基本を作った人生で一番猛勉強した時期

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

昨日は、私の原点である京都のゲームデザイナー時代の
同僚たちと何十年ぶりかで再会してきました!

20140709_231208

この京都のゲーム会社で
今の私の主力となっているPhotoShopやIllustratorを
勉強しました。

さらに3Dソフトや映像作成ソフトも
この会社で当時はガッツリ使っていました(^^)

このゲーム会社にいた時期は
私の今までの人生の中で自主的に一番猛勉強した
時期かと思います(笑)
私の場合、受験ではないんですよ(笑)

社会人になってから猛勉強する
時期ってありませんか?

この頃は会社に夜遅くまで残って
作品コンペに出す映像をコツコツ作っていました。

 

そして同僚も当時は、
音楽室でゲーム音楽を作っていたのですが
やはりこのゲーム会社で、
今の基礎となる勉強をたくさんしたとのことでした。

その後、東京に上京して
今は、たくさんの
CMやTV番組やドラマ、映画などの音楽を
手掛けているんです。

その他にも、かつてこのゲーム会社に勤めていた人が
映画のCG会社に入ったり、CG映像会社を立ち上げたり、
大学教授をやってたり、
CMの音楽作って有名になっている人など
いると聞きました。

これらの人に共通するのが、
みんなこのゲーム会社を
3、4年程度で辞めているということ。

たしかに、学校のように居心地がよい会社なのですが、
一通りできてしまうと物足りなくなってしまいます。

物足りないと感じた人は、
もっと刺激のある方へ向かいますよね。

そのゲーム会社を飛び出した者同士が流れて揉まれて、
ようやく昨日、合流したんですね。

懐かしい話しも飛び出して
おもしろい再会でした。

そうそう、このゲーム会社の今は?
というと、
何年か前に東証一部に上場して
まだまだ健在です。

うちの親に、
あのまま辞めなければよかったのに
もったいない!と未だに言われます(笑)