作る前に読んで欲しいデザイン術最新記事

思い込みだけで作るデザインのズレ

先日、医療関係の商品をクリニックに卸している会社へリーフレット作成の打ち合わせに行ってきました。

リーフレットの内容は、ある医療機器を紹介するもので、クリニックの受付に置いて患者に持ち帰ってもらうことを想定しています。ここでは、医療機器の名前は伏せておきます。

機器自体値段は診療費込みで10〜15万円。値段だけ聞くと、気軽に試すような商品ではないので、使ってもらうには覚悟が要る商品だと言えるでしょう。

担当者ご自身がワードで作ったデザインサンプルを見せながら、アイデアの提案も示されました。

 

イラストで分かりやすく「診察から機器を使用するまでの流れ」を説明すること。競合他社の同じ商品のリーフレットは有名なキャラクターを使って20代の若者にアピールしているので、それに対抗し、当社も若者に受け入れてもらえるようなスマホ画面をイメージしてアイコンなどを入れてかわいくすること。

イラストを使って流れを説明することもかわいく見せることも、どちらもよいアイデアです。

しかし、若者に受け入れてもらうためにスマホ画面をイメージするというのは、「若者はスマホが好き」という単純なイメージが一人歩きしてしまい、「誰に」「なぜ」「今、必要なのか」など、販促のためのデザインをする上で重要なことが考えられていないようです。少し説得力が弱いでしょう。

値段も安くはなく、先行している競合と足並みを揃えて若者全体をターゲットにするのもどうかと思います。

これらを正直にお話しし、「若者=スマホ」という方向性はなくなりました。

このように、個人の思い込みでデザインを作ってしまうと、どこか消費者との間にズレが生じてしまうと思うのは私だけでしょうか。

以前、沖縄の弁当屋のロゴをデザインした人が制作過程を説明していた記事を読みました。

デザイナーは、事前に電話で打ち合わせしたものの、「沖縄=ゴーヤー」という自分のイメージでゴーヤーをアレンジしたロゴを提案すると、却下されてしまったとのこと。

その後、沖縄まで出向き、再度打ち合わせで方向性を擦り合わせ、ロゴを作り直すと、とても気に入ってもらえたという内容です。

結果として、気に入ってもらえたので問題ないのですが、自分だけの単純な思い込みで作ったデザインを提案していることに驚きました。

これはプロのデザイナーとしてはいただけません。

「デザインしたもの」も大事ですが、なぜそのデザインなのかという、誰もが納得できる理由もデザイン同様、大切です。

理由を考え、踏まえた上で、まとめて、具体的なイメージを作り上げていくのがデザイナーなので、大変な仕事。

とはいえ、その作り上げたイメージがぴったりはまったときのお客様の喜ぶ様子を見ると、これまでの苦労を忘れてしまいます。

それが、デザイナーという職業のおもしろい点だと思います。

 

シンプルなデザインは上級者向け?

「デザインはシンプルが一番美しい」という方は多いと思います。私もそう思っています。

かつて、真っ白な背景に写真1枚と黒文字の1行の文章が余白を活かしてレイアウトされたシンプルなデザインを見て、「きれいだな〜」と思い、何度か真似をしたことがありました。

しかし、実際はなかなか同じようには上手くいきません。

スカスカで物足りなく見えたり、手抜きに見えたり、なんだか、まとまらずに弱々しい感じ。

皆さんも同じような経験はありませんか?

思い切って白背景を諦めて、背景をベージュに変更したり、テクスチャーを背景にすると、「急にデザイン全体がまとまった!」などということは、私はよくあります。

背景に色を着け、文字を囲み、文字に色を着け、装飾を加えていくと、ますますデザインがまとまりました。

そうこうしているうちに、どんどんシンプル路線ではなくなっていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンプルなデザインは条件が揃っている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、ホームページのテンプレートを自分なりにアレンジしていました。

見本は、北欧家具屋をイメージしたテンプレートでとてもシンプルでおしゃれ。

使われている写真は北欧家具や北欧の自然の風景。数年前に行ったフィンランドを思い出し、うっとりするほど。

トップページには、その写真の上にキャッチコピーが2行、すっと入っています。

そのテンプレートと同じレイアウトで、写真を入れ替えて、キャッチコピーの文章を3行にすると、まったくおしゃれではなく、中途半端なデザインになってしまいました。

この作業でよくわかったことは、シンプルなデザインというものは、デザインに合う写真であったり、文字数や行数が合うなどの「条件」が揃わなければ、なかなか難しいと思いました。

余白を活かすようなシンプルなデザインは上級者向けと言われていますが、デザインのテクニックだけでなく、条件が揃ったからこそできるものなのだと思いました。

 

キーカラーの選び方の決め手

先日、メルマガの読者のTさんから「デザインを作る際、例えばチラシで「この色にしよう!」という自分の中でGOサインを出すポイントを伺えたらうれしいです」という「キーカラー選びの決め手」について質問をいただきました。

まずは、手っ取り早くお客様の希望の色を聞きます。

希望があればその色で進めますが、ない場合はどうするか。

まず、デザインを作成するときに大体の方はレイアウトをしながら、見出しや飾り枠などに着色していくことが多いかと思います。

その際に、初めから「この色!」という確信的な考えはなく、「とりあえずこの色で進めてみよう」とゆるやかに進めています。

ある若い男性議員のチラシを作っていたときのこと。

いただいた写真では、ピンクのネクタイをしていたのでやさしそうに見えるやわらかな同系色のピンクを見出しや飾り枠などに着色し、キーカラーにしました。

半分ぐらいレイアウトができて全体を見てみると、思ったよりも女性っぽくなってしまい、まるで、女性議員のチラシのよう。

想像していたイメージとは違ったので、初夏に配布されることを考慮して爽やかな水色に変更したのでした。

このように、初めに思った色とは違う色に変更することも、よくあること。

———————————————

カラーを選ぶヒントは必ずある

———————————————

どのような色をキーカラーにすればいいのか迷ってしまったとき、私の場合はお客様やその業種、商品のイメージと「色が持つイメージ」をつなぎ合わせます。

例えば、

・高級感、エレガンス、ゴージャス、エグゼクティブ

・ポップ、カジュアル、アクティブ、若さ

・商品のイメージカラー

・クライアントのイメージカラー(コーポレートカラー)

・クライアントの業界をイメージする色

・ターゲットの性別

・商品、サービスの名前

以上のようなことから、色を連想して絞り込んでいます。

そのほかに、先述した

・写真やイラストの色

・店の内装の色

に合わせてキーカラーにすることもあります。

キーカラーに選ぶ理由は、意外と単純で簡単。

——————————————–

選んだ理由を話せるように

——————————————–

意外に重要な点は、お客様に「なぜこの色なのか」を質問されたときに、しっかり理由を説明できること。

選んだ理由は単純ですが、思いつきではなく、理由を言葉にして話すことで大抵のお客様は納得されます。

お客様に納得していただくには、制作しながら、自分自身もこの色がキーカラーだと納得し、徐々に確信に変わっていく必要があります。

ただ、選んだ理由を説明したからとはいえ、その理由が「社会通念」から外れていると納得はしてもらい難いでしょう。

「社会通念」とは、大多数の人が暗黙の了解で「当たり前」と思っていること。

例えば、「温かみのある色」と聞けば、大多数がオレンジや赤、茶をイメージし、青や白とイメージしてしまう人は少数派になるでしょう。

まずは、キーカラー選びに悩まないためにも、色そのものが持つイメージを把握することが基本です。

色のイメージを参考にしてください。

キーワードの選び方

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag