デザインのうちあけ話し最新記事

打ち合わせの話

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

 

あっというまに11月下旬突入です。

先週から毎日続いていた打ち合わせが、ようやく一区切り。

怒涛のデザイン制作週間に突入です。

 

打ち合わせをしていると1時間はすぐ経ってしまいます。

ど素人の私が、お客様のお仕事を理解しようといろいろ質問することによって

嬉しいことにお客様が自分自身で新たに気づくことがあると言っていただいています。

 

おそらく、私は頭の中にイメージを沸かせたいんですが、

それには核になるような強い言葉が必要になってきます。

強い言葉が出てくるのには深い思いや熱い思いがないと出てこないんですね。

 

これって、心の奥底みたいな部分から出ることが多くて、

それを引っ張りだすために様々な質問を投げかけます。

 

するとお客様自身から、言葉が出てくるんですよね。

それがご自身でも気づきになるんだと思います。

少しカウンセリングに似てるところはあるんではないでしょうかね。

気づかれたことが、ご自身の強みになってそれを軸に伸びていかれます。

 

たくさん打ち合わせをしたので、いろんな言葉が出てきました。

たくさんの言葉を集めて、イメージにつなげてこれから制作タイムです。

さぁ、頑張りますー!

 

更新日:2017年11月21日

皇居 和田倉門の紅葉

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日は、先日結婚したハワイに住んでいる従姉妹が

新婚旅行で東京にきました。

 

つい、1週間ほど前に母と妹が結婚式にハワイに行ったばかり。

こんなにすぐまた日本に来るとは…

 

子供の頃、ハワイへ従姉妹が帰っていくときは

いつも涙涙のお別れで、今度いつ会えるかなぁなんて思っていたのですが、

大人になってからは、ほんと気軽に行き来できるようになりました。

そう考えると感慨深いものがあります。

 

従姉妹夫婦は、この後、祖父母の故郷である島根県に行って

自分のルーツを旦那さんに見せるそうです。

島根の親戚連中がパーティーの準備しているみたいです。

なんだかいいもんですね(^^)

 

そうそう何年か前にハワイに行ったとき美術館に行ったのですが、

ハワイのアーティストによる自分のルーツ展をやっていました。

 

そのとき、作品をぼんやり眺めながら

移民した人たちがそれぞれ遠い祖国を懐かしみながら頑張って開拓し、

その祖国を想う気持ちが子孫に受け繋がれていて

自分のルーツを大切にするようになってるんだなぁと思いました。

 

従姉妹も移民が多いハワイならではの、

そういう気持ちを持っているんでしょうね。

 

東京駅で従姉妹夫婦を見送ったあと、皇居の紅葉がとっても綺麗だったので

しばし見てきました。

IMG_4953

IMG_4954

更新日:2017年11月20日

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

思わずポチってしもた…大人の科学マガジン

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

facebookを見ていたらこんな情報が回ってきました。

学研の大人の科学のふろくが小さな活版印刷機とのこと↓

2017-11-18

 

欲しすぎる!3780円で買えるなんて!

大急ぎでアマゾンをみたら、予約すら受け付けてくれなかったので

楽天ブックスで予約しました。よかったー!

 

学研の科学を読むのは、ほんと久しぶり。

小学生のころ、祖母が学習と科学を毎月頼んでくれていたなぁ〜と

思い出しました。なんだか懐かしいです。

 

12月15日発売とのことなので、今から楽しみです〜。

 

更新日:2017年11月18日

メガネを変えました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日メガネを新しく変えました。

IMG_4938

ホームページに出ている写真は四角のフレームですが、

それよりも丸いタイプのものにしました。

少しばかり上品な印象になっているかな〜と思います(笑)

 

今回、虎ノ門にある西島眼鏡店で購入したのですが、

フレームの調整を丹念にしていただき、

顔にフィットした眼鏡はいいですね。

 

私は眼鏡は量販店でしか買ったことがなかったので

ずれ落ちるのが当たり前、痛くなるのが当たり前と思っていたのですが、

そうじゃないんですね。

 

あと、今までよりも少し遠くを見えるレンズにしてもらったので

パソコンをやスマホを見る際に前かがみが少なくなるかなと思います。

 

ということで、毎日身につけるものなので、ストレスがないのが当たり前。

また商売道具の目なので、もっと大事にしようと思いました。

 

更新日:2017年11月16日

護国寺の紅葉

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先週末、事務所の近くの護国寺の前を通ると

真っ赤な落ち葉を拾いました。

それを見て思いたって護国寺境内をぶらりと散策することに。

 

境内はまだそんなに色づいていませんが

ところどころ目を見張るような

色あざやかに紅葉している木があります。

171114

青空と黄色&赤のコンビネーションが実にきれいで、

うっとり見とれてしまいました。

 

この日は、休日出勤だったのですが、

お陰でいいものが見れました。

 

でも、自然の営みでこれほど鮮やかな色が出せるのって

すごいですねえ。

更新日:2017年11月14日

同級生はいいもんです

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日はプチ同窓会に行ってきました。

広島から出張できた同級生にお土産を渡すと、

えらく喜んで、今度牡蠣を送ってくれるそうです!

ぐふふふ… 日本酒と牡蠣で決まりだな…

 

昨日集まった同級生の男子Aが、

「俺ら中学校のころ喧嘩してたよな?」と男子Bに話していました。

男子Bは「そやったっけ?俺、全然覚えてない…」とのこと。

 

何十年も経てば、全くわだかまりもなく喧嘩したことなんて

関係なくなってるんですよね。しかも片方は忘れてるし…

そんなもんなんですよね。

お互い楽しくお酒を飲んで、ワイワイ話していました。

 

中学校の頃は、学校と家の世界しかありませんでしたが

大人になってくると、いろんなつながりができて世界が広がります。

 

私は中学校の頃は勉強がイマイチできなかったので

中学校はあまりいい思い出はありません。

それでもこうやって幹事なんか任されて同級生と再会できるは

私も含め、同級生たちみんなの世界が広がったんだなと思いました。

 

大人なんてなりたくない!なんていう人もいますが、

私は絶対大人のほうがいいぜ!面白いぜ!と思っています。

更新日:2017年11月11日

プチ同窓会、お店を選ぶ基準

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日は、小中学校の同級生が出張で上京してきたので

プチ同窓会があります。

 

私は幹事なのでお店を決めたのですが、

決めた当時はお肉が食べたかったのでお肉が美味しそうなお店にしました。

 

しかし、昨日、うっかり焼肉を食べてしまい、

二日連続でお肉です(笑)

 

まぁ、私個人のことなので、どっちでもいいのですが、

同窓会ともなるとお店選びは重要になってきますね。

私がお店を選んだ基準は

・カジュアルな雰囲気

・店内がオシャレ

・予算(5,000円くらい)

・ある程度美味しい

この4つを重要視しています。

中でも、今回は地方から上京してくるので

少し東京ぽいオシャレな雰囲気を出したほうがいいかなぁと

思ったので、店内がオシャレというのはポイント高いですね。

 

でもオシャレすぎても同窓会なので会話が弾まないとなりません。

ある程度のカジュアルさも必要かと思いました。

 

ということで、ワインバルにしました。

 

今回、上京してくる同級生は、

小学校6年生のころ隣の席でして

テストのとき答案をこっそり見せてもらったりしてました(笑)

なんとも懐かしい思い出です。

 

何十年経ってもつながっていて、こうやって再会するとは。

面白いなぁと思いますね。

 

幹事は面倒くさいと思いながらも

近くの和菓子屋さんでお土産を買って

二次会に行くためのバーの目星もつけて

なんだかんだで、気がきくでしょ(笑)

 

これでテストの仮は返したかしら。

更新日:2017年11月10日

スニーカーをリペアしてみた

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

10年以上前に購入したニューバランスのスニーカーを

2ヶ月ほど前にリペアサービスに出したのですが、

昨日、戻ってきました。

171109

ソールとかかとのクッションをリペアしました。

リペアだけでも14,000円と結構いい値段。。。

 

でもニューバランスのリペアサービスは上位モデルだけなので

せっかくなのでお願いしたしだいです。

 

そうそうこのスニーカーは代官山のショップで売られていて

奮発して買ったのを覚えています。

当時、月1で沖縄出張に行っていたのでこれを履いていってました。

こうやって戻ってくると愛着がさらに湧きますね。

 

前に誰かが「ニューバランスはスニーカー界のロールスロイスやで〜」ってことを

言っていたのですが、10年以上経ってもこうやってまだ履けるし

デザインも劣化してないので確かにそうかもしれませんね。

 

へたっていたソールもしっかり分厚くなったので、

私の身長も1.5cmほど高くなります。

シークレットブーツみたいですね(笑)

 

これからまた、10年履き続けたいです。

更新日:2017年11月09日

デザインのクオリティーは考えている時間と比例する

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日は、さまざまな案件を全て打ち返すことができました。

ふぅ〜、昨日からすざましかった。

 

ギリギリまで粘って考えて、

いいのが提案できたのではないかと思います。

 

デザイン案のクオリティは

「腰を据えて考える時間」と比例しているのかなと思うんです。

 

なので、ポンと天から降ってわいたように

アイデアをひらめいたりはないと

私は思っているんですがどうでしょう。

 

ということで、今はほっこり。

早く店じまいして帰ることにします。

更新日:2017年11月07日

父の仕事

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

母と妹が従姉妹の結婚式に出席するために

今週ハワイに行きます。

その際に着る母の着物を見せてもらいました。

IMG_4882

これ、祖母のために京友禅師だった父が描いた着物なんです。

父が描いた着物はあまり手元に残っているのはないのですが、

今回初めて見た着物です。

 

扇の中に、東海道五十三次をイメージした絵や、

地色もゴールドに染められていて実に華やか。

 

絵の色は私的に違和感がない色の組み合わせで

とてもしっくりくるんです。

また、キーカラーもうまく取り入れられていて、

そこに目線が留まります。

 

いろんな方の友禅を見ていると、どぎつい配色だったり、

ごちゃっとた散漫な配色ということもあるんです。

がしかし、

父が描く友禅の配色には違和感がないし、

色がいいなと思うのは

色を選ぶセンスを受け継いでいるのかなと思います。

 

何十年も前のものを着る。

母から娘へと受け継いだものを着るというのは

着物ならではです。

 

父が京友禅師だったのですが、私は着物のことは何にも知りません。

 

でもこのあいだから、ビジネスの勉強会で着物屋さんに行ったり、

今回のように父が描いた着物を見たりと

着物をもう少し知ってもいいかなと思うようになりました。

 

というか、おい、そろそろ勉強しろよ

と暗に言われているのかもしれませんね。

更新日:2017年11月06日

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201