作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

チラシの原稿を作るコツ まずは文字量を気にせずに ~その49~

書き過ぎて文字数が多くなってしまうことが心配です。

 

最近、チラシの作成のご相談に来られる方のなかに、「字が多いと読んでもらえないので、文字を少なめにして、写真やイラストをたくさん入れたい」と要望を出される方が多くいらっしゃいます。 

それはそうなのですが。

このような方の場合、私が心配するのは、お客さんからいただく原稿の内容がスカスカになっていることなのです。つまり、内容が薄くなっているのです。
 

原稿の文字量が多い場合は、内容が濃いことが多く、こちらで余分な箇所を削除したり、言い回しを変えるなどして、文字量を減らすことができます。 

反対に文字量が少ない場合、内容が薄いので、こちらで文字量を増やそうにも、お客さん本人にしか分かりえないことが多く、非常に困ってしまいます。 

原稿を書く前から文字量を気にしすぎるあまり、肝心な説明がないことが多く、説得力に欠け、内容がおろそかになっていることがよくあります。 

このように「字が少ない=内容が薄い」のでは、本末転倒です。 

内容がおろそかなチラシを作成しないためにも、

1.文字量を気にせず原稿を書く

2.チラシのサイズに合わせて、載せる原稿、載せない原稿をセレクトし、余分な部分を省き、おおまかに原稿を編集する

3.デザインをしながら文章を再度編集し、細かく文字量を調整する

まずは、量を気にせず、文章をいっぱい書くことです。 その後、編集をすればいいのです。 

自分一人で原稿を作っていると、独りよがりの内容になりがちです。 

以前、ご紹介したこともありましたが、「知の呪縛」に陥ってしまうのです。 「知の呪縛」とは、自分以外の人も、自分と同等の専門知識を持っていると思い込んで、話しを進めてしまうことです。 

そうならないためにも、第三者が客観的に読んで、理解できるかどうか判断してもらうことが重要になってきます。

文字の圧迫感を回避する方法 ~その48(2)~

見出しの入れ方を教えてください。

文章の間に見出しを入れることで、「文字が多い」という圧迫感を回避させるという話の続きです。

 

下は、学習塾のチラシです。

81-3

 

 

 

 

 

 

表や図解など情報量がとても多いのですが、小見出しを丸で囲んだり、下に色を引いたり、小見出しに番号をワンポイントデザインとして入れるなど、圧迫感を感じさせないように工夫しています。 

そして、見出しを入れる場合、なるべく具体的に内容を書くことです。 

 

例えば、 

1.「小学生の英語授業について」 

2.「ネイティブ英語+英文法を習得する小学生英語」 

とあれば、 

漠然とした1の見出しよりも、2の見出しの方が、書いてある中身が想像しやすいのです。 

 

読んでもらう工夫は、相手への気遣いとも似てるかもしれません。 

 

文字の圧迫感を回避する方法 ~その48(1)~

文字が詰まっているように見せないデザインを知りたいのです。

私がチラシを作成する際、特に心掛けていることがあります。 それは、「読んでもらうこと」です。 

 

このことはよくメルマガやブログで取り上げていますが、文字がズラっと並んでいるとほとんど読んでもらえません。 

 

これは単純なことのようで、なかなか難しいことです。 

 

では、どれくらい文字が並ぶと圧迫感があるように思うのでしょうか。 

私の場合、3~4行を目安にしています。 

例えば、4行以上になる場合は、4行程度にまとまるように文章を編集しますが、それでもまとまらない場合は、 

キリのよいところで1行の間を空けます。 

読んでる途中の「息継ぎ」といった感じです。 

 

それ以上の行数になる場合は、文章の横に写真やイラストを入れ込み、少しでも圧迫感を出さないように心掛けています。 

 

さらに、圧迫感を回避する方法としては、「見出しを入れる」ことです。 

見出しは、本文に何が書いてあるのか要約する役目がありますが、その他の役割としてはデザインにメリハリをつけてくれます。メリハリがつくことで文字の圧迫感はぐっと減り、読みやすくなります。 

例えば、見出しの前にデザイン的に番号を振ったり、見出しの下に色を引くことで紙面のデザインに賑やかさや活気が出てきます。 

 <その48 つづく>

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag