作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

通行人に来店を促す店頭看板 〜その115(2)〜

何を店頭看板に載せればよいでしょうか?

店頭看板の役割を通行人目線になって分析し、どのような看板デザインがふさわしいか、前回にひき続き、ご紹介していきます。

 

先日、HAT TOOL DESIGNで手がけたとんかつ屋さんの看板を例にとってみましょう。

 

この店舗は階段を上がってすぐの場所にあります。

 

149-1

 

 

 

 

 

1階には最近では珍しいサンプルケースを置いています。

通行人にも目が留まりやすく、外国人観光客は写真を撮ったりするそうです。

目につきやすいこのサンプルケースの中に看板パネルを入れています。

149-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板の内容は、おいしそうなとんかつの写真、とんかつ定食の脇役の解説、店内の雰囲気がわかるような写真、店主と奥さんの写真を入れました。

 

149-3

 

 

 

 

 

 

入店前から、お店の雰囲気がわかって、薄暗い階段も安心して上りやすくないでしょうか。

<その115 つづく>

 

 

通行人に来店を促す店頭看板デザイン 〜その115(1)〜

店頭看板の意味って何でしょうか?

ここ最近、店頭看板のご依頼を受けることが増えています。しかも、2階に店舗を構えている店主からの依頼が多いのです。

ほとんどの通行人は上を向いて歩かないので2階にお店があることに気づきにくいため、店頭看板を出してお店の存在を知ってもらうのが目的です。

 

通行人が2階に店舗がある飲食店の看板を見て来店し、注文するまでの行動を分析してみました。

 

1.店頭看板の存在に気づく

2.興味を持つ

3.階段を上がる

4.店の前に立つ

5.扉を開ける

6.席に座る

7.注文する

 

商品を注文するまでに多くのステップが含まれていると思いませんか?

 

まずは、看板の存在に気づいてもらうこと。気づかれないことには、その後がありません。

 

よって、看板を置く位置や向き、高さ、大きさにも気を配る必要があります。

 

そして、気づいてもらった後は興味を持ってもらうこと。あまり文字が多すぎたり、ごちゃごちゃしたデザインだと読みたくなくなります。

 

また、看板を読んだ時点でお店がどんな雰囲気であるかを知ってもらうことがポイントです。

 

入ったものの、雰囲気が悪かったり、予想していたメニューと違ったり、高かったらどうしようというお客様の不安を取り除く、お客様目線の情報が必要です。

 

店内がわからないからこそ、看板できちんと説明を載せておくことで安心して階段を上がってきてもらえるのです。

 

<その115 つづく>

そっくりさん名刺を頼まれた 〜その114〜

おしゃれなデザインがすべてではないこともあるのですね。

先日、懇意にしているお客様から、 「父親の自治会の名刺を作って欲しい」と急遽頼まれました。 

 

70歳を過ぎ、自治会で頑張っていらっしゃる、実に元気なお父様です。 

 

名刺のデザインは今使っている名刺そのままでよいとのこと。 

 

その名刺を送っていただくと、こんな感じです。

148-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郵便番号が横組みで窮屈であったり、自治会事務所の箇所が上に飛び出していたり、全体的に文字の組み方が気になります。 

 

そのままのデザインでよいとはいえ、デザイナーとしてはこのまま作成するのも気が引けます。

 

下記のように、文字組みを上揃えに少し組み直し、書体も一般的な明朝体(ヒラギノ明朝)で強弱をつけ、電話番号のハイフンも短いものに修正して、校正を出しました。

148-2

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、お父様からは「名前の下の空間が広くて、全体的に前の方がよかった」というお返事。

 

よかれと思って手直ししたのですが、 余計なことだったようです。

 

プロのデザイナーとして気になる箇所の文字組みを修正し、整えたつもりでしたが、「昔から馴染みのある安心感」には敵わないこともあるのだなと思いました。 

 

ということで、再度作り直し。そっくりな名刺をそのまま作って、OKをいただきました。 

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag