差がつくデザインの技メルマガバックナンバー

チラシに使う写真は大丈夫?著作権の話し

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.26
チラシに使う写真は大丈夫?著作権の話し』
———————————————–

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

今日でゴールデンウィークが最終日ですね。
皆さんはどこか行かれましたか?

私は、4月末に祖母の法事がてら
高知県の四万十川〜足摺へ
旅行に行ってきました。

ということで、
ゴールデンウィーク後半は
ガッツリ働いています(;;)

————

さて、以前お客さんから
こんな質問をされたことがありました。

“自分のお店のチラシのデザインを作成するときに
いい写真が手元に無かったので、

「○○○ 写真 フリー」「○○○ 写真 無料」と
検索して、ホームページから取ってチラシに
使おうと思っているけど著作権に引っかかるの?”

写真を提供しているホームページの利用規約によります。

商用利用可」と書かれていれば
商業を目的としたチラシに使うことを
大概は認められているんですね。

まずは、そのホームページにある写真が
「商用利用可」なのかどうかを調べることです。

何も書いてなければ、使用はNGと見なした方が
よいかと思います。

最近では、商用利用可でしかも無料で、
印刷でも十分耐えられる
高解像の写真を提供している
ホームページがあるんです。

私たちデザイナーも
ちょっとしたところに使うことがあるので
重宝しているんですよ。

メルマガ読者の方だけに
オススメの写真サイトを2つほど紹介しますね。

なお、ご利用の際は、それぞれのホームページの
利用規約をお読みくださいませ。

足成
photo AC】←登録制です

———————————-
超有名キャラクターが写っていた場合
———————————-

以前、二つ折りの教室案内の
リーフレットを作成していたとき
表紙に、こんな写真を使おうとしていました。↓

有名キャラクターが写っている写真
※たとえ私が描いたイラストでも、
メルマガで配信するのは
私的使用の範囲を超えているとのことなので
キャラクターにモザイクを入れています。

四角いおはじきを使った授業で
ドラえもんの人形で分かりやすく
子どもに説明している様子の写真なんです。

写真の主旨は、
「おはじきを使ってやさしく
授業をしている風景」であり
ドラえもんは、後ろや斜めを向いているので
メインではありません。

なので、私はドラえもんの著作権のことなど
全く気にしていませんでした。。。

すると、お客さんの会社から
ドラえもんの著作権のことで待ったが入り
弁護士さんに聞いてみました。

弁護士さんからの回答は、

“写真などの撮影において
キャラクターが写り込んでしまった場合、
写真撮影の対象から分離することが困難なときは
著作権侵害にならない

つまり、撮影時に対象が容易に分離できる場合は
著作権侵害にあたる可能性がある。

今回の場合、人形は簡単に撤去できるので
権利問題が生じる可能性があるので
ドラえもんが写っている写真を使用しないのが
無難である”
とのこと。。。

ということで、写真を再度撮影し直して、
差替えることになりました。。。

————————————-
「写真撮影の対象から分離することが困難」とは?
————————————-

一般的には、町中の写真を撮ったとき
店頭のポスターが写り込んでしまった場合や、
キャラクターTシャツを着ていた場合などを
指すようです。

店頭のポスターを勝手にはがすと
壁に傷がついたりポスターが破けたり
修復不能ですし
第一、営業妨害にもなりかねません。

また、Tシャツを脱いで
町中で裸で撮影する訳にも行きませんので
そういう場合は、分離することが困難。
ということになるとのことでした。

中国のどこかの遊園地のように
お客さんを呼ぶために色んなキャラクターを
無断で使用することは、もちろんNGだと知っていても
写真の主旨とは違うことでキャラクターが
入ってしまっている場合は、判断が難しいです。

写真撮影の際に、

「撤去しやすいかどうか」を一つの基準とすると
判断しやすくなるかと思います。
ぜひ、参考にしてくださいね。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

開封率を高められるダイレクトメール(DM)封筒のちょっとした工夫

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.25
『開封率を高められるDM封筒のちょっとした工夫』
———————————————–
こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

前回のメルマガは、
配り方を考えてチラシを作成する
という内容でした。

読者のTさんから、
こんなメールが届きました。

“ポストの中に数あるチラシに
短い麻の紐で筒状に丸めたものが…
これは、気になる。

ソファーに座り、ほどきました。
ハワイ式のマッサージ「ロミロミ」
ご近所さん、初回限定、かなりの割安
行こうと思いました。
チラシマジックおそるべし♪”

丸めたDMチラシ
きっと、Tさんのポストに入っていたのは
上記の図のような巻物のような
感じでしょうかね?

そして私の自宅のポストにも
このようにポケットティッシュをつけて
美容室の折りチラシが入っていました。↓

しかも、新規のお客様用に
カットとネイルの割引券付き。
クオリティーは置いときますね(^^;;

 ポケットティッシュ付き美容室DMチラシ

ペラ1枚のチラシよりも
確実に手に取りますね。

この2つに共通しているのが
異質感

ポスティングだけでなく
ダイレクトメール(=DM)を送る際に
とても重要になってくるんです。

封筒でDMを送る際に重要なのが開封率。
開封率とは封筒を開封してもらう
割合のことです。

何を隠そう、私はDMアドバイザーの
資格を持ってるんです^_^

ということで
今回は初めてでもすぐできそうな
開封率を高めるためのコツを
ご紹介しますね。

——————————————–
封筒に異物を入れる
——————————————-

封筒に入っているのは
大体が、チラシ、申込書などの紙類が
封入されています。

そこであえてボールペンや定規など
固いものを同封するんです。

封筒の上から触ると何かが入っている!
これは気になる!
と、前述の Tさんのように
すぐに封筒を開封してしまうわけなんです(笑)

ちなみに
この封筒に入っているボールペンなど
封筒を開けてもらうアイテムを
ドアオープナーと言います。

このドアオープナーは
いろんなモノが考えられらます。

例えば、植物の種、マグネット、
切手、化粧品などの無料サンプルなど、、、

中には、封筒の窓からわざと少し見えるように
クーポン券を入れておくというワザも
あるんですよ 。

ただ、ドアオープナーを同封する際には
超過料金郵便にならないように
気をつけてくださいね。

——————————————–
私信に見えるようにする
——————————————–

「私信」とは、個人宛の手紙のこと。

例えば、家族や友達から来た手紙は
すぐ封筒を開けますよね。

また、お役所から届いた通知も
封筒をすぐに開けると思います。

なのでそれに似せた封筒のデザインにする
ということなんですね。

下記の写真は、私の自宅のポストに入っていた
都議会議員の方の宣伝DMなんです。

私信に見える手書き宛名 

この封筒に書かれた手書き文字が
一瞬、知合いが留守中に訪ねてきたのか?
と思ってよく見たら都議の宣伝活動のDM。

そしてこの手書き文字は
実は印刷だったんです。

これは本当によくできていて、
しかも青い既製封筒に黒インク1色刷りなので
経費もあまりかかりません。

この他にも、封筒に中を見たくなるような
ティーザーコピー(じらすコピー)を
入れるなどありますが、
コピーを書くのも相当なテクニックがいります。

まずは、
異物を入れたり、私信に見えるようにしたり
ということで、手軽に試して開封率を
少しでも高めてくださいね。

**********************************

メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

配り方を考えてチラシを作成していますか?

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.24
『配り方を考えてチラシを作成していますか?』
———————————————–
こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

先日、チラシのポスティング業務を
しておられる方から
興味深いお話しが聞けました。

それは、配り方が悪いと
チラシの反応率はグンと減ること。

自分のお店のチラシは、
きちんと一軒ずつ確実に配られる方が
多いと思いますが、

ポスティング業者さんなどに外注する場合、
ポスティングスタッフの中には
「ポスティングの確実さ=集客」という
意識は薄れている方は少なくはないはず。

——————————
確実に配るとは?
——————————

例えば、
チラシが奥までポストに入っていない場合、
雨が降ってしまうと
チラシが濡れてしまいますね。

この濡れたチラシを見る人って
ほとんどいないのではないでしょうか?

どんなに、効き目のあるキャッチコピーや
どんなに、凝ったデザインであっても
濡れているチラシだと読まずに捨ててしまう
可能性が高くなってしまいますよね。

また、
後から後から郵便物やチラシが
ポスティングされたときや
手配りのチラシを受取りカバンに入れたときなど、
くしゃくしゃになってしまうことはありませんか?

そんなくしゃくしゃになったチラシを
読まずに捨ててしまうという方
恐らく多いのではないでしょうか?

まずは、きちんと配ることが第一ですが、
デザインも考慮する必要があると思います。

配りやすく読んでもらえるチラシにするために
3つのチラシ作成のポイントをまとめました。

——————————
その1 サイズ
——————————

ごく一般的なチラシのサイズは
A4が多いのですが、
ポストに入れるとなると最大B4サイズまで。

参考までに、
私がお話ししたポスティングの方は
A4サイズは大きいので配りにくいとのこと。

たいてい折らずにポストに入る
チラシのサイズはA5までで、

載せたい情報がたくさんあるのでA5は足らない!
という場合、一回り大きい
B5サイズがよいでしょう。

B5サイズの場合、
そのままポストに入れるのには少し大きいので
折ることを考慮したチラシのデザインに
することをおススメします。

——————————
その2 折ることを考慮したレイアウト
——————————

B5サイズより大きいチラシの場合、
半分に折ることを考慮した
レイアウトをすることが大事です。

例えば、
しずる感たっぷりの料理の写真や顔写真、
またキャッチコピーの途中で折れているチラシを
パッと見てなんのチラシか分かりづらくないですか?

なんせ、
チラシを読むか読まないか判断する時間は

1秒未満なんです

手に取って分かりづらければ、
そくゴミ箱行きになってしまいます。

折ることを考えてレイアウトをすると、
写真の位置や文章をいれる場所などが
決まってきますよ。

——————————
その3 紙の厚さ
——————————

折って配る場合、薄めの紙をおススメします。
理由は、折って配る際、厚いと折りにくいからです。

折りにくければ、きちんと折れない可能性が高いため
後からポスティングされたものが重なると
くしゃっとなりやすくなります。

折ってポスティングするタイプのチラシは
業種業態にもよりますが、
厚くて73kgがよいかと思います。
ちなみにコピー用紙とほぼ同じ厚さになります。

余談ですが、参考までに。
紙の厚さ=商品の料金ということでもあります。

新築住宅や車など値段が高い商品のチラシは
紙は分厚いんです。110kg〜135kg。

逆に薄い紙のチラシは、
不要品回収業者、水漏れ修理業者など、
何千円のサービスなので
53kg〜68kgとなります。

この場合、
広範囲に大量に配るので
業者が大量のチラシを持ち運びがしやすいように
この厚さなんですね。

紙が薄いと安いイメージを感じてしまうので
チラシに掲載する商品に応じて
紙の厚さをセレクトしてくださいませ。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

チラシとホームページの連携で集客する

こんにちは女性デザイナーの松田です。

ホームページはお客さん自らが
検索して見つけてもらわないと
情報は知ってもらえません。

しかし、
チラシは新聞に折込まれていたり、
ポストに投函されていたり
店頭で配られていたりと、
自ら探さなくても勝手に
情報が入ってきます。

ただ、チラシのデメリットとしては
サイズが決められているので
掲載するには情報をセレクトしなければなりません。

あれもこれもチラシに載せたいと
言われる方もいますが、
チラシを「読むか読まないか」を
判断する時間は1秒未満
と言われています。

文字が詰まったチラシは
読み辛い印象を与えてしまい
ゴミ箱に行く可能性が
とても高くなってしまいます。

しかし、ホームページがあることで
詳しいことはホームページに任せられます。

そのことで
情報をたくさん掲載するスタンスから
いかに目に留まるチラシのデザインにするか
というスタンスに変わることができます。

ということで、
チラシとホームページの連携で集客する場合は
お店やサービスをよく知ってもらう
きっかけを作るのがチラシの役割でもある
ということになります。

チラシとインターネットの連携
———————————
ホームページに誘導するための技を紹介
———————————

■その1 まずはこれ、QRコード

オススメQRコード作成サイト

このQRコードは下記のサイトから
無料で作れるんですよ。

しかも下記のサイトはEPSかPDFデータで
QRコードを生成してくれるので
チラシに貼付けられます。

http://qr.8-bit.jp/

■その2 検索窓

検索窓デザインサンプル
これをチラシに掲載するときには
自社のホームページが
どういうキーワードを入れると1位に表示されるかを
確認して、キーワードを入れてくださいね。

2位、3位だと一番上のがクリックされて
他社へ行かれてしまう可能性が高いので(^^;;

下記のサイトからPNGやEPS形式の検索窓が
無料でダウンロードできます。
http://www.xn--eckzb3bzhw32znfcp1zduw.com/data/search.php
http://free-designparts.com/16kensaku.html


■その3 ホームページの画像を掲載

チラシにホームページの画像を載せる

文字で
「詳しくはホームページをご覧ください」
と書くよりも、
ホームページの画像を実際に貼付けて
きちんと情報が充実している
ホームページが存在していることを
ビジュアル的にアピールしています。

また、一言アイコン的に添えると
デザインのアクセントにもなるんですよ。

と、このような感じで
代表的なホームページへ誘導する手段を
紹介しました。

ハットツールにチラシを
ご依頼いただくお客さんから
最近はチラシとホームページを見てから
来店するという方が多いとよく聞きます。

スマホから手軽にアクセスできることが
大きく影響していると思います。

ぜひチラシとホームページの
ダブル集客を実現させてくださいませ。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/ 
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインでご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

地図デザインのポイントはシンプル&○○&○○

こんにちは。

女性デザイナーの松田です。

先日、ブログにも書きましたが、
今度の統一地方選挙に立候補される
ある女性の方の選挙のデザインの
お手伝いをしています。

いつも作成しているチラシやDMだと
見る人にお得になる情報を目立つとこにいれて
目を引くのですが、選挙ポスターやチラシとなると
ちょっと違いますよね。

第一優先は
顔と名前を知ってもらうわけですから、
デザインもそういった作りにするんですね。

また追々選挙が一段落した頃に
まとめてみたいと思います。
———————————

さて先日、
チラシのポスティング事業を
されている方からこんな話しを
聞きました。

「住所が書かれていても、
それが自分のいる場所から
近いか遠いか分かりにくい。
地図を見て遠いor近いを
判断する」とのこと。

例えば、同じ町でも
1丁目と4丁目と結構離れていたり、
西の方向はよく知っていても
東の方向はあまり知らないなど、
意外と徒歩10分圏内でも町名や番地まで
意識して歩いている人は少ないはず。

なので地図が分かりにくいと
人が集まりにくいし、
地図一つで集客に影響するので
分かりやすい地図のデザインでないと
もったいないとのことでした。

私の修業時代、師匠から
“気が利くか利かないかは
地図をデザインさせてみたら分かる”
と言われていました。

実は私はめちゃくちゃ方向音痴なので
こんな自分でも地図を見ながら
目的地にたどり着けるように
書き方には重点を置いています。

この方向音痴が見ても分かる
地図のデザインのポイントを紹介します。

——————————————–
まずシンプルにする!
——————————————–
パッと見て「行くの簡単そう!」と思うほど
シンプルにすることです。

下記のポイントを踏まえて
シンプルにしてくださいね。

●幹線道路、路地など道の大きさが分かるようにする
●路地や目的地やルートから離れている道路は入れない
●線路、道路、川は色を変える

——————————————–
地図上の目印・表記のポイント
——————————————–
●目的地が地図上で一番目立つようにする
●目的地周辺やルート上にある目印を入れる
●向かい側や曲り角にある目印を入れると分かりやすい
●最短ルートや迷いにくいルートを
目立つ色で表示すると分かりやすい
●大きな道路名は入れる
●方向が分かりやすいので「至」を入れる
目印の入れ過ぎに注意

——————————————–
どっちが分かりやすいですか?
——————————————–
以上のことを踏まえて
下記の2つの地図、
どちらが分かりやすいですか?
地図のデザイン比較

一目瞭然でBという方、
多いのではないでしょうか。

上記の地図は、
実は前にハットツールの事務所のあった
渋谷区千駄ヶ谷という地域の地図なんです。

この地域は、路地が入り組んでいて
実際は迷路のようになっています。

目的地までの最短ルートは
路地を通っていくのですが
初めての方はとても分かりにくいんです。

なのでBのように少し遠回りになるのですが
分かりすいルートを赤点線で案内しています。
そのため路地を省略しました。

また、Aと比べてみるとBは
ルートの道を濃い色にすることで
道の重要度が増しいている感じがしませんか?

地図をそのままに書いても
ややこしくなる場合が結構ありますので
ある程度、省略&デフォルメするということが
大事になってくるんですね。

そこが、私の師匠が言っていた
「気が利く」ということに通じるのかなと
思っています。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/ 
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインでご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

 

文字や画像の影をキレイにつける3つのポイント

こんにちは。

女性デザイナーの松田です。
友達の娘さんが東京の大学に通うことになり
地方から上京してきました。
この春から初めての一人暮らしです。

この時期の東京は上京したてかな?
という人を見かけるんですね。
初々しいけど何となく頼りなさそうな
雰囲気がします。

見ていると自分が上京してきた頃を思い出して
頑張れー!と心の中で応援してしまいます(^^)//
——-
さて、
自分でデザインをし始めたころ
文字や画像を選んでクリック一つで
影がつけられることに
とっても感動したことを覚えています。
クリック一つで楽々に影がつけられるので
デフォルトの設定のままで調整してない
雑に見えてしまう影をよく見かけます。

雑な影とは具体的にいうと、
●影以外が暗く見えてしまっている
●影によって汚く見えてしまっている
●影をつけた文字が読みにくくなっている
など。
影をつけると
平面から浮き出たように見えて
写真や文字を引き立てる役目があるのに
上記のような雑に見えてしまっては
なんともったいないことなんでしょう。
これが、キャッチコピーなど
紙面で一番目立つ場所に使われていたり
たくさん散りばめられた写真に多用した場合
デザインの印象にも影響してきます。
そもそも『影』とは光がさえぎった
反対側にできるもの。
主役ではなく「脇役=引き立て役」。
すなわち
主役を活かすも殺すも引き立て役次第
なんです。
その引き立て役が主役の邪魔せず、
より引き立てるため(名脇役になるため)の
3つの調整ポイントを紹介します。
1.影の色
2.影の透明度
3.ぼかしのサイズ
———————————-
1.影の色は黒とは限らない
———————————-
影がつけられるソフトは、
(word・excel・powerpoint・photoshop・illustratorなど)
デフォルトの設定色は大体が「黒」になっています。
そもそも、影の色は黒とは限りません。
例えば
赤いテーブルの上に置いてあるコップの影は
暗い赤になります。
青いテーブルの上のコップの影は
暗い青になります。
下の画像は、
濃い色(A・B)と薄い色(C・D)の背景の上に

それぞれ2枚ずつ写真が並んでいます。

影の色

それぞれ2枚の写真の後ろについている
影の色が違うんです。
1は黒。
2は背景と同系の暗めの色になっています。

 影の色

AとBのような濃いめの背景色では気になりませんが
薄い背景色の場合、影色が黒に設定されていると
影色がグレーになってしまっているのが
分かりますか?
例えば、
一番目立つキャッチコピーに使用したり
写真がいっぱい並んでいるデザインで多用すると
デザイン全体がくすんで見えてしまいます。
ということもあり、薄い背景色の場合、
背景と同系の暗めの色を影色にすることを
おススメします。
———————————-
2.影の透明度
———————————-
1に書きましたが、
影は背景と同系色の暗めの色がよいのですが
濃すぎるとデザインが暗い印象になってしまいます。
ちなみに、影の濃さは「透明度」で調整できます。
透明度の違うAとBのサンプル画像を

比べてください。
影の透明度低い

影の透明度高い

Bの方が、写真の影の透明度が高いため
写真本来の明るさが引き立っていませんか?
———————————-
3.ぼかしのサイズ
———————————-
先ほど、影色によってデザイン全体が
くすんで見えてしまうということをお話ししました。
その他にも、
注意したいのが「ぼかしのサイズ」。
写真のぼかしサイズの違うAとBを
見比べてください。

 

影のぼかしサイズ大
影のぼかしサイズ小

Aはぼかしのサイズが大きいので
Bと比べると写真がより手前に浮き上がって見えます。
しかし、写真のまわりにグレーが広がってしまい
画面が暗く、くすんでいます
本来の影は、物が光をさえぎった反対側にできるの
主役ではないんですね。
主役を引き立てる役目があるかと思っています。
なので、邪魔をせず、そっと添えることで
主役が引き立たせることが大事なんですね。
1クリックで簡単に影はつけられますが、
デフォルトの設定のままでは
デザイン全体をくすんだ印象に
見せてしまうことになるんですね。
ぜひ、参考に一手間加えてくださいね。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/ 
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインでご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

 

チラシに「お客様の声」を入れて差をつける

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

先日、8年前に亡くなった祖母から
手紙が届きました。

大切な人に27年後に手紙を送る
という企画で、平成元年に手紙を書いて
タイムカプセルに入れていたものが
今年掘り起されて届いたんです。

手紙は4人の子供と10人の孫、
1人1人封筒に名前が書かれて
それぞれ手紙が入っていました。

当時、デザイナーのデの字もなかった
学生の私に祖母は何を書いてくれたのか
気になりますが、中はまだ見ていません。

せっかくなので、後日、親戚で集まって
みんなで楽しく開封しようと思います。

祖母の粋なサプライズに
感動した週でした(^^)

————–

さて、WEBサイトではよく見かけますが
チラシではあまり見かけないのが
「お客様の声」。

私もチラシを作成する際に
クライアントさんに
「お客様の声」を載せることを
オススメしているのですが、
お客さんに頼みにくいから
載せないという方が多いんです。

でも、
ダイレクトメールやチラシに
力を入れている
通販会社や大手学習塾のチラシでは、
惜しみなくお客様の声が
掲載されています。

載せたほうがよい理由としては、
・第三者からの客観的な評価&証拠になる
・お客様の声が商品を購入した後や
 サービスを利用したときの
 イメージが想像しやすい
ということがあるんですね。

————————–
効果的なお客様の声を載せるための4つのポイント
————————–
【1.お客さんの写真を載せる】

文章だけでだと、やっぱり弱いんです。
ホントかなと思うような
信憑性にいまいち欠ける
お客様の声って読んだこと
ありませんか?

さらに、私もそうなのですが、
お客さんの写真を
チラシに掲載していただくように
お願いすることって、
とっても気が引けます。

でも、
お客さんの写真が載っていると
お客様の声に対しての
信憑性もぐんと高くなりますし、

現にハットツールのクライアントさんの
折りチラシでお客さんの写真を載せたところ
反応率がすごくいいと報告を受けてます↓
お客様の声デザイン

どういう人にお願いすればよいかというと
もちろん常連のお客さん。
あとは、効果が出ているお客さんだと
案外軽くOKがもらえるよ、とよく聞きます。
私もそれは実感します。

逆に、お願いすると「分かりました!」
と機嫌良く返事をいただいたのに
いただけないことなんてざらです(^^;

めげずにお客さんにお願いすることが
大事ですね。

【2.読みやすくする】

書いてもらった用紙を写メで撮ったり
スキャンしたりして
そのまま載せていませんか?
またそれって、スムーズに読めますか?

そのまま載せた方が
臨場感があってよいのでは?

と思う方もいると思いますが、
ちゃんと読めた方がいいので
パソコンで打ち直した方がいいです。

パソコンで打ち直して、
手書き風フォントを使うと、
その部分だけ手で書いてもらったように
温かみがでるのでオススメです。

また、最近では無料でダウンロードできる
手書き風フォントがあるんですね。

ダウンロードできる、
まとめサイトにリンクを
貼っておきますので、
各自の責任でご使用くださいませ。
http://sitebk.com/summary/free-handwriting-fonts/

【3.タイトル見出しをつける】

お客様の声をお願いすると
たくさん書いていただける
非常にありがたい
お客さんがいらっしゃいます。

そんなたくさん書いていただけた
お客さんの場合、
自分で編集して文を短くする
ということもありますが、
文章を要約して
タイトル見出しをつけて
読みやすくすることをおススメします。

【4.より具体的に書いてもらう】

これはデザインではありませんが、
お客様の声を書いてもらうときに
「お客様の声をください」や
「感想を書いてください!」と
お願いしてしまうと
どうしても漠然としたありきたりな
ことしか書いてもらえません。

なので、例えば
●サービスを受ける前は
どんなことでお悩みでしたか?
●何が決め手となって当店に来ましたか?
●サービスを受けた後、
悩みはどのように解消されましたか?
●当店とお客様のやり取りで
印象に残ることはありますか?
など、、、

具体的にストーリーをつけて質問すると
ご自身の売りやアピールポイントを
お客さんに言っていただくことができますよ。

質問に関しては
下記の本がとても役立ちますので
参考にしてくださいませ。
A4アンケートで利益を5倍にする方法

ということでいかがだったでしょうか?

チラシはサイズが決まっているので
もっと他に載せたいことがあったり
お客さんに書いてもらうことが
億劫だったりと
チラシで「お客様の声」を載せる
優先順位はとても低いんです。

でも、ホームページでは
お客様の声は必須なので
チラシもホームページと
同様に載せること超オススメします!

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインでご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

メニューのデザインは手書き文字でキメル

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

先日、創業42年の、
ある地元で人気の焼き鳥屋さんから
メニューのデザインについて
こんな質問がありました。

■質問
オープンから42年。
最近ではテレビや雑誌で取り上げられて
そろそろメニューのデザインを一新したい。

メニューのデザインは、
老舗の雰囲気がするのもいいですが
客層が平日は会社帰りのサラリーマン&OL。
土日は地元のファミリーで賑わうとのこと。

このことから、
地元に愛されるお店であることで
温かみがあり親しみのあるデザインにしたいが
何かアイデアはないか?とのことでした。

■アドバイス
そもそも老舗というと先祖代々にわたって
伝統的に事業を行っているお店という意味が
あります。

お店に歴史があるということを
メニューに入れるのはどうでしょう。

例えば、地元で愛されて42年とのことですが、
オープン当時の店構えや近隣も
すっかり変わっていると思います。

42年前の近隣の風景や
オープンした当初のお店の写真などを
ページ内に掲載してもいいですし
背景としてあしらってもいいかと思います。

あとは、温かみや親しみを出したいのであれば
メニューを毛筆の手書きにすることをオススメします。

と、アドバイスさせていただきました。

—————————–
手書き風フォント実は…
—————————–
私のパソコンに今入っている
手書き風フォントで
「創業42年。受継がれた秘伝のタレ」
と打ってみました。

こう見ると、
書体から感じる雰囲気はさまざまですね。

文字にこれだけ個性があると
実はデザインの雰囲気に
合いにくいというのがあるんです。

例えば、
デザイン全体が黒で高級感があるのに
フォントが幼っぽかったり、
デザイン全体がポップなのに
フォントが達筆すぎたり。。。

ということで、私の場合は、
手書き文字を使いたいと思うときは
実際に手書きをすることにしています。

—————————–
せっかくなら手書き文字にチャレンジ
—————————–
ハットツールでは、最近は
ペンタブレットとPhotoshopというソフトを
使って書きます。

筆圧や筆の種類も選べるので便利なんですよ。
作成風景の動画です↓
手書き文字パソコンでの作成風景

紙の質感やにじみなどを
もっとリアルに出したい場合は

筆と墨を使って半紙に書くのも
よいかと思います。

そして書いた後は、
スキャナーで画像を取り込みます。

その後の処理をソフトを持っている人のために
ざっと書いておきます。

1.Photoshopというソフトで
入らないゴミなどを除きます。

2.Illustratorというソフトの
「ライブトレース」でパス化します。↓
手書き文字Illutratorライブトレース
これで、手書き文字のデジタル化が
完成しました。

—————————–
手書き文字を使うときの注意点
—————————–

個性が強いので、目立たせたいところ
例えば、メニューであれば
見出しやオススメのメニューに
使うのが良いかと思います。

書体にもよりますが、
小さなサイズだと読みづらくなったり
するので、

小さな文字は通常のゴシックや明朝にするなど
フォントと組み合わせて使うのが
ベストだと思います。

また、あまり多用しすぎると。
圧迫感を感じたり、雑に見えてしまったり
することがありますが、
要所要所で使うとグンと雰囲気がでるので
ぜひ良ければやってみてくださいませ。
焼肉屋の手書きメニューのデザイン

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインでご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

アピールポイントを導きだすデザインの打合せ

こんにちは。

女性デザイナーの松田です。

今日は、3月11日。
色んなところで報道されていますが、
私にとっても忘れられない日です。

世の中が混乱状態の中、
ご依頼をいただいたお客さんに
助けられながらデザインを
作成していたことを
思い出します。

今日は、東北に想いを向けて
過ごしたいと思います。

——–
さて、先日facebookとブログで
打合せのことを
少し書きましたが、
今まで20年間デザイナーをしてきて
デザインの打合せはお客さんと
直接お会いしてマンツーマンで
お話しをさせていただいてます。

打合せではお客さんとお話しをして
デザインのイメージや方向性を
決めていきます。

デザインのイメージや方向性を決めるために
お客さんの「売り」や「強み」いわゆる
アピールポイント(セールスポイント)」を

見つけないとならないんですね。

アピールポイントといっても、
・フットワークが軽い
・誠心誠意まごころこめた接客
・親切丁寧
・スムーズな対応
・安心、快適
など……

上記のアピールポイントって
仕事していると当たり前に心掛けること
だと思うので…(^^;

アピールポイントと言うには、
ちょっと弱くないですか?

ということで
アピールポイントとはすなわち、
・他とは違う強み
・ここだけは他に負けない自慢できること
になります。

そういったことを打合せで
引き出さないとならないんですね。

このアピールポイントというのは
平凡な会社をいかに非凡にできるか
ということだと思います。

自分でアピールポイントが分かっている
少数派もいらっしゃいますが、
大半の方は自分では自身のアピールポイントを
気づいていない方が多いんですよ。

ご自身が気づいていなくても
私がさまざまな質問をしていくことで、
お客さんの中から出てくるんですね。

余談ですが
たまに、この質問に答えるのを
めんどくさがるタイプ、
とにかく全部おまかせ!
売れるチラシをデザインしてください!
というお客さんが
いらっしゃるのですが…(^^;;

と言われても、
勝手に私が大事なアピールポイントを

作るわけにはいきません。

—————————-
アピールポイントを引き出す質問とは?
—————————-

アピールポイントを引出すデザインの打合せ

それぞれ質問のしかたはあると思いますが
私の場合を書いてみます。

まずは、答えやすい質問から。

●ターゲットのお客さんはどういう方ですか?
 性別、年齢、職業、地域など
●雑誌に例えるとどういう雑誌のイメージが近いですか?
●好きな色やご自分でイメージされる色はありますか?
●こんなデザインはイヤ、こんなデザインはしてほしくない
というデザインはありますか?

●配布方法は?
●社名(店名)の名前の意味は何ですか?
●この道を目指したきっかけは何ですか?

など、雑談を交えながら
大枠のデザインを決めるような質問をしていくと
真っ暗闇の中から少しずつ光りが射してきて
目指す方向が見えてきます。

そして、打ち合わせの場も温まってきた頃に
同業他社と比べて圧倒的に違うところは何ですか?
という質問をするんですね。

みなさん、一瞬、ん!?となられますが
しどろもどろながらも、熱く語っていただけます。

また、質問した私もその熱さに思わず
襟を正して聞き込みます。

また、お客さんが答えを出しやすいように
これはこういうことですか?などと
言葉を少しずつ引き出すお手伝いを
しながら聞いていきます。

そうすると、先述した
誠心誠意まごころ込めた…や
親切丁寧…
などの甘い言葉よりも、もっともっと
具体的で強い言葉、すなわちキラーワード
出てくるんですよ(^^)

平凡な会社やお店だったものが
非凡になる瞬間なんですね。

お話しを聞きながら私も
これを買うなら絶対ここで買いたい!と
思ってしまいます。

デザインを作成するデザイナーが
宣伝するそのものを好きになること、
大ファンになることが
効果の出るデザインを作る
第一歩かと思います。

人それぞれ打合せのやりかたは
あるかと思いますが

参考になれば幸いです(^^)

 

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子
〒112-0013東京都文京区音羽2-11-22-201

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebook:https://www.facebook.com/joseidesign
Youtube:https://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

※このメルマガの感想やリクエストなど
いただけると励みになります。

デザインのご質問やご相談などありましたら、
お気軽にお尋ねください。
ホームページ:http://www.hattool.com/

リーフレットを作成するとき押さえておきたい5つのコツ

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

さて、ハットツールでご依頼の多い
リーフレット。

チラシもリーフレットも同じ1枚の紙ですが
折ることでチラシよりリーフレットの方が
「読む」ことを目的とされているんですね。

なので、瞬時のインパクト重視のチラシより
リーフレットは読ますことを重視した
デザインをしないとなりません。

そこで、オーソドックスなタイプの
二つ折りと巻き三つ折りのリーフレット。

このリーフレットを作成する上で
押さえておきたい5つのコツがあります。↓

1.二つ折り、三つ折りの使い分け

2.右開き、左開きの決まりがある

3.見る順番を考えてデザインする

4.折り目に文字がかかることに気をつける

5.開いた時の遊びを盛り込む

 

それぞれのコツについて詳しく解説してみました。

 


コツ1 二つ折り、三つ折りの使い分け

どちらにするか決めるとき私の場合、
1.配布するシチュエーション
2.掲載する情報の数
の2つを考えます。

1つめは
折ったとき、二つ折りより三つ折りの方が
小さくなりますし、後ろポケットにも
入る大きさになりますよね。

どこかのお店に置いてもらう場合などは
小さい方が場所も取りません。

2つめですが、
リーフレットのデザインは
大概は折目をページの区切りとして
ページごとにレイアウトしていきます。

二つ折りより三つ折りの方が
ページ数が多いため
情報数が多い場合は三つ折りを
オススメします。


コツ2 右開き、左開きは決まりがある

これは、ずばり
中面が「縦書き」か「横書き」
によります。

目線の流れは
縦書き→右から左
横書き→左から右
に流れます。

ということを踏まえ
●縦書きは「右開き」
(右にページをめくっていく)
●横書きは「左開き」
(左にページをめくっていく)


コツ3 見る順番を知ってレイアウトする

人がリーフレットを見る順番を知っておくと
レイアウトがしやすくなります。

二つ折りリーフレットの見る順番

【二つ折り見る順番】

1.表紙→2.裏表紙→3.表紙の裏→4.裏表紙の裏

————-

三つ折りリーフレットの見る順番

【三つ折り見る順番】

1.表紙→2.裏表紙→3.表紙の裏
→4.巻込み面→5裏表紙の裏→6.巻込み面の裏

————-
まずは開かなくていい
表紙と裏表紙を見ます。

そして、
表紙をめくって中を見るという感じです。

理由は表紙と裏表紙を見るのは片手でできますが
表紙をめくるということは
大体の人が両手でおこないますよね。

ページを開くことは
見る人が手間かけている

ということなんですね。

中を開く行動は何気ない仕草ですが、
ここまでが、なかなかハードルが高いんです。

なので、なるべく目立たせたいこと
例えばお問合せの電話番号などは、
表紙に持ってくる方がよいかと思います。

また、中を開いて最後のページを
読んでもらう確率は
表紙に比べてぐっと少なくなりますので
伝えたい情報の優先順位を考えて、
見る順番に合わせて掲載することを
おススメします。


コツ4 文字が折目にかかってしまう場合

折目部分がシワになってしますので、
折目に文字がかかってしまうと
特に本文の小さい文字は
読みにくくなってしまいますよね。

レイアウト上、どうしても
折目に文字がかかってしまうことは
私でもあります。

見出しキャッチコピーなどの大きな文字が
折目にかかった場合は、
折目がシワになっていても読めます。
避けられない場合はそのままにしておきます。

小さな文字の文章の途中で
折目がかかる場合は、下記の写真のように
少し折目部分にスペースを空けて
対処しています。

リーフレットの折目

文字の他にも、
人の顔も折目がかからないよう
した方がいいですね。

やむを得ない場合は、特に目の辺り
折目がかからないように、
ちょっとずらすなど
対処をした方がいいと思います。


コツ5 開いたときの遊びを盛り込む

折ったときの形よりも
もちろん、
開いたときの方が大きくなりますよね。

背景などページをまたいで
見開きでデザインすると
ダイナミックさが出るんです。

全部開いたとき、わっ!とした
驚きが生まれるため
少しは印象に残るのではないでしょうか?

リーフレットのデザイン

ということで、
リーフレットを作成するとき
押さえたいの5つのコツを
お伝えしました。

まだまだ、細かいコツはあるのですが
また折りをみて紹介しますね。

 

週1回デザインのノウハウをメルマガで配信!
メールマガジン【差がつくデザインの技】登録はこちら>>
 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201