作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

文字が少ない!内容がスカスカな時は 〜その130〜

隙間ばかりで内容がないのをどうすれば誤魔化せますか?

ときどき、お客様から原稿をもらうと「えっ!これだけ!?これでは、デザインがスカスカ!どうしよう!困った!」という時がありませんか?

 

空間を埋めるために、飾り枠や罫線を使ったり、写真やイラストを思いっきり大きくしてもスカスカ感は否めないといったことはあると思います。

 

そんな場合の対処法として、私は「英語」を使います。

 

ちなみに、英語は日本語よりもおしゃれに見えると思っている方は多いはずです。

例えば、インテリア系の写真で英字新聞や洋書が小物として置かれていると、おしゃれだなと感じたことはありませんか?

 

では、具体的に私がよくやっている手法を紹介します。

 

大きな英語見出しの下に小さく日本語を入れて装飾とアクセントを兼ねたパターンです。

 

英語を装飾する

その逆のパターンで、日本語タイトルに小さく英語を入れてアクセントをつけました。

 

英語を装飾する

 

英語を半透明に透かし模様のように見えるくらいの濃度にして、あえて文字が重なるように上に日本語を載せてみました。

 

英語を装飾する

 

英語の長文を下地として、薄く敷いて背景のパターンにしました。

英語を装飾する

英語はフォントによってデザインの雰囲気も変わってくるので強力な装飾ツールになります。

 

街を歩けば、レストランのメニューなど、さまざまな場所で装飾的な役割として英語が使われているのが目に入ると思います。

 

装飾的な役割だからといって、スペル間違いや文法間違い、意味の通じない英文はNGです。

 

仮にネイティブの人に読まれることも想定して、注意すべきでしょう。

 

ちなみに、この装飾の手法は英語だけでなくて日本語の場合も使えます。

例えば、原稿の文章を読みこんで、その文章を漢字一文字で表したらどの文字がふさわしいか自分なりに考えて、楷書体で一文字大きく載せて飾ると重厚な雰囲気になり、グッとデザインが引き立ちます。

 

 

和文フォントと英文フォントを組み合わせる 〜その129(2)〜

フォントの組み合わせで気をつけることは何ですか?

文字列だけでいかにデザイン性を出しておしゃれに見せるか、名刺のデザインはフォントですべてが決まると言っていいでしょう。

前回、「小塚明朝」と英数文字は「caslon Pro」を組み合わせたパターンを紹介しました。

今回はゴシックバージョンを紹介します。

 

以下の2点を見比べると、和文フォントと英文フォントを組み合わせたほうが数字部分がすっきり見えると思います。

 

 

名刺のフォント

 

名刺のフォント

 

 

他にも相性のよい組み合わせはあると思いますが、和文フォントと英文フォントを組み合わせるコツとしては

 

・雰囲気が似ているのを選ぶ

・太さが似ているのを選ぶ

・サイズを合わせる

 

特に「サイズを合わせる」は、同じ12ptでも英文フォントの方が若干小さいので少し大きくして1行のバランスを整えます。

 

ちなみに、上記の例は、「caslon」を115%、「Avenir」を110%と大きくしています。

 

手間は掛かりますが、この小さな積み重ねが、名刺のデザインのクオリティーを押し上げているのだと思います。

 

また、このテクニックは名刺だけでなく、チラシなどにも応用がききます。

 

組み合わせは、まだまだ他にもたくさんあると思うので、ぜひ自分だけの鉄板の組み合わせを考えてみてください。

無料メルマガ「差がつくデザインの技」登録ページ

和文フォントと英文フォントを組み合わせる 〜その129(1)〜

名刺のデザインのコツを教えてください。

私は名刺を作成する時に、日本語の文章は和文フォントを、英数文字は英文フォントを使用します。

 

名刺の場合、デザインの基本は、文字の並びとスペースです。

 

ロゴや写真を入れるにしても、主役は文字の並びです。

 

何の変哲のない、住所や電話番号などのただの文字列を少しでもおしゃれに見せるために、英数文字は英文フォントを使用しているのです。

 

例えば、「小塚明朝」だけで住所と電話、メールアドレスを書いたパターンと「小塚明朝」と英数文字は「caslon Pro」を組み合わせたものを比べてみてください。

名刺のフォント

名刺のフォント

小塚明朝だけのパターンと英数文字をcaslonに変えたパターンとを見比べてみると、小塚明朝だけのパターンは、悪くはないのですが、のっぺりとして退屈な感じがします。

 

一方、英数文字をcaslonに変えたパターンは、英数文字でアクセントがついて、動きがあるように感じるのではないでしょうか。

<その129 つづく>

無料メルマガ「差がつくデザインの技」登録ページ

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag