デザインのうちあけ話し最新記事

事務所の本を断捨離

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
ゴールデンウィークに入って都内はとても静かです。
そんな中、事務所では断捨離をおこない捨てまくっています。
おかげで、棚2つが不要になりました。
 
いらないものにどれだけのスペースを使っていたか…
反省しました。
 
あと、本は要るもの要らないものを選り分けて、
要らないものの中でもアマゾンで良い値段がついているものは
自分で小口出品して、あとはダンボールにまとめて売ります。
IMG_5854
アマゾンで小口出品できるものは、19冊。
2冊ほど買ったときよりも高値がついているのがありました。
全て売払うことができれば、1名分の沖縄旅行くらい儲けがでます(^^)
 
今回、小口出品する本の中に、スエーデン旅行に行った際、
買ったスエディッシュのデザイン書があります。
サイズは小さいのですが分厚くて、ハードカバーでとても豪華な本です。
トランクに詰めて重量オーバーになり超過料金を払って持って帰ってきた
思い出の本です。
 
もう何年も開いてないので思い切って売ることにしました。
愛着のある本なので、欲しい人に売ることができる場があるのは
嬉しいもんです。
 
事務所の方の断捨離は目処がついてほっとしたのもつかの間、
自宅も断捨離するものが事務所以上にあるのですが、
さすがに予定もつまっているので連休中は難しそうです。
 
でも、要らないものを捨てると身が軽くなって
風通しがよくなった気がするので、
自宅も近々、合間を見てやりたいと思います。

更新日:2018年04月30日

稼ぐ力

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
今日は、朝、昼、夕と打合せが入っていてよく喋った〜。
 
お客様と打ち合わせでいつも思うのですが、
いろんなお金の稼ぎ方があって、
ほんとビジネスは創意工夫だなと思います。
 
お客様は自分でいろいろ考えて行動に移して稼いでいかれるのですが、
お話を聞いていると、たくましさを感じます。
 
だから、パワーをもらうんでしょうね。
 
 

更新日:2018年04月27日

おせっかい業

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
昨日はお友達の建築事務所の引っ越し祝いに行ってきました。
IMG_5817
 
オフィスも2倍ほど広くなって、スタッフも増えて
その頑張りは胡蝶蘭の多さで分かりますね〜。
 
さて、商業界という雑誌を読んでいるとこんな言葉が目にとまりました。
「商人の仕事はお客さんの豊かな未来づくりの“お手伝い業”。
そしてお客さんも気づいていない、少し先にある良き未来をお見せする
“おせっかい業”である。
お客さんが欲しいものだけを販売するだけでは“流通業”に過ぎない」
とのこと。
 
まさしく、デザイナーにも言えること。
 
お客様とお話していると、
「こうしたらここの会社は素敵になるだろうなぁ」ということが、
見えてきます。
 
これは第三者で客観的である私の立場だから見えることで、
お客さんは気づいていません。
 
気づいていないから、お客様ご自身が私に提案されるものは
今と代わり映えしないものが多いんですね。
 
私は少し先の良き未来が見えているのですが、
お客様ご自身が提案しているデザインを作ると、
すんなりその仕事は進んで終わりますよね。
 
なので、そのまま言われた通りにデザインを作るのが
オペレーター。
 
また、少し先の良き未来を提案しても受け入れてもらえる保証は
ありませんし、提案するだけ徒労になることだってあります。
時には対立して怒りを買うこともあるでしょうね。
 
でもお客様の良き未来のために提案し続けるのが、デザイナーだと思うんです。
いわゆる「おせっかい業」です。
 
その提案は
「デザイナーの自己満足」ではなく、
「お客様の良き未来のため」の提案であること。
これは、大前提。
 
ハットツールの強みである、
女性目線のデザインは、
女性目線の提案でもあります。
頑張って提案し続けたいと思います。

更新日:2018年04月26日

勇気を持って参加をしてみる

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
昨日は、ビジネスの懇親会に行ってきました。
勉強会に参加していたり、懇親会にでたりしているおかげで
少しずつ顔見知りが増えて、自分の居場所がほんの少しですが出てきました。
 
業種は違えど、やはり同じビジネスをしている者同士で話していると
会話の中にたくさんのヒントがあったり気づきがあります。
 
そういう場に自分が身をおき、話をしたり聞いたりしていると、
自分の凝り固まった考えが流れて、新たな水が入った感じがします。
勇気を出してこのような会に参加する醍醐味です。
 
ということで、昨日は両国の店内に土俵がある居酒屋で懇親会だったのですが、
やはりここにある土俵も女性は上がれないらしいです(笑)
IMG_5811
まぁ、それはそれで全然構わないのですが、
ただ、上がったらダメッ!!ダメ!ダメー!!!と皆んなから言われるほど、
あまのじゃくな私は上がりたくなります(笑)
 
でも大人なので無理やり上がることはしませんが、
う〜ん、なんか気になる(笑)
 
今日は、友達が事務所を引っ越したので、
お祝いを兼ねた飲み会に行ってきます。
今日で3日続けて飲み会ですが、くれぐれも飲み過ぎ注意。
どれもこれも濃い飲み会です。
 
 

更新日:2018年04月25日

デザインの力

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
昨日は、ビジネスの勉強会に出ておりました。
勉強会の舞台になったのは、中板橋にあるお漬物やさん。
 
中板橋商店街のランドマークになるように
お店を改装されて、とっても雰囲気のあるお店です。
 
いろいろ話を聞いてみて
この設えがこのお店の雰囲気を引っ張っているんだなぁと思いました。
180424
この設えがあるから、手持ち袋はスーパーの袋ではなく、
ロゴが入ったおしゃれなビニル袋だし。
こんな袋にはいっていたら、手土産にしたくなっちゃいます。
 
これってデザインの力なんです。やっぱりデザインってすごい。
昨日はいろいろ話を聞いたり、好き勝手に提案したり、
頭がフル稼働の1日でした。
 
 

更新日:2018年04月24日

お漬物

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
昨日は、夫の従兄弟が餃子パーティをするというので
行ってきました。
 
その途中、従兄弟のお家の近くにあるビジネス仲間の
お漬物屋さん酒井善三商店さんで手土産を買いに寄りました。
 
お店にはいろんな仕掛けがあってほんと楽しんで買い物ができます。
こんなトマトのかぶり物でテンションがめちゃ上がりました。
IMG_5801
 
日頃むっつりしている夫もさすがにこの表情(笑)
 
手土産のお漬物もすごく美味しくて、
餃子の合間に口直しにお漬物が実に合うこと。
 
急遽、ご飯を炊くことになり、〆はご飯とお漬物。
デザートじゃないですけど、ご飯と漬物も別腹です。
飲んで食べて、お腹がパンパン。
 
幼い頃は、祖母の漬けたぬか漬けを毎日のように食べていたのですが、
久しぶりにその味を思い出して、とても懐かしい気持ちになりました。
お漬物は私のソールフードですね。

更新日:2018年04月22日

5月の制作受付を締め切りました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
今日もいろいろ動きがありました。
打合せの予定がバシバシ決まってきています…
5月はゴールデンウィークもあるので、
デザイン制作がすごいことになりそうです。。。
 
ということで、5月の制作の受付を締め切りました。
ありがたいことです。
そして6月に制作開始のご依頼の受付をしています。
 
来週前半は、勉強会や懇親会などが入っているので
バッシバシ、インプットしたいと思います。
 
とりあえず明日は、体のメンテナンスへ。
先月は、調子が良くてマッサージするとこないよ〜なんて言われて
あまり揉まれなかったので、そのせいか体がガチガチです。
 
いろいろ忙しくなる前に、体をしっかり整えたいと思います。
 

更新日:2018年04月20日

いろいろ動き出したぞ

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
今日は横浜まで打ち合わせに行ってきました。
ほんと天気が良くて心地よくて、歩道を歩けば
色とりどりの花が咲いて、いい季節です。
180419
打ち合わせのあと、お客様とランチに行ったのですが、
あまりにも天気が良すぎるので、このままどこか出かけたいですね〜と
いう言葉に盛り上がりました(^^)
 
今日は、提案したデザイン案のお返事が
「お願いしてよかった〜♪」と、ほんと嬉しい言葉をいただいたり、
滞っていた素材がドカッと送られてきたり、
修正を重ねてた案件にOKが出たり…などなど
複数の案件がしゅるしゅると動きました。
 
もう、夏(6、7月)の案件も入ってきているので、
ハットツールへとお考えの方はお早めにお問い合わせくださいませ。
 
 
 

更新日:2018年04月19日

ストリートビューに写り込んでます

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
今日googleマップを見ていて、
ふと、以前、打ち合わせの帰りに、
ストリートビューの車を見かけたのを思い出しアクセスしてみると…
はい、写ってますね(笑)↓
スクリーンショット 2018-04-18 11
顔はぼかされていますが、完全に私です(笑)
打ち合わせの後、メールをチェックしていたところです。
 
場所は広尾で車が1台通れるくらいの狭い道です。
その他にも通勤途中で見かけたりしていたので、
いろんなところに写り込んでいる可能性がありますね。
 
こんな感じで打ち合わせにお伺いしますので
よろしくお願いします(^^)

更新日:2018年04月18日

土台はしっかり作るベシ

こんにちは、女性デザイナーの松田です。
 
デザイナーあるあるで
デザインの修正はよくあることなのですが、
レイアウトがほぼ完成してからのガラリと変わる修正って
ほんと大変なんです。
 
見る順番を考えて、なおかつ見栄え良く作っているので
それがガラリと変わると、再度考え直し(組み立て直し)になります。
 
デザインを施したあとに修正になると、
作業的にはそのデザインを活かしながら修正することになるので、
どうしてもデザインがいびつになるし、
それを避けるために考えながらの作業なので、
作業時間がかかってしまいます。
 
これって誰もプラスにならないことなんですよね。
 
これまでの経験上、こういうことが起こるのは
何を掲載するのかちゃんと決まってないことが多いんです。
 
そうならないためにもデザインをする前に
きちんと内容を詰めることが大事だと思います。
 
内容を詰める際には、大まかでいいので
 
下書きのようなレイアウトを作って
掲載内容を詰めること。
 
このレイアウトを作るのは
デザイナーになってきますよね。
 
 
この下書きレイアウトを作ることで
不足部分や削除する部分が見えてきます。
 
 
それをクライアントさんと共同で
作り上げていくんですね。
過不足なく土台が出来上がってから
ようやくデザインにとりかかります。
 
そこまでくると、ガラリとレイアウトがかわるような
修正はほとんどない(文字修正、写真差し替えレベルはありますが)。
 
土台はしっかり作ることが、デザイン時の修正を防ぐこと。
初めの手間はかかりますが、急がば回れです。

更新日:2018年04月17日

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201