作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

ロゴデザインを依頼。あなたはどっちのタイプ? 〜その85(2)〜

ロゴ作成で何度も修正しなければならないのはなぜでしょう。

 

お客様にロゴデザインをご依頼いただく際、どのようなデザインに仕上げるのかはお客様がどのタイプの方なのかを見分ける必要があります。

それは、

・イメージがあるタイプ

・イメージがないタイプ

どちらか2タイプです。

デザイナーにとって、お客様がどちらのタイプかを知っておくこと、また、依頼者にとっても自身がどちらのタイプかを伝えることが、重要です。

それは、

・打ち合わせの仕方

・作り方

が違ってくるからです。

依頼者がどちらのタイプかを知っておかなければ、何度、デザイナーが修正を繰り返しても、依頼者にとっての「これだ!」というデザインに仕上がりません。

<その85 つづく>

ロゴデザインを依頼。あなたはどっちのタイプ? 〜その85(1)〜

ロゴには強いこだわりがあるのですが。

先日、名刺をご依頼いただいた方とこんなやり取りがありました。

初めの打ち合わせでは、名刺の掲載内容やデザインについて話し合っていました。

すると、「ロゴもついでに作って欲しい」とオーダーをいただき、ロゴのイメージの話に展開しました。

しかし、名刺の時とは違い、とても指示が細かいのです。

その指示とは、

・色は指定する2色を使用

・指定の書体を使用

・形はシンプルでトラディショナルな形を希望

・名刺にロゴを入れるとサイズが小ぶりになるので、小さくてもある程度デザインが認識できるようなもの

従来、HAT TOOL DESIGNにロゴデザインを依頼される9割の方が、イメージが固まっていない方なので、これほど細かな指示はありませんでした。

これほどまでに制限があると、デザインの発想は限られてしまうので、正直、戸惑いました。

しかし、打ち合わせを進めるうちに、あることに気づきました。

「頭の中にロゴデザインのイメージがすでに具体的にあるのでは?」

だからこそ、それを伝えるために、細かく指示を出しているのだろうと思いました。

尋ねてみるとやはり、ある程度はっきりしているとのことでした。

ロゴを作成するソフトのイラストレーターを持っておらず、ロゴ作成の経験もないため形にできないということもわかりました。

それで納得。 指示が細かったんですよね。

<その85 つづく>

「強み」を考える 〜その84(2)〜

人から言われてはじめて、「強み」だと気付きました。

 

デザインを作成する上で、先方から必要な答えが出てこない時はどうすれば良いでしょうか。

私は、質問を変えて、仕事の流れを細かく聞いていきます。

 

すると、たくさんのこだわりや真心、考え練られたプロの技などが次々に飛び出します。

 

当人にとっては、当たり前のようにおこなわれている日常の業務でも、私のような素人からすると、その内容は素晴らしく感動すら覚えます。

 

そして、私が「そこをもっと詳しくチラシでアピールするべきだと思います」と言うと、お客様がはたと気づかれるんです。

 

ご自身の業務で「強み」が分からないというとき、仕事の流れを細かく書き出してみるとよいでしょう。

 

この「強み」が自社や自店のブランドにもなるはずです。

 

そう考えると、チラシ作りは単なる「宣伝」ではなく、自分の強みやウリに気づくことができる販促物だと私は思っています。

 

「単なるチラシ作り」で終わってしまわないように、作り手の意識が大事なのです。

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag