、忙しい時には、黙って、手が空くまで待ってくれたり、他のお客様が割り込んでも、こちらが困らないように「私は急いでいないから大丈夫ですよ」と順番を譲ってくれるのだそうです。

本当に大事に優先すべきは、そのようなお得意さんなのです。

 

この話に、ハッとしました。

 

デザインの急ぎの案件の話に戻りますが、デザイナーの交流会の際に、「急ぎの案件は、どのように対応しているんですか?」と質問を受けたことがあります。

 

HAT TOOL DESIGNの場合、初めてのお客様で、急ぎ案件の相談をされる場合は、申し訳なく思いつつもお断りさせていただくようにしています。

 

今までの経験上、初めての取引にもかかわらず急ぎで依頼してくる方は、その後もずっと急ぎで頼まれることが多いですし、制作費も値切られることがよくあります。

 

少し話を聞くと、急ぎ案件になってしまう慢性的な理由が垣間見える時があります。

 

例えば、指示が曖昧でやり直しが多かったり、決定部門の判断が遅いので発注が遅れたり、土壇場になって制作費で揉めてしまい予定していたデザイナーに断られてピンチヒッターを探しているなどです。

 

もちろん会社に所属しているデザイナーは個人的に断ることはできない立場の方だと思うので一括りにはできませんが、私がHAT TOOL DESIGNを立ち上げる前に一人でやっていた時は、そのような急ぎの案件ばかりしか頼まれない時期があり、本当にその頃はよく値切られました。

 

いつも寝不足状態が続き、どんどん精神的に疲弊していきました。

 

ある日、起き上がれないほどのひどい腰痛になったことを機に、「世の中にはこんなお客様ばかりではない!」「きっと良いお客様はどこかにいるはずだ!」と思い、当時取引のあったほとんどのお客様との取引を思い切って解消したことがありました。

 

急ぎ案件に対応するのは、先ほども書きましたが、休みを返上したり、睡眠時間も削るなど体力が消耗します。

 

さらに誤字脱字、入稿データの不備などのミスも許されないため集中力も大切です。

 

しかし、馴染みのお客様で信頼関係を築いている方からの急ぎ案件であれば、大体は引き受けるようにしています。

 

それは「困っているのだろう」と思う人助けの心境もありますが、無理を聞いてあげるという「えこひいき」として引き受けても良いと思います。

 

ちなみに、デザイナーへの依頼は頻繁にあるものではありませんので、おまけを付けてあげるのも、割り引いてあげるのも良くないと思っています。

 

結局のところ、急ぎ案件の対応は時間や意識や体力を削って作ることになるので、極力、後々までお付き合いできるような

信頼できる本当のお客様への「えこひいき」という特別対応として取っておきたいものです。

直接会って打ち合わせするメリット

今回は私の営業の手の内を少しだけあかすような内容が盛り込まれています。

 

HAT TOOL DESIGNでは、デザインを作成する前に、可能な限り直接お会いして打ち合わせをしています。

 

遠方の方の場合でも、電話やスカイプなどで私が直接打ち合わせをします。

 

この「直接、話をする」ことが好評で、新規のお客様には「直接会って打ち合わせできるところを探していました」と喜ばれます。

 

これまで、私は「会う」のが当たり前だと思っていましたが、当たり前ではないようです。

 

というのも、お客様から聞いた話ですが、メールのやり取りだけで済ますというデザイン業者さんもいらっしゃるようです。

 

「会う」ということはあらかじめ準備も必要ですし、それぞれ「会えない」事情はあるかと思いますが、直接会って打ち合わせすることは、お客様だけでなく、実は発注されるデザイナーにとってもメリットがあると思います。

 

まず第一に、「お客様と親しくなりやすい」ということです。

 

その理由として、相手の雰囲気を目や耳など五感から感じ取ることができるからです。

 

例えば、目からの情報は、見た目・身だしなみ・持ち物・表情などを通じて、読み取ることができます。

耳からの情報は、声の質・大きさ・速さなどを通じて、感じる取ることができます。

 

それによって、相手への気遣いや熱心さなども伝わりやすいかと思います。

 

そういうものを感じ取ったた時、たいていの場合は悪い印象は持ちません。

 

私自身がそうなので、お客様もおそらく同じ思いだろうと思っています。

 

そんなお客様の話を深く聞くうちに「何とか力になりたい!」と心が動きます。

 

そして、お客様の商品やサービスが「好き」になります。

 

例えば

・この商品(サービス)あまり良くないな

・この品物を買う人いるのかな

・誰が興味をもって見るんだろう

と思いながら、デザインを作成するのは苦痛です。

 

しかし、しっかりお客様を知ることで、デザインを作るモチベーションも上がり、アイデアも出やすくなります。

そうなると、良いデザインができる気がしてきませんか?

 

第二に、お互いに仕事ができる関係性が構築できるかを知ることができます。

 

打ち合わせというと、事務的な印象に感じられるかもしれませんが、お互いに面接しあっているとも言えます。

 

かつて、お客様に「デザインをお願いできる方なのかどうかをお話をしながら判断させていただきたい」と言われたことがあります。

 

つまり、打ち合わせをしながら面接をされるということです。

何事かと、ちょっと構えてしまいました。

 

しかし、同時にデザイナーにとってもお客様の、人となりを知るチャンスなのです。。

 

・仕事に対する熱意

・どうしてハットツールデザインに頼みたいか

・世間話から共通の話題がないか

これらはメールだけではなかなか伝わりにくい部分です。

 

さらに、

・真面目そうな人か

・几帳面な人か

・支払いは大丈夫か

といったことまで知ることができます。

 

 

信頼関係を築き、繰り返し発注していただくためにもまずは、直接会って打ち合わせをすることが大切だと思います。

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag