作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

集客チラシとイメージチラシ ~その75(3)~

集客チラシとイメージチラシは考え方がまったく違うのですね。

チラシのデザインには、2種類の考え方があり、ひとつは集客を目的としたチラシで、もうひとつはイメージを伝えることを目的としたチラシです。 

イメージ重視のチラシデザインの傾向を紹介します。 

 

イメージ重視のチラシデザインで、すぐさま思いつくのが、映画や芝居のチラシです。 

映画や芝居のストーリーをイメージ化して、雰囲気が伝わるような印象にしなければなりません。 

 

チラシにはある程度の個性や芸術性が求められます。 作成する際は脚本を読んだり、試写会を観てイメージをふくらませ、絵作りをします。 

 

小学生の時に、本を読んで印象的な場面を絵に描く授業を受けませんでしたか。まさに、それと同じようなものです。 

 

その作品の個性を出すためのデザインが必要になってくるのです。 

 

 私自身、かつて、芝居や映画のチラシやポスターを集中的に作成する時期があり、その後、集客を目的としたチラシを作るようになったのですが、考え方は全然違いました。 

 

イメージ重視のチラシと同じ感覚で作っていたのでは、全く集客できません。 

「集客」についての「知識」や「テクニック」が必要になり、猛勉強しました。 

 

 残念ながら、グラフィックデザイナーのなかには、集客の知識を持ったデザイナーはまだまだ少ないと思います。 

 

そのような現状から、ダイレクトマーケティングのコンサルタントが「デザイナーにチラシ作成を依頼すると集客できない!損する!」「手書きで十分!チラシにデザインはいらない!」 などと言われてしまうのです。 

 

正直、デザイナーとしては、とても悔しい思いです。 

 

集客をしっかり心得て、デザインされているチラシの方が、手書きチラシよりも綺麗で印象もよく、安心感や信頼感につながると私は思っています。 

 

「集客の知識」は身につけると強い武器になりますので、ぜひデザインと一緒に勉強してください。

 

集客チラシとイメージチラシ ~その75(2)~

デザイン面の違いを教えてください。

チラシのデザインには、2種類の考え方があり、ひとつは集客を目的としたチラシで、もうひとつはイメージを伝えることを目的としたチラシです。 

作成する際の考え方の違いをそれぞれ紹介しましょう。

まずは、集客を目的としたチラシデザインについてです。

 

集客を目的とするチラシの役割は、見る人に興味を抱かせ、安心と信頼を与えることで、ひいては申し込みにつなげたり、来店してもらうことです。 

 

よってデザインの注意点は、 

・キャッチコピーに目が留まる 

・文章が読みやすい 

・パッと見て何のチラシであるかすぐわかる 

 

作成する上で気をつけるべきことは、優先順位で挙げると、 

1.目に留まること 

2.内容を読んでもらい安心してもらうこと 

3.デザイン性 

です。 

 

つまり、デザイン面からいうと、「デザインに個性を出す」というのは、二の次、三の次なのです。 

<その75 つづく>

 

集客チラシとイメージチラシ ~その75(1)~

同じチラシでも、目的が違えば、デザインも変わりますか?

以前、私が作成した「シャンプー通販申し込みチラシ」と「宅配水サービス紹介のチラシ」のデザインを解説したYOUTUBE動画にコメントがつきました。 

*************

日本のチラシ・ポスターのデザインは、全体的にテンプレ化しすぎている。雑誌のページデザインもそうだが、皆似たような教育をうけたせいか似たり寄ったり。

色の付け方など特に。

個性を出すことを許されている海外製のデザインの方がおもしろい。

 *************

とのこと。

 

「シャンプー通販申し込み」「宅配水サービス紹介」を目的としたチラシのデザインについてのコメントとしては、少々見当違いだと思いました。 

 

つまり、チラシのデザインは2種類の考え方があると思っています。 

 

1つ目は、集客を目的としたチラシ。 

2つ目は、イメージを伝えることを目的としたチラシ。 

 

同じチラシでも作成する際の考え方は、大きく違ってきます。 

 

この違いを理解していなければ、集客できるチラシを作成することはできないと私は思っています。 

 

ちなみに、ダイレクトマーケティング業界の方によると、デザイナーがチラシを作成すると、デザインは綺麗でかっこいいが、集客できないとまで言われています。 

(ダイレクトマーケティングとは、商品やサービスに対して興味を持っている見込み客だけにターゲットを絞って、直接、アプローチする手法で、ダイレクトメール、ポスティングチラシ、通販カタログなどが該当します。)

<その75 つづく> 

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag