差がつくデザインの技メルマガバックナンバー

参考書によって意見が違うセンター揃え

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

この記事を書くために、
様々な基本的なレイアウトの本を
参考に読んでいます。

このブログを読んでいらっしゃる方は、
レイアウトの参考書も読んでいるという方も
多いはずです。

だいたいは、同じことを書いていますが、
本によって意見が分かれて面白いなと思ったのが
「センター(中央)揃え」。

センター揃えは、
「可読性が低い」や「退屈なレイアウト」
などと言われていて、
あまりオススメされていなかったり、

一方では
「優雅」「上品」「格調が高い」など
言われていたり、、、
これって、迷いますよね。

————————
私の場合、センター揃えをするとき
————————

私は20年間ずっとデザイン一筋できて
デザインは学校や本で学ぶというより
現場で先輩デザイナーから学びました。

私の視点からいうと
センター揃えを使うのは
シチュエーションによって
使い分けています。

その使い分けを書いてみますね。

改めてセンター揃えの印象をいうと
堂々とした印象を受けませんか?

すなわち目立つということです。
悪くいえばオーソドックスな
印象ということになってしまいます。

私の場合、センター揃えにする
シチュエーションは、
・表紙
・招待状などの挨拶文
・キャッチコピー
・見出し

完結している文になりますね。
読み込む文章、すなわち長文には使わない
ということになります。

センター揃えのパンフレットの表紙デザイン

センター揃えの名刺デザイン

下は見出しを、左揃えとセンター揃えにした例です。

見出しが左揃えの例

見出しがセンター揃えの例

このような本文が左揃えのレイアウトの場合、
参考書によっては見出しも左揃えの方が目線が流れやすく
読むのがスムーズと書いてあるのですが、
センター揃えの方が、
見出しが目に飛び込んできませんか?

スムーズに読ませたい場合、
見出しに注目してほしい場合などと

そのシチュエーションに応じて
センター揃えを設定した方が
よいのではないでしょうか。

————————
センター揃えで気をつけること
————————

【箇条書きの場合】
箇条書きに関しては
センター揃えだと左端が揃わないので
箇条書きの部分だけ
読みやすい左揃えにしないとなりません。

センター揃えのDMハガキ
センター揃えのポストカードのデザイン

●箇条書きの行がまちまちの場合どうする?

センター揃えの中に箇条書きがきたらどうするか?

一番長い行を基準にしてセンター揃えにすると
まとまります。
この場合、1の行に合わせて
センター揃えにしています。

センター揃えの場合の箇条書きのレイアウト

【三角形になる場合】
下のように行が三角形になってしまう場合

センター揃えで行が三角形になってしまう場合その1

行が三角形になってしまう場合はセンター揃えを回避

なんだかスターウォーズの
オープニングみたいに遠近感が出てしまいます。

不自然な感じがするので
頑張って行の長さをバラけさせてください。

センター揃えの場合、行の長さを注意

先にも書きましたが
私の場合、今のデザイン技術は
先輩デザイナーの技をマネしたり教えてもらったり
実際にデザインの現場から学びました。

デザインの基本の本を読んでみると
作業がきちんと言葉に記されているので
改めて気づかされることがたくさんありますね。

デザインを自分で作っている人がたくさん登録してるメルマガ。只今600名突破!

あなたが作ったデザインを添削します

現場の写真を入れましょう

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.49
『現場の写真を入れましょう』
———————————————–

以前ある男性のクライアントさんの依頼で
チラシを作成しました。

仕事中と店内の写真を
チラシに載せてはどうかと提案しました。

すると、クライアントさんは
「男の私の仕事風景の写真を載せても
色気はないし、絵にならないですよ。
女性スタッフもパートだし、
写真を撮る時間が合わない」
とのこと。。。

また、店内の写真は
「部屋が畳なので、
写真映えしなくて恥ずかしい」
とのこと。。。

……。
実際にお客さんがきたらその畳の部屋に
お通ししているのに
写真に撮られて恥ずかしい部屋って…

なんとか、ご本人の顔写真だけ
いただくことができましたが
結局ほとんどが
かわいらしいイラストになりました。。。

チラシやリーフレット、パンフレットに
掲載する写真。

例えば、
マッサージなどの施述風景の
写真を載せたい場合、
自分で撮るとなると、

事前にお客さんにお願いして
チラシ掲載の了承を得ないとならないし、
カメラマンを同行させるか、
自分でカメラをセットして撮るか…
何かと面倒ですが

だいたいのクライアントさんは
頑張って撮ってこられます。

訪問マッサージリーフレットのデザイン作成

訪問マッサージの現場風景

でもときどき、
クライアントさんから
無料の写真サイトでいい感じの写真が
あるので、それを使うのはどうでしょう?や、
イラストにしてはどうか?
と、ご相談があります。

よほど、
お客さんに頼みにくいなら仕方ないですが
私としては、あまりおすすめできません。

そのようなことを言ってこられる
クライアントさんには
まず何のために、写真を載せるか?というとを
お話しさせていただいています。

それは、
あなたのお店やサービスを
これから利用していただく未来のお客さん
のためなんですよね。

実際に現場で撮られた写真と
無料の写真やイラストとは、
臨場感(リアリティ)が全く違ってきます。

専門学校のパンフレットデザイン

専門学校のパンフレット

また、どのような雰囲気のお店なのか、
またサービスなのかが
イメージが湧きやすく安心感を与え、
「これなら大丈夫そう」と
来店や利用する理由にもなるんです。

美容室の求人パンフレット

美容室の会社案内

本当にお客さんにきていただきたいのなら
まずは未来のお客さんに安心していただくこと。

そのためには自分の恥ずかしさを捨て、
チラシの掲載の了承をいただくために
お客さんに頭を下げて、
全部さらけ出して多くの方に
先に知っていただくことなんです。

中には、
そこまでやらないとダメですか?
と嫌がるクライアントさんも
いらっしゃいます。

今までと何かを変えたい!と思って
うちに依頼をしてこられたはずです。

たくさんの方に知っていただき
お店やサービスを利用してもらうには
時には、自分のプライドを捨てる
勇気も必要になってきます。

その勇気をだして取り組むからこそ
新しい道が開けて
方向性が見えてくるんですよね。

 

メルマガ『差がつくデザインの技』は毎週水曜日昼ごろ配信です。
自分でデザインを作成している方、
デザインに興味がある、もっと勉強したいという方は
こちらから登録してください。
『差がつくデザインの技』メルマガ登録はこちら>><

お客さんを見極めないと販促物が無駄になる

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.48
『お客さんを見極めないと販促物が無駄になる』
———————————————–
こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

10月に入りましたね。
気温も下がってきて秋らしくなりました。

上着を着たりストールを巻いたり
洋服の色もダーク系が多くなり
夏に比べて大人っぽくて
街全体がぐっとオシャレになるので
私は大好きな季節なんです(^^)

気候もいいのでオシャレして
美術館を回ってみたいと思っています。
また、感想をブログやfacebookで
アップしますね!

———————-

さて、
このメルマガの読者は、

デザインに興味がある人や、デザイナーの人、
自分で販促物を作ってみようという事業主が
多いかと思います。

今回は、
『自分のお客さんを見極めないと
せっかくの販促物が無駄になる』

という話です。

例えば、
飲食店の場合、
その日はオムライスが食べたかったとしても、
蕎麦屋のランチがいつもの半額だったら、
予定を変えて蕎麦屋に行く人は多いと思います。

小売業の場合、ユニクロを例に出すと
ヒートテックが特売で300円で売っていたら
衝動的に買ってしまう人も多いと思います。

これって、どちらの例も予定になかったけれど
値段が安いということで買ってしまう。

今まで眠っていた欲求が起きる。
すなわち潜在客だったものが
顕在(いますぐ)客になる。

飲食店や小売業の場合、
このような現象が起きやすいんです。

逆に
値段を下げても欲求が起きない、

眠っている(潜在)客が多いのが
サービス業なんですね。

例えば、
医者、弁護士、美容師、葬儀屋、結婚式場、
学習塾、タクシーの運転手、リフォーム業、
マッサージ業、デザイナー、など………
あげればきりがありません。

サービス業の場合、
飲食業や小売業と違って例え300円でも
ケガや病気にならないと病院に行かないし、
相続などトラブルにならないと弁護士に相談しないし
髪が伸びないと美容室に行かないですし、
肩や腰が痛くならないとマッサージにも行きません。

飲食業や小売業と違い
サービス業のほとんどが、

いざ、その状況に陥らないと
必要とされないんですね。

ということで、
今はその状況でないお客さん(潜在客)
に対して宣伝をおこなうことになります。

————————————–
サービス業の潜在客への宣伝で重要なことは?
————————————–

必要な状況となったときに、
自社・自店を思い出して来てもらえる
ようにすること。

そのためには、広く長く宣伝し続け
ことが大事になってきます。

————————————–
よくあるケース
————————————–

例えば、リフォーム業を1人で開業したとします。
リフォームの仕事を取るために
不動産屋さんに営業に回る予定だとします。

営業時に説明するために必要な、
リーフレット1000枚と名刺500枚を
作成するとします。

————————————–
販促物は営業をフォローする道具になっていますか?
————————————–

例えば、営業範囲の半径15km圏内としたときに
どれほどの不動産屋さんがあるのでしょうか?
また、1人でどれだけの不動産屋さんを
回ることができるのでしょう。

100件も回れるでしょうか?
たとえ回れたとしても
営業圏内に100件もの不動産屋さんに
リーフレットを置いてもらい、
そのほとんどから受注できればいいのですが
実際問題、そううまくはいかないですよね。

なので営業先を個人宅やお店、オフィスなども
視野に入れてもっと増やす必要があります。

でもこれら一件ずつ営業訪問をするとなると
どれだけ話しを聞いてもらえるでしょうか?
必要がなければ話は聞いてもらえませんよね。

なので、
サービスをきっちり説明できる
リーフレットもいいのですが

不特定多数にたびたび宣伝できる
ポスティングチラシ、新聞折込チラシや
ホームページ、看板などで宣伝をして
自社のリフォーム業の存在を
「知ってもらう」ということが
大事になってきます。

————————————–
お客さんの「選択枠」に入る目的で宣伝
————————————–

そこで、広く存在を知ってもらえると
いざ必要になったときに、
お客さんの選択枠の中に入ることができるんです。

販促物は営業をフォローする道具なので
せっかく販促物を作成しても
営業ツールとして、機能しなければ
どんなに説得力のあるリーフレットや名刺でも
効果がありません。

そのため販促物を作るときには
営業方法をお聞きしてアドバイスさせて
いただいています。

とりあえず
名刺を作って営業先で記憶に残してもらう!
リーフレットを作ったら説明できる!
ではなく、

ご自身のビジネスのターゲットとなるお客さんは
顕在客なのか潜在客なのか?

その上でお客さんに対しての営業方法を
まずは見極めてから販促物を作ると
無駄な出費と時間を浪費せずに済むんですね。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

初回に壁があるサービスは「流れ」を書く

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.47
『最初に壁があるサービスは「流れ」を書く』
———————————————–

こんにちは。
女性デザイナーの松田です

シルバーウィークの最終日、
国立博物館でブルガリ展を見たあと
上野動物園に行ってきました。

ブルガリ展はさておき、
動物園になぜ行ったかというと
このイメージポスターが欲しかったんです↓

3万部限定で6月から
園内で無料配布しているのですが
さすがに9月終わりなので
もうないかなぁと思っていたら
まだいっぱいありました(^^)

A4サイズに折りたたんでありますが
広げるとB1サイズ。

三澤遥さんという方がデザインされて
色合いもいいし、
動物園の見どころや豆知識、歴史などが
あって実にいいポスターです。

もらっている人は、全然いませんでしたが、
これを読んでもう一回動物園に行ったら
見方が全然違ってくると思いました。

動物園を
UENO PLANET
とする言葉もいいですね。

まだいっぱいあったので
デザインマニアの方ぜひどうぞ!

————————————–

『初回に壁があるサービスは「流れ」を書く』
というお話です。

初回に壁があるサービスとは
高額だったり、馴染みがないサービス
だったりします。

お客さんの心理としては、
高額だからこそ失敗したくないし、
馴染みがないサービスだからこそ、
どんなものか様子がイメージできず
不安に感じるんですね。

そのために
「お問合せ〜サービスの終了」までの
「サービスの流れ」を載せて
お客さんの不安を解消することを
おすすめします。

初回に壁…
まさにハットツールデザインのサービスも
一番安い名刺デザイン作成が
3万円以上もする高額
&馴染みがない
サービスなんです。

また、お客さんは
販促物を作るのは初めて
という方からの
ご依頼も多く、

そのような初めての方でも、
十万単位のお金をお支払い
いただいてます。

そのような初めての方にも、
安心してサービスを受けてもらうには
どんなサービスであるかを
まず知ってもらうことが最重要になります。

自分では日々の繰り返しの作業なので、
分かりきってることです。

しかし、
お客さんの立場をよく考えてみてください。

例えば
見ず知らずの人やよく分からないサービスに
・高額のお金を支払いますか?
・悩みをさらけ出せます?
・自宅にあげますか?
・密室で二人きりになりますか?
・大事な子供を預けますか?

そう考えると、
少しでも自分のサービスを
知ってもらうことって

とても大事になってきます。

だから
サービスの流れを書くんですね。

ハットツールの場合、
お客さんに安心と信頼をしていただくために
「サービスの流れ」は、
どんなことをするのか
イメージできる
ように書いています。

————————————-
イメージできるサービスの流れを書く3つのコツ
————————————-

1.番号&見出し+詳細
2.写真・イラストを入れる
3.問合せ先・連絡先を近くに明記する

上の画像は、石材店の例で
お墓作りのお問合せから完成までの流れです。

●1.番号&見出し+詳細とは?

(1)お問合せ
お電話、または当社ホームページにて承ります。

(2)ご相談
お客様の想い、ご希望をお聞きして
プランをご紹介します。

というような形式にすると
小見出しだけ見ても流れが分かりますよね。

●2.写真・イラストを入れる

写真やイラストがあると
実際にどのような作業をしているのか
想像がつきやすくなります。

3.問合せ先・連絡先を近くに明記するとは?

お客様がサービスの流れを読んでいただいて
安心&信頼していただいた勢いで
問合せや連絡が欲しいところです。
探さなくてもいいように
しっかり明記
してください。

いかがでしたか?
「サービスの流れ」を書くのは
仕事の全容をお見せするのと同じ
ことになります。

お客さんには先に自分が全てをお見せするのが
安心&信頼していただく一番の近道かと思います。
ぜひ、参考にしてくださいね。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

仕上がった名刺を見てビックリ!裏移り(色移り)の話

今日のお話は
「裏移り(色移り)」の話です。

「裏移り」ってなんぞや?と
お思いになられている方もいるはずです。

例えば、こういうことないですか?

納品された名刺を見て
せっかくデザインも頑張って
紙も手触り感のあるいい紙にしたのに
真っ白いはずの裏面に色がついてしまっている(;;)

また、片面が白いデザイン、
もう片面は濃い色のデザインの名刺を
ケースに入れていたら
白い面に濃い色が擦れてついてしまった。

裏移り(色移り)した名刺

上の写真のように色移りがひどいと
汚れたように見えてしますので
見栄えはガタ落ちです。

——————————–
裏移りの原因とは?
——————————–

いくつか原因があります。

まず1つめは
印刷のインクが乾いていない
いうことがあります。

乾いていない状態で重ねると
上の印刷物の裏面の色が
下に移ってしまいます。

印刷は、刷って終わりでなく
インクを乾燥させる時間も
必要なんですね。

なので、印刷期間があまりに短いと
乾かす時間がなくなり
裏移りする原因になるんですね。

原因の2つめは
濃い色のベタ塗りのデザインで
色がCMYKの数値の合計が250%以上である
ということがあります。
(C=青、M=ピンク、Y=黄色、K=黒)

インクが乾きにくくなりますので
注意が必要になってきます。

原因の3つめが
緑、青系の色であるということ。

これらの色は
CMYKの数値が250%以下でも
裏移りしやすい色なので
ベタのデザインは避ける方が良いです。

先述の裏移りした名刺の場合、
C=75%、Y=5%なのですが
色が青なので裏移りしてしまったのですね。

——————————–
裏移りをできるだけ防ぐためには?
——————————–

1.薄い色のデザインにする
2.裏移りしにくい紙にする
3.濃い色の面にニス加工をする
4.裏移りが目立ちにくいデザインにする

1はインクが濃いと乾きにくいので
薄い色のデザインを心がけます。

2の紙は、光沢があってツルツルの紙ほど
乾きが早いですので
ベタ塗りの多いデザインは
コート紙、ミラーコート紙などを
オススメします。

逆に乾きが遅い紙は、
マットコート紙、上質紙など
テカリがなく手触り感がある紙になります。

3は裏移りしないようにする
ニス加工とはこんな感じです。

裏移り回避のためニス加工をした名刺

上の名刺は、マットコート紙の
名刺にベタ塗り面を裏移り防止のため
ニス加工(青い面)をしています。

ニス加工をしたことにより光沢が出て
裏面とのギャップがおもしろい
デザインの名刺になりました。

4の裏移りが目立ちにくいデザインとは
両面同じ色にしてしまうや
濃い色のベタ塗り部分を少なくするなど
になります。

いかがでしたか?
このような裏移りは完全に防げないのですが
対策をするのは、印刷屋さんではなく
デザインする人の役目になってきます。

デザインでできるだけ防ぐことができますので
知識としてぜひ頭の中に入れておいてくださいね。

女性デザイナーが直接お話をおうかがいします

色移りしないカワイイ名刺をつくるならハットツールにお問い合わせくださいね。

デザインを自分で作っている人がたくさん登録してるメルマガ!

あなたが作ったデザインを添削します

パッと見で何のチラシか分かるようになっていますか?

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

このブログに前も書いておりましたが
チラシを見てその情報が自分にとって
必要かどうかを判断するのは
1秒と言われています。

「必要」と判断されれば
晴れて内容を読んでもらえます。

そのためにまず
やらないとならないことは
その1秒で
何のチラシか分かってもらうこと
が大事になってきます。

——————————————
カギになるのは上部。さらにいうと…
——————————————

チラシを下から見る人って
ほとんどいないですよね。

チラシを見るときの目線は
Z型に流れます。
これは手に取ったときなど
チラシ全体が見えている場合です。

しかし、
チラシの置き方、配られ方によっては
上しか見えない場合もたくさんあります。

例えば、
下のようにチラシラックに置かれた場合
上部しか見えません。

チラシラックに置かれている様子

そう考えるとチラシの上部は
最も重要になってくるんですね。

目安としては上から3分の1以内に
何のチラシであるかを入れることです。

チラシの上部が最重要

これなら、三つ折りにして封筒に入れても
上部だけは見ることができます。

——————————————
どういうことを入れるのか?
——————————————

具体的には当然のことながら
キャッチコピー。
すなわちタイトルです。

何のチラシなのか
このタイトルを見ただけで分かることを
書きます。

コツは
大きく太い字で書くことです。
何よりも目立つことが重要です。

学習塾のチラシデザイン

行政書士のチラシデザイン

タイトルの他は、写真です。

この写真も、何のチラシなのかを
イメージできる写真がいいです。

シャンプーのチラシです。
印象的に髪をサラリとなびかせた女性の
写真を入れています。

シャンプーのチラシデザイン

オーダーカーテン屋さんのチラシです。
上部、3分の1を使って
おしゃれなカーテンの写真を入れています。

オーダーカーテンの写真

水宅配会社のチラシです。
お水は富士山から採水しており
商品名も「富士山の天然水」ということで
富士山の写真を入れています。

宅配水会社のチラシデザイン

写真の場合は、
写真に添えてタイトルも入れる
訴求効果がぐっと高まります。

ということでいかがだったでしょうか?
目線はZ型に動くといっても
チラシの配布方法によっては
上だけしか見えない場合が多々あります。

そのためにも、配布状況を知ることも
重要になってきますので
忘れずに確認してくださいね。

女性デザイナーが直接お話をおうかがいします

ハットツールでは女性目線のチラシを制作しています。ご自身で作るのが難しければハットツールにお気軽にご相談くださいませ。じっくりとご要望をお伺いいたします。

お客さんに伝えるためのチラシを作る3つのコツ

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

下の画像は
ずいぶん前に駅前の美容室が
手配りしていたチラシです。

美容室の手書きチラシ

文字が薄くて読みにくいのですが、
美容室のメニューと料金が
手書きされています。

パッと見て
小見出しの英語、すぐ読めますか?

MENU、Cut、Colorの単語は
馴染みがあるので分かりやすいですが、
その他は、、、ん?と、
一瞬考えませんか?

そして、
書いてあるメニューも(薄いですが)
・ベーシックパーマ(一般的な?パーマ)
・クイックパーマ(早い?部分?パーマ)

「ベーシック」や「クイック」という
単語が示すニュアンスは
なんとなく分かりますが
それが正解かどうか自信がない…

・グレーカラー(白髪染め?)
・ナチュラルカラー
(オーガニックの染め剤を使用?)
も同じです。

—————————————
あやふやさは誤解のもと
—————————————

前に一度「知の呪縛」という
テーマでメルマガ書きました。

「知の呪縛」とは

“自分たちが長い間、携わってきて
それがどんなすごいことでも
意味を知らない人がいることや
知らない状態がどんなものか
うまく想像ができないということ。”

専門用語や専門分野に対する解説を
分かりやすく書くという内容でした。

それと同様に、
ベーシックパーマ、クイックパーマや
グレーカラー、ナチュラルカラー
は、中学校レベルの
単純な英語の組み合わせです。

それぞれが単純な言葉で
日常的によく聞く言葉。

それが故に発信する側は、
おおよそ分かるだろうと
高をくくってしまいます。

これではお客さんが
間違えて認識したり認識のズレ
が生じてしまいませんか。

そうならないためにも
言葉は悪いですが
「お客さんは超初心者=ド素人である」
という認識を持つことが大切です。

なのでお客さんにちゃんと伝えるには
「手取り足取り噛み砕いた言葉で伝える」
という意識が必要になってきます。

—————————————
お客さんに伝えるためのチラシを作る3つの心得
—————————————

●心得その1
お客さんは基本的に文を読みません。

そのためには…
なるべく文字数を少なく
大きい文字で読みやすくすること。

●心得その2
イメージが想像できません。

そのためには…
様子がわかる写真を入れたり、
少しでもあやふやな言葉は省き、
解説を短くいれること。

●心得その3
何をしてほしいか
「オチ」がはっきりわからないと

反応しません。

オチとは?
・注文してもらう
・来店してもらう
・電話やメールをしてもらう
・ホームページをみてもらう
・お店、会社や商品、サービスを
 知ってもらって覚えてもらう

など、チラシを読んだ人に
どのような行動を起こしてほしいか
ということです。

そのためには…
●注文してもらう
 →注文はこちら!と目立つように
●来店してもらう
 →地図を大きく書く
●電話やメールをしてもらう
 →番号やメアドを大きく目立つように
●ホームページをみてもらう
 →手間を省くため検索窓やQRコードを書く
●お店、会社や商品、サービスを知ってもらって覚えてもらう
 →社名、商品名などをしっかり書く

この3つの心得をまとめると
小学3年生でも分かるようなチラシ
という意識で作成してみることを
おすすめします。

女性デザイナーが直接お話をおうかがいしてデザインをお作りします

ハットツールでは女性目線のチラシを制作しています。ご自身で作るのが難しければお気軽にご相談くださいませ。

チラシのターゲットはお客さんと◯◯◯◯

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.43
『チラシのターゲットはお客さんと◯◯◯◯』
———————————————–

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

9月に入りましたね。

9月といえば「お月見」があると思うのですが
スーパーに早速、
10月のハロウィンのお菓子が売っていました。

日本では、仮装パーティーなどのイベントが催され
年々派手になっていますね。
昨年の渋谷では仮装した若者が
街に溢れかえっていてすごかったです。

日本での市場規模は1000億ともいわれていて
バレンタインデーを上回る勢いがあるとのこと。

アメリカでは、クリスマスやイースターの次に
ハロウィンが活性化していて
推定消費額は8000億円。

ハロウィンパーティーといえば
顔にペイントして仮装したり
どちらかといえば私は苦手なのですが、、、

日本はアメリカの8年遅れで
ビジネスの流れがやってきます。

ということを考えれば、私の苦手意識に反して、
ハロウィンは今よりも
もっとビッグイベントになるでしょうね。

———————————–

さて、チラシは自社や自店の商品やサービスなどの
良さをアピールするものです。

チラシの内容に興味がないと、
すぐに捨てられてしまいます。

以前に
「チラシはすぐに捨てられる。
ゴミを作っているのと一緒」と
厳しいことを言われたことがあります(・・;;

こういったことから「チラシ」に対して
「軽薄・安っぽい」というメージを
持っている人は多いはずです。

昔、演劇のチラシデザインを作っていたときに
師匠からこんなことを言われたことがありました。

「このチラシの本来の目的は
お芝居に興味を持ってもらって
劇場に足を運んでもらうこと。

しかし、
今、一生懸命お芝居の稽古をしている
役者やそのスタッフがこれを見たときに
どう思うだろう?

かっこいいデザインだと、
テンションも上がるし、俄然やる気になるし、
このチラシのデザインにふさわしい
芝居を作り上げようとか、

この芝居に出ている一員であるという
誇りとかプライドとか出てくるだろう。

そういう意味で、
チラシには芝居を作っている人たちを
率いることができる。」

と言われました。

この言葉を師匠に言われたとき、
はっとしました。

演劇だけでなく会社やお店のチラシでも
同じことが言えると思います。

チラシの目的はお客さんに
良さをアピールするものですが
内部スタッフに対しても
思いを伝えることができるものなんです。

お客さんにアピールするのは当然の目的ですが
「スタッフにも伝える」という視点を少し加えて
作成してみてはいかがでしょうか?

——————————————–
スタッフにも伝えるとは?
——————————————–

例えば、
美容室の新規オープンのチラシだったら
何を載せますか?

オープン日、お店の場所、連絡先、営業時間、料金、
お得なクーポン、お店の内装など。

もちろん、これらの情報がないと、
お客さんに来店していただけないですよね。
これらは、載せないとならない必須情報になります。

しかし、それでは
他の美容室と代わり映えしないですよね。

お客さんがお店に来てどうなってほしいかというと
「昨日よりもきれいになって喜んでほしい」
などありますよね。

伝えるべきなのはこの「想い」ではないでしょうか?

この「思い」は
お客さんへのメッセージであると同時に
スタッフにも共有してほしい「想い」
なりませんか?

——————————————–
「想い」を伝える際に注意すること。
——————————————–

チラシはスペースが限られています。

想いを文章にしてしまったばかりに
長文になってしまっては本末転倒です。

チラシの本来の目的(集客など)の
邪魔をしないように
端的にまとめることが大事になってきます。

私たちデザイナーは、
クライアントからチラシのデザインを依頼されます。

チラシを作成する際には
依頼されたクライアントとそのお客さんの
どちらにも喜んでもらうような視点で
チラシを作成しています。

会社やお店の商品やサービスのチラシを
ご自身で作成する場合、
「スタッフにも伝える」という視点を少し加えて
スタッフの指標となるような
チラシを作成してみてください。

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

チラシに「よくある質問」を入れてますか?

こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

ホームページではよく載ってる
「よくある質問」ですが
チラシではスペースが限られているので
省略されることが多いんです。

でもハットツールデザインでは
チラシでもお客さんの疑問を解決して
安心して来店したり、
商品やサービスを買ってもらうために

「よくある質問」を載せることを
オススメしているんです。

しかし、なかには
売り出す前だったり、新規オープンで
お客さんがまだいないので
質問がない方もいます。

実際にお客さんからの質問がなければ、
同業他社を参考にしてもいいので
「一般的によくある質問」として
自分で考えてもいいと思います。

それでも質問が分からないという方、
お客さんの目線で自分のサービスや商品を
見れていないのではないでしょうか?

お客さんはお店や商品、サービスに
少なからず疑問があるものです。
それを念頭に置いて
今一度考えてみてください。

———————————————–
「よくある質問」を載せる3つのメリット
———————————————–

先にも書きましたが、
「よくある質問」を載せるメリットは
お客さんの不安を解消し安心して
買ってもらうだけではありません。

まず1つめは
スタッフが同じような質問に答えなくてもよい。

これはスタッフにとってもお客さんにとっても
時間の節約になりますね。

2つめは
お客さんの理解度が深まり、
より深い質問ができる。

よくある質問があることでお客さんは
初期段階の疑問は解決できているため
お店や商品、サービスに対しての
理解度が深まるわけですね。

3つめは
インターネットで検索される前に
お客さんの選択枠に入ること。

最近はインターネットで情報を
探す人が多くなりました。

インターネットで検索したときに
どれほどのライバルがヒットするでしょうか?
1ページめに表示されるため、
お金と時間をかけて
どこもしのぎを削っています。

その中から、お客さんに
自分のお店や商品、サービスを
選んでもらうことは至難の技です。

その点チラシは不特定多数に即効性のある
宣伝ができることが利点です。

その利点を活かして
インターネットで検索をされる前に
選んでもらうために
お客さんの選択枠という
「土俵に上がる」必要があります。

そのためにはチラシを見たお客さんの
疑問を解消し安心感を与えて
信頼を得ることが必要になってくるんですね。

———————————————–
「よくある質問」の書き方の4つのポイント
———————————————–

1.質問をはじめに書いてそれに答える形式で書く
2.業界用語を使わず初心者に分かるように書く
3.YES・Noだけでなく、その理由も書く
4.チラシに載せるには制限があるので
 2〜4つ程度載せる

よくある質問のサンプル

いかがでしたか?

「よくある質問」は「お客様の声」と同様に
チラシの場合は、スペースの関係で
省略される場合が多いんですが、

お客さんの不安を解消して信頼を得るため、
またお客さんの選択枠に入るために
「よくある質問」を載せることが
役立つはずです。

女性デザイナーが直接お話をおうかがいします

ハットツールでは女性目線のチラシを制作しています。ご自身で作るのが難しければ、ハットツールにお気軽にご相談くださいませ。

秋を取り入れたデザインのコツ

-----------------------------------------------
【差がつくデザインの技】vol.41
『秋を取り入れたデザインのコツ』
-----------------------------------------------
こんにちは。
女性デザイナーの松田です。

お盆も明けましたが、
皆さん、お休みのお疲れは出ていませんか?

先週、年賀状や来年のカレンダーなどの
打ち合わせに行ってきました。

猛烈な暑さで汗をかいて会議室に入ったため
はじめは年末のことなんて
とんと実感は湧きませんが話すうちに
少しずつ実感が湧いてくるもんですね。

----------------------

さて、お盆に近づくとTVのCMも
秋めいたものが多くなりますね。

そういえば、昨年の8月末は
長袖を着るほど寒くなり、
例年のような、うだるような残暑がなく、
そのまま秋に突入しました。

ユニクロでは、例年だと
8月2週〜3週めに秋物を出すとのことですが
今シーズンはそれよりも早く8月初旬から
秋物を並べているようです。

暑くても、
売れ筋のヒートテックやウルトラダウンから
ポツポツ売れていくみたいですよ。

このように、
大手が秋に向けて動いているのをみると、
もう動き出したほうがよいのではないでしょうか。

また、前にも書きましたが、
季節を取り入れたデザインは
反応率が上がることもあり、これから向かえる
秋の雰囲気を取り入れることをオススメします。

-----------------------------------------------
デザインに秋を取り入れるには?
-----------------------------------------------

秋を取り入れたデザインにするには、
1.「色」で秋のイメージを出す
2.秋を感じさせるイラストや写真を入れる

-----------------------------------------------
1.「色」で秋のイメージを出すとは?
-----------------------------------------------

「秋」というと、
お祭りのようにエネルギッシュな夏が終わり
ひと段落した季節
落ち着いたイメージがありませんか。

気温も寒くなるので温かみを感じるように
暖色系が多くなり濃いめの配色です。

秋の配色

とくに赤・茶・オレンジの組み合わせは
雰囲気がぐっと秋っぽくなります。

秋の配色2

キャッチコピーや、小見出しの帯、背景色などに
あしらうとよいかと思います。

下の実例は、秋色を配色したデザインです。

秋の配色をしたリーフレット

秋の配色をしたリーフレット2

-----------------------------------------------
2.秋を感じさせるイラストや写真を入れる
-----------------------------------------------

秋といえば、お月見、ハロウィンなどの
イベントがありますね。

その他、紅葉、きのこ、ススキなど
秋をイメージさせるアイテムがあります。

それらのイラストや写真を
アクセントとしてデザインに組み込むのも
分かりやすくてオススメです。

秋のイラストをあしらったデザイン

これらの素材は、
本屋さんに売っているCD素材集や
インターネットから入手することができます。

インターネットの場合は、
無料でダウンロードできるサイトがあり、
その上クオリティーの高いものが
たくさんあります。

「写真 無料」や「イラスト 無料」などの
キーワードを入れて検索してみてください。

-----------------------------------------------
無料の素材を使うときの注意点
-----------------------------------------------

最近、デザイン素材の無断盗用が
ニュースになっていますね。

「無料で使用可能」とは書いてあっても
チラシやパンフレットなどに使うのであれば
商用利用がOKなものに限ります。

書いてないものは、
使用NGと思ったほうがよいです。

基本的には
著作権はその物を作った人にあります
その素材をデザインに使う場合には
利用規約を読み、

商用利用のOKなものを
しっかり見極めて使うことが
あとあとトラブルを引き起こさないためにも
必要になってきますよ。

 

**********************************
メールマガジン【差がつくデザインの技】
発行者:ハットツールデザイン 松田ゆう子

ホームページ:http://www.hattool.com/
ブログ:http://www.hattool.com/design-hint/wp/
Facebookhttps://www.facebook.com/joseidesign
Youtubehttps://www.youtube.com/user/HatToolDesign/

このようなメルマガを週1回水曜日に配信しています。
デザインのことをもっと知りたい、
勉強したいという人は
下記から登録してください。
水曜のお昼頃配信予定です。

* メールアドレス:
* 名前:

 

 

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201