デザインのうちあけ話し最新記事

一言でまとめてはもったいないですよ

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

連日、コロナウィルスの話を書いておりますが、

昨日、全国の小中高校が一斉休校になると発表されましたね。

 

私の従姉妹が学童の職員をやっておりまして、

連絡してみると…大変そうでした。

どうやら、新聞社からの取材の電話でそのことを知ったらしく。

「詳しく聞かせてください!」と言われて、

「こっちが詳しく聞きたいよ!」と思ったそうです。

先が見えない不安の中で、大変だろうな。

体調を崩さないように何か差し入れしようと思います。

 

 

さて、今日、朝からチラシのお問い合わせのあった方と

電話でお話していました。1時間近くも話してたかな…

 

ホームページを見ながらお話させていただいたのですが、

もっともっと詳しく説明を入れた方が良いとお話させていただきました。

 

どういうことかといえば

例えば「親切・丁寧なサービス」とよく聞きますよね。

 

これってサービスは親切・丁寧で当たり前なんですが、

でも、どこのどういう部分が親切なのか?また丁寧なのか?を

載せることなんですね。

 

打ち合わせの時に、お客さまがイメージしやすいように

サンプルやタブレットを見ながら話しているなど、

気をつけておられたり、気遣いされていたりと

創意工夫がいっぱいつまっていると思うんです。

 

そういうことを書くことでどんなサービスなのかが

想像がつくんです。想像がつくと安心する。

そして必ず信頼していただくようになります。

 

 

どういうところが親切・丁寧なのか?

説明を書くためにそこを掘り起こすのが、質問力。

 

なまじっかその業界のことを知っていると、

分かってるつもりになって質問が出ない。

 

だから自分自身では、難しいんですよね。

更新日:2020年02月28日

コロナウィルスの影響でキャンセル続き…時間が空いた…だからこそ今仕込む

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

facebookをみていたら、

一緒にビジネスの勉強をしている老舗のお弁当屋さんの旦那さんが

「コロのウィルスの影響が少なからずあって、

暇なのでこの時期用の販促のためのキャッチフレーズを考えている」

との投稿がありました。

 

なるほど、空いた時間に考えるのか…

たしかに、キャッチフレーズなんて落ち着いて考えた方が

いいに決まっています。

キャンセルされた…と落ち込まずにその時間を次のために使う。

さすがな視点の転換ですね。

 

そう言えば、昨日も書きましたが、

イベントや講演、学会がキャンセル&延期になってしまって

時間にゆとりがあるとお客様から連絡がありました。

 

時間にゆとりができてしまった…

というかた意外に多いのかもれませんね。

 

だからこそ今、老舗のお弁当屋さんのように

いつも手薄になっている販促関係を

テコ入れする時期にはちょうどいいのだと思いました。

 

鮮やかで派手、元気が出るイベントのデザインから、

塾や学校などの教育機関向けた落ち着いたデザイン、

温かみ温もりを感じる介護のなど福祉のデザインまで

幅広いジャンル、ニーズに合わせたデザインの作成をおこなっておりますので

よければお問い合わせくださいませー。

更新日:2020年02月27日

こんなときこそ変革が起こるんのでは

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

お客様から、コロナウィルスで

「セミナーが中止になった」「学会が中止になった」と

いう話を次々にお聞きします。

 

政府から「この1〜2週間が正念場」ということが発表されてから

ライブやイベントの中止がいよいよ始まりましたね。

 

ハットツールではデザインを作成する前に

お客様と対面で打ち合わせをするのですが、

このコロナ騒動で「電話で大丈夫ですよー」と

おっしゃっていただけけて助かります。

 

そう最近では打ち合わせは電話でなくて、スカイプでなくて

ZOOMという会議電話システムがあって(しかも無料!)

これが結構スムーズに話ができるんです。↓

ZOOMでのデザイン打ち合わせの様子

ZOOMの接続はスカイプより安定していて、

パソコンの画面共有もできますし動画の録画もできます。

 

前に私のメルマガの読者の方4名

場所も、福岡、長野、東京が2名のグループ会話をしてみました。

すごく安定していて音声もクリア。

 

こうなってくると、あるだけで基本料金がかかる

固定電話がなくてもいいんじゃないかなと思ってしまいますが…

しかも1週間に1回、かかってくるかこないかくらいの頻度なので、

まだそいういうわけにもいきませんが。

 

このコロナウィルスをきっかけに

大きな会社では自宅でのリモートワークが積極的に導入されて

パソコンとネットがつながれば会社にいなくてもいいようになってきましたね。

 

震災のときもそうでしたが、

社会を揺るがすようなことがないと、

従来あるものを変えることはされないのだと思います。

 

ということで、今はコロナウィルスで鬱々としていますが、

治まった暁には、少し違った世の中になるのかなと思います。

頑張れ!人類!

更新日:2020年02月26日

「デザインの添削」するよー

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

私が2014年から配信しているメールマガジン「差がつくデザインの技」。

読者の方はデザイナーの方が多いのですが、

ここ2年ほど前から読者の方たちと交流をしています。

 

交流会で悩みをお聞きすることがあるのですが、

一番多いのは

「作っているデザインを客観的に見てアドバイスが欲しいというもの」。

 

ということで、

「デザイナーのためのデザイン添削サービス」を立ち上げました。

 

デザインを作っているときはずっと見ているので、

良いのか悪いのかが、分からなくなってしまっています。

自分では「最高のデザインができた!」と思っていても、

客観的に見ると「作り途中」に見えたり、

バランスが全然悪かったり、箸にも棒にも引っかからない

デザインだということが、ほんっとによくあります。

 

ずっとデザインを見ているので

いわゆる「目が腐っている」のです。

 

私は今、夫と二人でハットツールをやっていますが、

作ったデザインは絶対に夫に見てもらって客観的なアドバイスを

もらっていますし、夫がデザインをしているときは、

私が客観的に見てアドバイスをしています。

 

このデザインチェックが

ハットツールのデザインがクオリティーが高い理由です。

 

いつもハットツールの内部でやっているデザインチェックを

お悩みを抱えているメルマガの読者の方のような

デザイナーの方々にお届けできればなと思っています。

 

そして、デザインをチェックするだけでなく、

「集客」や「ブランド」などお客様目線といった

ビジネスの視点でも添削できればと思っています。

 

これは私のこだわりでして、

ビジネスのセミナーや勉強会などに参加すると

「デザイナーに頼んだら綺麗なチラシやホームページができてくるだけ」、

「デザイナーは集客はできない」と

ほんとうに言われています。

 

そんなことはない!と叫んでやりたいところですが、

今年で10年勉強していてこういうビジネスの勉強会に

参加しているデザイナーは私以外に会ったことありません。

 

なので「集客」に関して自信がないデザイナーが

多いのではないかと思います。

 

「訴求できるデザイン」ではなく、

ずばり「集客できるデザイン」を添削で目指します。

 

ビジネス視点「集客」や「ブランディング」を

知っているデザイナーの方が、綺麗なデザインを作れるので

全然良いに決まっています。

 

ということで、ハットツールの「デザイン添削サービス」はこちら。

更新日:2020年02月25日

えらいこっちゃ

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日は、母と夫の誕生日会を家族でおこないました。

母は今年で古希(70才)を迎えたため、

3月中旬ごろにイタリアへ旅行を計画していたのですが

いやはやコロナがやってくれますね…

 

昨日今日になって、イタリアのコロナウィルスの対応がでてきていますね…

急激に感染者が増えてるようで、ベネチアのカーニバルも中止だそうで。

もう…

 

そんな中で、現地に住む方からリアルタイムで状況を知らせてくれる

サイトを見つけました。

LOCOTABI というサイト。

日本から質問したら、現地に住む方から状況が書き込まれていて

最新情報は3時間前。こういう時にすごく便利ですね。

 

それにしても、書き込みを読んでいると

今の所は北部に感染が広がっているけども、

時間が経つごとに状況が変わっている(深刻になってる)ので

余談は許さない感じです。

 

うーん…

更新日:2020年02月24日

お客様からうれしい悲鳴のご報告

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

児童支援教室をおこなっているお客様から、

昨年末完成したホームページ経由の反応がよく、

新規の生徒さんを受け入れきれない状況にまでなってしまって

嬉しい悲鳴をあげています

と、ご報告がありました!

 

むふふ、どんなもんじゃいっ!!

分析が当たって嬉しいですね〜。

 

キーワードをきちんと狙って、

ホームページの内容を充実させたら反応がよくなるんです(^^)

 

このお客様は、事業を立ち上げ当初から

おつきあいのあるホームページ業者さんから私どもにご注文いただきました。

 

その業者さんとドメインやデータの引き継ぎでやりとりをしたのですが、

いやはや態度が悪かった…

 

乗り換えた先とのやりとりは面白くないのはわかりますが…

それでもその業者さんは、私も知っているくらいの

教室系・サロン系のクーポンサービスをおこなっている会社のWEB部門。

部門は違うとはいえ、そんな感じだったらサービスも人にはオススメしたくないなと思いました。

 

何はともあれ、まずはお客様の反応が上がってよかった!

 

更新日:2020年02月22日

新しいことを挑戦する人との話はワクワクする

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先日行った、沖縄のお客さま、

そして昨日打合せしたお客さまと

新しいことに挑戦している方とお話ししているとワクワクしますね。

 

先日、クリエイター仲間と話していると、

最近のコロナウィルスが蔓延している話になり、

政府や役人ついては企業の動きがほんと遅い!

もう日本の経済は混沌としている終わっていると

なんとも厳しい意見が出ました(笑)

 

コロナのことはさておき…

最近、挑戦している人と話をする機会があるせいか、

私からすると大きな機関の動きが遅いおかげで、

いろんなビジネスの穴が塞ぐことをせずに

チャンスがあると思っているのですが…

楽観しすぎかな…

更新日:2020年02月21日

売り切れが半端ない…

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日は池袋へ打合せ。

マスクが残り5枚ほどしかないので

買って帰ろうと薬屋に寄ったら売り切れ…

3店回ったけど、一枚もありませんでした。

 

私自身、野暮ったい印象があるので、

できることならマスクはしたくないのですが

今の時期、電車や人混みに行く時には仕方ないですね。

 

どこに行ってもマスクがないので、ウィルスをブロックしてくれるという

スプレーを買いました。

IMG_2038

 

それにしても、マスクが売り切れているのに

どこもマスクの人だらけ。

なんだか街が鬱々していて元気がないです。

3.11の時を思い出します。

 

早く暖かくならないかしら…

そしたら分厚いコートと一緒にマスクも脱ぎ去れるかもしれませんね…

 

更新日:2020年02月20日

さらにひどくなってしまった

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日は月一でクリエイター仲間と集まってきました。

昨日のテーマは「ヨガ」。

 

デザイナーの私はもちろん、WEBディレクターや建築家、カメラマンの仲間も

日頃パソコンの前にいるので、みんな体が固い固い…

関節を伸ばすと体がギシギシ音が鳴るみたいな感じがします。

 

そして今日は、おかげで

一昨日のパーソナルトレーニングをした筋肉痛がさらに悪化。

首や肩までが筋肉痛になってしまいました…

 

明後日にはまたパーソナルトレーニングなので、

さらに筋肉痛になると思います。

 

今年の終わりぐらいには、

少しは体がしぼられてシュッとしていることでしょう。

更新日:2020年02月19日

ようやく1ヵ月経ちました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先月より、パーソナルトレーニングなるものに

週1回で通い出して1ヵ月経ちました。

 

飛び抜けた変化はまだ感じませんが、

トレーニングを終えた直後は膝がガクガク。

その後1〜2日間は筋肉痛になります。

緩やかに筋肉がついているのかもしれません。

 

先生のポーズと同じポーズにしているつもりでも

肩が上がっていたり、首が前に出てたり

かかとに重心がかかっていたり、

自然に体が楽な方に傾いたりするようです。

肩こりや腰痛になって当然の姿勢だなと改めて思いました。

 

自分ではポーズをピチッと決めているつもりでも

いつも姿勢を注意されてヘタくそなんです。

もう自分自身の鈍さを改めて実感します。

いや〜デザインのように、すんなり決まらないですね。

 

バランス感覚の才能ないみたいです。

昔から、器械体操やダンスの授業は大の苦手だったので

そういうのが影響してたのかもしれません。

 

学校と違って置いてけぼりにならないので

頑張って続けていこうと思います。

更新日:2020年02月18日

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201