作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

デザインの打ち合わせはカウンセリング 〜その135(2)〜

お客様から何を感じ取ればよいでしょうか?

フェミニンなテイストのロゴを要望されている花屋さんでしたが、持ち物はすべてはっきりした色合いのものばかり。

そんな依頼主への対応の仕方を前回に引き続き紹介します。

 

フェミニンな薄い色味はどうも似合わないと私は感じました。

いくらお客様ご自身が要望されているとはいえ、そのような女性らしい優しいテイストのロゴを提案したところで、おそらく選ばないのではないかと思ったのです。

 

そこで、その旨を正直にお話しすると、 「本当は元気でビビットな色が好き」と教えてくれました。

 

私の直感は当たりました。

 

お客様曰く、店を開業するにあたり、お父様に少し出資していただいたとのこと。 

 

そのお父様から、「花屋なので女性らしい、おしとやかなテイストがいいのではないか」とアドバイスがあったそうです。 

 

確かに出資していただいた方のアドバイスは無視できませんので、そのお気持ちはわかります。 

 

しかし、前回紹介した洋服の話と同じように、自分にとって似合わない服を着ていると自信が持てないだろうし、テンションだって上がりにくいのではないかと思うのです。 

 

また、お店に来るお客さんにしても、ロゴと店主の雰囲気が違うのは、きっと違和感を感じるはずです。

 

この流れで、 女性らしいおしとやかな 「フェミニン」テイストと、 私が似合うと感じたビタミンカラーを使った元気いっぱいのテイストの2種類の方向性でご提案しました。 

 

その結果、選んだのは、やはり元気いっぱいのテイストでした。 

 

選んだ理由は、 「一番しっくりきた」とのこと。 

やはりそうなのです。

 

ロゴというのは、特に新しく起業するお客様からご依頼いただく場合、 ずいぶんと背伸びしたテイストをご要望される方がいらっしゃいます。 

 

HAT TOOL DESIGNでは、ご要望されたテイストが合わないと判断した場合は 

・お客様が要望されたもの 

・HAT TOOL DESIGNが似合うと思っているもの 

の2種類を提案します。 

 

その場合、ほぼ全員が 「HAT TOOL DESIGNが似合う」と思った方を選びます。 

 

打ち合わせの中で、 お客様本人も気づいていない、奥にある真意を感じ取り、デザインに落とし込むのが、デザイナーの仕事です。 

 

これは、一見難しいようですが、必ずお客様の話の中やご自身の雰囲気に出ているので、実はそれを汲み取るだけなのです。

 

こちらが提案したデザインがお客様の真意と合致すると、良い意味でお客様の予想を裏切り、 とても感動していただけます。 

 

そう考えると、打ち合わせからお客様の真意を読み取るデザイナーという職業は、カウンセラーと通ずるものが あると思いませんか? 

 

デザインの打ち合わせはカウンセリング 〜その135(1)〜

お客様の依頼に違和感を感じた時はどうすればよいでしょうか?

 

誰にとっても、自分にとって似合う服、 似合わない服があると思います。

 

似合う服を着ていると、 自然と自信が湧き、テンションも高くなるなど、精神的に影響を与えることもあるようです。 

 

確かに、私自身もコーディネートを間違えた洋服を着てしまった日は、 その日一日、なんとなく自信がありません。 

 

逆に、結婚式などで正装をした時などは、 姿勢を正し、振る舞いまで変わり、気品溢れる淑女になったような気がします。

 

これと同じことがデザインにも言えると思います。 

 

以前、こんなことがありました。 

 

花屋を新しく開業するのを機に、ロゴを作りたいという女性のお客様とHAT TOOL DESIGN事務所で打ち合わせをしました。 

 

そのお客様は比較的小柄なのですが、 ハイエースという大きなワンボックスカーを運転し、 事務所近くの道幅が狭い小さな駐車場にサッと車庫入れをしました。

 

その姿を見て、とてもたくましいなと思ったのが第一印象でした。 

 

さて、このお花屋のウリは 風船の中にアレンジしたお花を入れるバルーンフラワーです。 

 

写真を見せていただくと、とてもポップでキュートなのです。 黄色やオレンジ、ピンクといった見るからに元気がでそうな配色。 

 

しかし、お客様が要望されるロゴイメージを聞いていると、どうもしっくりこないのです。 

 

お客様のご要望されているテイストは、いわゆる「フェミニン」。 

 

フェミニンとは女性らしい優しいテイストで、下記の季節のカラーでいうと「春」の色味です。

季節の色

しかし、お客様のメモやペンなど持ち物を見ていると、はっきりした色味が多く、季節のカラーでいうならば、「夏」。 

 

薄い色味は、似合わないのではないかと感じました。

<その135 つづく>

 

新聞折込チラシの動向 〜その134(2)〜

新聞折込チラシのターゲットに合った業種はなんでしょうか?

新聞購読者層と折込チラシのターゲットが合致するかどうかが新聞折込の大きな鍵となる話の続きです。

前回は学習塾の例を挙げましたが、今回は東京都港区南青山にある呉服店の例を紹介します。

 

この呉服店の場合、新聞折込が有効とのことを聞きました。

 

南青山に住み、新聞を購読している家庭は数百世帯とのことで、1回に折り込むチラシの枚数も限られており、チラシ印刷代と折込手数料を合わせても、費用対効果が高いとのこと。

 

呉服の購買層というと、年齢層も高く、金銭的にも比較的余裕がある人だと想像できます。

 

しかも、南青山は東京でも一等地。そこに住み、新聞を購読している層と呉服が合致するのです。

 

このような事例を知らなければ、全国的にも新聞を読んでいる人が少なくなってきているので効果がないと一括りに判断してしまいがちです。

 

これは、とてももったいないことだと思いませんか?

 

文字を読む習慣がある新聞購読者にとっては、新聞は毎日ポストまで配達されて、情報がきちんと手元に届くとても有効な媒体です。

 

このような細かな情報は地域の新聞配達所に聞いてみることが一番です。

 

ものによれば、インターネット広告よりも確実性が高いとといえます。

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag