作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

デザインの中にある繰り返しの法則 〜その102(2)〜

 文字の多いデザインの場合、何を繰り返しに使えばよいですか?

 

前回は、デザインの繰り返しについて、ホームページとパンフレットを例に紹介しました。

ページをめくっても、ヘッダーの位置や色、背景の色、見出し、小見出しなど、それぞれのデザイン要素が、繰り返されることで、「見やすさ」が生じます。

「見やすさ」=「伝わりやすさ」なのです。

 

今回は、チラシを例に挙げてみましょう。

136-4

 

 

 

 

 

 

学習塾が塾生の保護者向けにホームステイの案内をしているチラシです。 これは、非常に文字が多く、情報が詰まっています。 

 

紙面全体を見ると、主に、オレンジ、赤、黄色の同系色が使われ、アクセントに青が入っています。

 

その中で、オレンジ色の角丸の帯と赤や青の丸がいくつか並んでいるのが、目に留まりませんか? 

 

これがこのチラシの繰り返しなのです。 

 

このチラシは、非常に情報量が多いので、パッと見て「見やすい」と感じてもらわなければ、まず読まれない可能性が高い。 

 

だからこそ、これらの繰り返しを使うことで、見出しが「見出しである」と認識されたり、 1つの項目がまとまって見えてくるので、見る人に伝わりやすくなります。 

 

その他の要素として、写真や図を使うなど工夫点もありますが、その土台となっているのは、「デザイン要素の繰り返し」です。 

 

この繰り返しが、3回以上に使われると、全体に統一感が出てきます。 

 

どのようなデザイン要素をどのように繰り返すかといった、紙面の決まり、つまり、法則はデザイナーが作ります。 

 

ここがデザインを作る面白みだと私は思います。 

 

どんなデザインにも、それぞれ繰り返しの法則が利用されているので、普段見かけるデザインの中で、気になったものをよく見てください。 

 

そこから真似してみるのもデザインを上達するための一歩です。

 

デザインの中にある繰り返しの法則 〜その102(1)〜

同じデザインが続くと飽きないのですか? 

 

デザインの中の「繰り返し」とは、どういうことか分かりますか? 

 

デザイン全体に統一感とオリジナリティを出すために、同じデザインの要素を繰り返して使う手法です。

 

 例えば、HAT TOOL DESIGNのホームページを例に説明します。

136-1

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部にあるロゴやリンクナビゲーション、ヘッダー、背景などは、ページが変わっても、同じデザインが繰り返し出てきます。 

 

ユーザーにとっては、どのページでも同じものが繰り返されているので、その部分を単純化して見ることができます。 

 

つまり、安心してページを見ることができるのです。 

 

これはパンフレットなどの冊子にも言えることです。

136-2

 

 

 

 

 

 

 

136-3

 

 

 

 

 

 

このパンフレットは、ページのヘッダー部分に一本の糸が繋がり、それぞれ違う形をかたどる遊びを入れています。

ページをめくっても 、ヘッダーの位置や色、背景の色、見出し、小見出しなど、それぞれのデザイン要素が、3回、4回と繰り返されているのでページの内容は違えど、同じように見える効果を狙っています。

 

これが「見やすさ」につながるのだと思います。 

見やすければ、伝わりやすいのです。 

 

<その102 つづく>

 

 

営業用の名刺はわかりやすく 〜その101(2)〜

名刺を営業ツールとして活かすにはどうすればよいですか?

私は勉強会やセミナーに参加する機会が多く、不特定多数の方と名刺を交換します。

 

ただ名刺を交換するだけではなく、その機会をうまく活かせるような名刺を作ろうと考えました。

 

名刺交換の戦略を紹介します。

 

(1)名刺交換をする

(2)どんなテイストのデザインを作成しているのか知ってもらう

(3)興味を持ってもらい、ホームページを見てもらう

(4)問い合わせに繋げる

 

この戦略を元に作成した名刺のデザインが下記です。

 135-2

 

 

 

 

 

135-3

 

 

 

 

 

 

二つ折り型の名刺で、うら面は私の顔写真と業務内容、中面はデザインの実績とキャッチフレーズを入れました。

 

極力、文字は少なめで「パッと見てわかりやすく」を心がけて作成しました。

 

うちは「女性目線のデザイン」を強みにしていますが、具体的にはどんなデザインなのかわかりづらいと思います。

 

そこで、デザインの実績を名刺に載せることにしました。

 

この名刺を渡しはじめてからは、「こんなデザインを作っているんですね」と必ず言われ、会話の糸口になります。

 

また、私も名刺を見せながらデザインの話が広がるので、使い勝手がよいです。

 

いただく名刺でよく見かけるのが、プロフィールや商品の宣伝を小さな文字で細かく書かれたものです。

 

あのタイプの名刺も効果はあるかと思うのですが、もう少しシンプルにまとめてもよいのではないかと思います。

 

営業用の名刺を作る上で大事なことは、「話のきっかけを作る」ことです。

 

そのためには「わかりやすさ」が重要になります。

 

名刺の作成はぜひHAT TOOL DESIGNにご相談くださいませ。

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag