作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

お客さんの声をキャッチコピーに 〜その90(2)〜

宣伝文句には客観的な言葉を使いたいのです。

 

第三者の声が宣伝文句に使う話の続きです。

企業や店舗の場合、「第三者」といえば、「お客さん」。

すなわち、「お客さんの声」をキャッチコピーに取り入れるという手法を紹介します。

 

たとえば、HAT TOOL DESIGNのホームページでは、「そう!こういうのを作りたかった!」というキャッチコピーをヘッダーに使っています。

122-2

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、実はお客さんの言葉なんです。

 

自分自身では、なかなかこういった言葉は出てきません。

これを自分で言ってしまうと、「はい、私、こういうの作れます!」と嫌な感じですね。

 

さらに言えば、お客さんの声がなぜ良いかというと、リアルな体験に基づいているからです。

 

心に一番印象に残ったことが発せられた言葉なので、どんな部分が印象に残ったのか、分かってもらえるのです。

 

もし、キャッチコピーに困った時は、「お客さんの声」を今一度、見直してみましょう。

 

お客さんの声をキャッチコピーに 〜その90(1)〜

自社製品の宣伝文句が思い浮かびません。

実は、私の母はテレビに出演したことがあります。発明協会に入っており、キッチン用の椅子を発明したことが取り上げられたのです。

 

製品化はまだされておらず、現在、特許出願中で、しかも開発会社募集中なのですが、面白い発明だと発明協会の推薦をうけ、ニュース番組のワンコーナー(3分程度)に出演しました。 

 

キッチンのシンクに引っ掛け、腰掛ける、その名も「引っ掛け椅子」です。

171015-1

 

 

 

 

 

 

台所で調理や洗い物をする際に、足腰の疲れを軽減する椅子で、足腰や膝が悪いシニアの方の台所作業や、工場のレーン作業などに向いています。

 

しかし、テレビでは、椅子に「またいでガニ股で座る」というポーズの面白さばかりに重点が置かれ、母や私としては、なんとも腑に落ちませんでした。

 

ただ、たかが3分のコーナーで、この椅子を視聴者の印象に残るように紹介するとなると、普通の紹介では、サラリと流されて、記憶に止めてもらうのは難しいのかなとも思いました。

 

「ガニ股=面白いポーズ」で座るという切り口があるからこそ、印象に残るのではないかと考えるようになりました。

 

この椅子の資料の宣伝文句に、「ガニ股」をキーワードにすることなど、気づきもしませんでした。

 

全く違う第三者の視点として、この「切り口」はとても斬新だったので、今後、椅子の宣伝に取り入れる方向で考えています。

 

商品名も、「ガニ股引っ掛け椅子」になるかもしれません。

<その90 つづく>

 

 

デザイン作成意図を伝えて、無駄な修正回避 〜その89〜

 デザインの修正回数を減らすにはどうすればよいのでしょうか。

 

今回は、特にデザイナーさん向けに特化した内容でお届けします。

 

デザイナーが作成したデザインの意図や思いは黙っていては絶対に伝わりません。

デザインのコンセプトをしっかり伝えることで、デザイナーとデザインを見るお客さんが考えを共有し、その後、修正を繰り返すことによって、デザインが研ぎ澄まされていきます。

 

作成意図を伝える理由は他にもあります。

デザイン作成におけるイニシアチブ(主導権)を取ることができるからです。 

これはデザイナーとして、とても大事なことです。

 

例えば、チラシデザインの場合、お客さんのご要望を踏まえながら、デザイナーが下記のようなことを考えてデザインをしていたとします。

 

・どんなターゲットに向けたものか?

・見た人にどのような行動をしてほしいか?

・競合店とどのように違うか?

・売りはなにか?

・文字は読みやすいか?

・パッと目にとまるようなキャッチコピーか?

・季節感はあるか?

・目線を考えたレイアウトか?

・問い合わせ部分は目立っているか?

・初めての方でも安心できるか?

・折り目に文字がかかっても読めるか?

・写真は暗くないか?

 

など、デザイナーは「デザインの専門家」として、上記のようなさまざまな分析をしてデザインを練り上げるので、その分析の詳細も伝えるべきだと思います。

 

120

 

 

 

 

 

 

分析の詳細を伝えることで、実に奥深く考えていることがお客さんに伝わります。

 

専門家という認識を持ってもらった方が、お客さんにとっても心強いはずです。

 

「デザイナー=専門家である」という認識も持ってもらえば、デザイナーがイニシアチブを取れます。

 

そうなるとことで、思いつきのような無駄な修正依頼はぐんと減ります。

 

デザイナーという職業は、「辛い」「しんどい」と言われることもあります。

イニシアチブを取れなければ、さらに辛く、しんどくなります。

 

まずは、デザインのプレゼン時に作成意図をしっかり伝えてください。

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag