作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

初見が大事! 提案の話 ~その68~

デザインの第一印象はどれほどの影響力があるのでしょうか?

数名のデザイナーに私が制作を発注したとき、それぞれのデザイナーによって、デザインの提案の仕方が異なる事例を紹介します。

 

Aさんの場合、提案したデザインの方向性がお客さんと合致するかわからないので、初回はあえてあまり作り込まないデザインの提案を行い、要望を聞きながら修正を繰り返して進めていきます。

 

Bさんは、HAT  TOOL DESIGNが行っている構成案(デザインの設計図)をそのままデザインしたものを提案します。

 

Cさんは、その構成案を元にご自身でアレンジして、デザインを作り込んで提案します。

 

三人とも、三者三様の提案方法です。

私が一緒に仕事をしていて一番助かったのは、Cさんです。

 

逆に一番困ったのは、Aさんです。 

デザインの方向性が合っているかどうか不安な気持ちもわかります。しかし、あまり作り込んでいないデザイン案なので、BさんやCさんに比べ、完成度の低いものが、私の初見になってしまいます。

 

人の第一印象は3秒で決まるといわれていますが、Aさんの場合、理由はさておき、初見(パッと見)の第一印象が悪いのは否めません。

 

厳しいようですが、お客さんの立場として考えると、当然、このような印象を持ってしまいます。

 

第一印象がよいと、その人に対し信頼度や興味が増すといわれています。

 

提案の場合も同じこと。第一印象がよければ、信頼度が増し、自分の意見や話がスムーズに通ることが多くなります。

 

もちろん、HAT TOOL DESIGNでは、初回から完成に近い作り込んだデザインラフを提案するようにしています。

 

デザインの内容はもちろんですが、企画書や提案書を作成する際もしっかり表紙を作り、情報量が多ければ、目次も作ります。見栄えを整えるだけで、気づかいは見る人に伝わり、信頼度は増すと思います。

 

 

プロフェッショナルをアピールし、商品価値を引き立てる ~その67(2)~

どのような要素ならプロフェッショナルをアピールできますか?

プロフェッショナルをアピールできる資格や受賞歴などをいくつか紹介します。

■表彰歴

コンテストに出場して表彰された実績や地域の人気一番店に選ばれたことなどを敢えて載せるとイメージが高まります。

 

■資格取得や協会所属

実は、私は「ダイレクトメールアドバイザー」の資格を取得しています。

これをプロフィールページに掲載しているのですが、このことが決め手となり、ご依頼いただくこともあります。

 

■有名人や著名人がお客様

例えば「セレブ御用達の○○」や、「○○さんも選ぶ」「○○をする人に人気」などのキャッチコピーが使われていることがあります。

多くの人は権威に弱く、影響されやすいもの。お客様に権威のある職業の方がいたら、ちょっとお借りするのもよいでしょう。

 

■メディアに取り上げられた

雑誌やTV、新聞などに取り上げられても、すぐに集客に結びつくわけではありません。 

チラシやパンフレット、店頭のPOPなどで、取り上げられたことをアピールすることが大切です。メディアに取り上げられたことが権威付けにもなるのです。

 

■No.1を探す

「No.1」はとても分かりやすいフレーズです。

例えば、「○○○区の餃子売上No.1の中華料理店」などと書いてあると、一度食べてみようと思います。 

地域や商品ジャンルでNo.1として表現できるものをしぼり込みます。

なければ、自分でNo.1になるジャンルを作ってもよいでしょう。

 

■プロフェッショナルを自分で演出

例えば、マッサージ師なら、白衣を着用するのも手です。

 

私の知人の刃物研ぎの職人は、作務衣を着て頭に手ぬぐいを巻き、障子をバックに刃物を研いでいる写真を白黒でホームページのヘッダーに掲載したところ、依頼が増えたそうです。

 

かくいう私も「デザイン一筋20年」として、ホームページにうたってます。

写真もそれらしく撮ってもらいました。

 

依頼していただいたお客さまに聞いてみると、「写真が決め手だった」とおっしゃる方が案外多かったのです。

 

「どうせ買うなら安心して買いたい」という方は多いと思います。

 

「プロフェッショナル」をアピールすることによって安心感を与え、商品価値が高まり、さらには自社や商品のブランドが他と差別化されるのです。

 

 

プロフェッショナルをアピールし、商品価値を引き立てる ~その67(1)~

宣伝ツールに載せる「ウリ」は何がよいか迷っています。

私がいつも行っているマッサージの先生のチラシやホームページには、「女性施術専門」と書かれています。

 

印象としては、普通のマッサージ師よりは女性の体や美容、健康に詳しい先生というイメージが高まります。実際、その通りなのです。

つまり、「専門」という言葉は、「プロフェッショナル」を感じ、品質のイメージを高める効果があるのだと思います。

 

一般的に、人は人並み以上の努力や苦労をしてきたプロフェッショナルに憧れ、プロを認めようとする心理傾向があると言われています。

 

これをチラシやパンフレット、ホームページなど宣伝ツールに活かして、商品価値を引き立てるべきなのです。

<その67 つづく>

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag