差がつくデザインの技メルマガバックナンバー

クリーニング店の新規オープンチラシデザインの実例

クリーニング店の新規オープンのチラシを作成しましたのでYOUTUBE動画でデザインを解説しています。

こちらをご覧ください。↓

ご覧になれない方は文章でまとめました。


—————
「新規オープン」で配られるチラシは

お店のスタートを左右するとても重要なチラシです。

 

だからこそ、「新規オープンした!」ということを大きく

大々的に文字を載せています。(日付も重要なのでその横にスタンプ風に記載)

 

また、「なんのお店がオープンしたのか?」ということが、

新規オープンの文字を読むことで暗にクリーニング店であることを

認識していただくために、写真を背景に載せています。

 

また、このチラシは一般的なクリーニング店(石油を使ってクリーニングする)のではなく

「水洗い専門」のクリーニング店です。

 

「水洗い」ということで、キーカラーは水色を基本色としてデザインを作成しました。

 

ポイントとしては、

一般的なクリーニング店でないため、お店の想いを長めの文章で記載しています。

「チラシは文字が少なめが良い」と一般的に言われていますが、

一般的なクリーニング店でないため、文章が短くしたせいで

本意が理解されなければ本末転倒です。

そのようなこともあり、敢えて長めの文章を入れて想いを伝えるようにしています。

 

・チラシデザインの作成について

・チラシのデザイン実績

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

中華料理店のカジュアルなメニューデザインの実例を解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

中華料理店のメニューのデザインを作成しましたので

実例を見ながらデザインの解説をしています。

動画をご覧になれない方は、

こちらをどうぞ↓

 

このメニューの形状

A4サイズのファイルタイプのクリアメニューブックに入れる用なので

なので片面カラーの仕様になっています。

 

この中華料理店の方との打ち合わせで

親子二代で30年間お店を営んでおられるとお聞きしました。

 

親子二代、その地で30年間お店を営み続けるのは

だれにもマネができませんし、強みだと思います。

ということもあり、1ページ目にそのことをさらりと文章にして記載しました。

 

中面について…

注意しなかればならなかったのが

中華料理の特性でもある「メニュー数が多い」ことによって

デザインが、ごちゃっとしてしまうこと。

 

メニュー全体を通して、レイアウトは極力、見やすいように

ごちゃごちゃ感と、文字量が多いことによる「圧迫感」を与えないように

行間を広めにゆったりとして文字を配置。

 

また、料理の写真や「オススメ」といったアイコンを入れることで、

注文メニューを少しは誘導できているかと思います。

 

さらに、辛めの料理には「辛」アイコンを入れて

お客様のクレームを抑えるようにしています。

 

そのほか、写真の載せ方や小見出しの付け方で、

一品料理と麺飯などとの雰囲気の違うようにしております。

 

様々な工夫が詰まった中華料理店のメニューの作成事例でした。

 

・メニューのデザイン実績

・メニューデザインの作成について

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

女性向け二つ折りカタログ ライティングミラー(女優鏡)カタログのデザインの実例を解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

女性向けの二つ折りカタログのデザイン、ライティングミラー(女優鏡)カタログの実例を解説します。

—————————

動画をご覧になられないかたは

下記をお読みください。

形状は正方形(CDジャケットサイズ)の二つ折りです。

比較的サイズは小さめですが、

これは商品の横に置かれるので邪魔にならないように

あえて小さめのサイズになっています。

女性向け二つ折りカタログデザインを解説

ところで「ライティングミラー(女優鏡)」という

商品をご存知でしょうか?

 

鏡の周りにライトがついていて

お化粧をするときにとても便利なんです。

ちなみに、家電量販店のドライヤーなど女性向けの

生活製品の売り場に置かれる商品になります。

 

女性向けの商品ということもあり、

表紙にはやはり女性が好きな色、また女性=ピンクという

認識を利用して「ピンク」をあしらっています。

 

このことで、パッと見たときに女性向けの商品であること、

さらに男性が女性へのプレゼントととして

選択枠に入れてもらえることを狙っています。

 

中面を開くと、2種類の商品が比較検討しやすいように

レイアウトしました。

背景にはそれぞれの商品の色をあしらっています。

 

裏面には、もう少し詳細なスペックが比較できるような

表を掲載。

 

このカタログの全体的なポイントとしては、

同じ機能をもつ同じメーカーの商品ですが、

商品のデザインが対照的なものを

同1枚のカタログにどうまとめるか?

 

商品のイメージを保ち差をつけながら

1枚にまとめる。

デザインの工夫のしどころだと思います。

 

・折りパンフレットのデザイン実績

・折りパンフレットデザインの作成について

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

 

焼き鳥店の和風なメニューデザインの実例を解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

こちらで焼き鳥店の和風テイストのメニューデザインの実例を

解説しています。

 

動画をご覧いただけない方は、

こちらの文章で。


焼き鳥店の和風なメニューデザイン

サイズはB4サイズの表裏カラー。

仕様は、両面パウチ加工のメニューのデザインです。

 

焼き鳥はジャンルとして和食のジャンルということと、

お店の雰囲気が「和」ということですので

背景に和紙を引いて「和風」の雰囲気を出しています。

 

また、お客さんの層が若い方や外国人が多いということで、

和の中にも、見出しをダメージ加工を入れたスタンプぽくしたり、

などのアクセントを入れて「和モダン」な印象にしています。

 

また、メニュー数が多いため、

写真はそのまま載せると四角がずらりと並び、

全体に退屈なデザインになってしまうので

背景をくり抜いて配置。

 

これは、カメラマンにお皿と串を切らないように

撮影をしてもらうように、指示を出す必要があります。

 

このB4サイズ両面の中に、ドリンクメニューも網羅。

食事のメニューも比較的多いため、ドリンクメニューと

合わせてごちゃごちゃ感をなるべく感じられないように

背景の色で識別できるように工夫。

 

このことで、パッと見た瞬間、

食事は茶色、ドリンクは黒という認識が出るのではないでしょうか。

 

さらに、外国人のお客様のために、

日本語の横に英語も併記。

 

こちらもごちゃごちゃ感がでないように

日本語を縦書き、英語を横書きにして

記載する場所に工夫をしています。

 

・メニューのデザイン実績

・メニューデザインの作成について

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

旅館の和風なチラシデザインを解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

旅館の和風なチラシデザインを動画で解説しています。

動画を見れない方はこちら↓


旅館の和風チラシデザイン

旅館のチラシのデザインを作成しました。

 

内容は、「かにの食べ放題宿泊プラン」。

 

まず、シズル感のあるかにの写真が

目に飛び込んでくるように大きく配置。

 

期間限定のイベント的な宿泊プランのため、

高揚感を出したり少し煽ることが必要になってきます。

とはいえ、上品さも必要です。

 

そのため手描き文字「かに食べ放題」と入れて、

パソコンの明朝体やゴシック体のフォントではない

圧迫感を感じませんか?

 

この手書き文字を、「宿泊プラン」「90」といった

あえて要所要所で使用ているのです。

 

またこのチラシはA4片面に値段、実施期間、電話番号などの

情報を全て掲載。

情報量は多いですが、文字の大小をつけてごちゃごちゃ感を

感じないように配置。

 

そして、よく見ると、

「かに食べ放題」の「べ」の部分や「か」にカニがぶら下がっているが

わかるでしょうか?

 

圧迫感、インパクト、勢いといったアピールする「熱量」だけでなく、

遊びを入れることで熱量を調整しています。

 

またこのような、期間限定のイベントのようなチラシは、

「赤」をポイントで使用。

偶然にもかにの赤とあっていますが、

人は赤を見ると高揚感を感じる習性があるため

こういう時は、定番で赤を使用しています。

 

シズル感、インパクト、遊び、和風など、

様々な要素が詰めたチラシのデザインでした。

 

・チラシデザインの作成について

・チラシのデザイン実績

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

 

スペン料理店の上品なテイストのメニューデザインを解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

スペン料理店の上品なテイストのメニューデザインを解説します。

 

動画をご覧になれない方はこちらの解説をどうぞ↓

 

形状はA3三つ折りになります。

 

このメニューの置かれ方はテーブルのサイドに立てかけたり、

テーブルの上に平置きにするなどして置かれています。

 

さてデザインは、

表紙は上品&ゴージャスなロゴをあしらったいたってシンプルなデザインです。

しかし、上品さを感じさせるために

背景には薄っすらまだら模様の紙(テクスチャ)をあしらい、

表面には全くテカリのないマットPP加工をほどこしています。

スペイン料理店のメニュー表紙のデザイン

 

中面を開くと巻き込み面(右面)にドリンクメニューと

扉面に(左面)に前菜のメニュー。

お店に入って席に座って、メニューを開いてすぐ注文ができるようになっています。

スペイン料理店のメニュー中面のデザイン

 

さらに、開けると…

中央の面には、お店の名物メニューが目に飛び込みます。

大きくは配置していることで、名物であることをアピール。

スペイン料理のメニューデザインの中央面

最後に開いた右ページには、

コースメニューと定番であるピザやパスタを載せています。

 

中面は全体的に写真が少なく文字は多めですが…

スペイン料理のメニューの中面のデザイン

要所要所に写真が入っているのがわかるでしょうか?

一般的には、写真があるメニューを注文されるお客様が多いのですが、

その心理を利用して、お店のオススメメニューや名物メニューに

「注文を誘導する」狙いになっています。

 

中面を上品なテイストにするためにデザイン的な小細工もほどこしています。

スペイン料理のメニューのデザイン的なちょっとした工夫

メニューの小見出しの文字と、曲線の仕切り線を組み合わせています。

全体を見ると、アクセントになっていたり、やわらかい印象がするのではないでしょうか。

スペイン料理のメニューの中面のデザイン

 

メニューの裏面には、宴会・パーティーのご案内を載せています。

スペイン料理のメニュー裏面のデザイン

テーブルの上で立てかけられているときに

もしかすると置き方によっては

この裏面がずっとお客様の方に向いている可能性もありますよね。

 

その際に「このお店は宴会・パーティーもやっているんだ」ということを

知ってもらう絶好のチャンスです。

 

とくにこのお店は3階まであって、3階は宴会専用になっています。

お部屋の写真を載せておくことで、少人数できたお客様にむけて

どんな雰囲気なのかを知っていただけます。

 

そうると、宴会時期はこのスペイン料理店も選択枠にあがってくるので

こういう働きかけも重要ですよね。

 

ということでいかがだったでしょうか?

今回はスペイン料理店のメニューでしたが、

イタリア料理やフランス料理にもデザインが活用できるかと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

・メニューデザインの作成について

・メニューのデザイン実績

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』

・デザインの添削サービス

リーフレット(折りカタログ)タイプの会社概要のデザインを解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

リーフレットといえば、カタログ(冊子)タイプの形状を

お思いになる方も多いかと思います。

実はお得な一枚の紙を折るリーフレット(折りパンフレット)タイプの

会社概要も人気なので動画でメリットなど紹介します。


 

リーフレット(折りカタログ)タイプの会社概要が人気の理由?

 

ハットツールデザインで人気のあるA3二つ折りとA4三つ折りの

リーフレットタイプ(折りカタログ)の会社概要。

人気理由は3つあります。

 

1.ページがたくさんあっても載せることがそれほどない。

冊子タイプの会社概要は最低でも8ページないと冊子にできません。

ページを作るため使用上、8ページなのです。

 

その点、リーフレットタイプの会社概要は、

1枚半分に折ることで4ページになりますよね。

冊子タイプの半分のページでよいのです。

 

1ページ目は表紙になりますので、

残り3ページに載せることになります。

 

 

2.印刷加工費が抑えられる

リーフレット(折りカタログ)は、1枚の紙を折るだけですので

印刷加工費を安く抑えることができます。

 

 

3.定型封筒にぴったり入る

A3二つ折りリーフレットは、角2封筒にぴったり入りますし、

A4三つ折りリーフレットは長3封筒に入ります。

 

このことで、資料請求の場合や、展示会での手渡しなどに

とても便利なのです。

 

ハットツールデザインでリーフレットを作るメリットとは?

女性デザイナーの松田が女性目線でお作りすることもありますが、

松田が直接お客様とお話をしてデザインを作成するということが、

とても好評をいただいております。

 

作りたいけど何を載せたらいいのか迷う…

会社概要を作りたいけど何を載せたらいいのか、分からない…迷っているという場合でも

お打ち合わせをして、そこでのお話や集客を踏まえた「構成案(仮デザイン)」を

ハットツールが作成しますのでご安心ください。

 

その構成案をたたき台にして、お客様の意見をいただき、

お互いにやりとりをしながら、じっくり内容を固めていきます。

 

内容が固まった後に、写真を入れたり、着色、装飾などの

デザインの作成に入って、デザインの完成を目指します。

 

このような会社にご利用いただいています

製造業、学習塾、マッサージ業、ペット業界、福祉など…

 

リーフレットのデザイン作成についての料金や作成の流れなど詳しいことはこちらをご覧ください。

 

リーフレットのデザインの実績はこちら

 

焼肉店の特大サイズのメニューデザインを作成しました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

奈良県の焼肉店のメニューのデザインを作成しました。

動画でデザインを解説しております。

 


このメニューのデザインの特徴は

サイズを大きくしたということです。

一面がB4サイズ。三つ折りを展開すと横幅77cm。

 

焼肉店で油が飛び散ってメニューについても拭き取れるように

パウチ加工のメニューなのですが、

B2、B3、A3など定型サイズでなくても150μという

厚めのパウチ加工が可能なんですね。

 

紙質を厚くするよりも、パウチ自体を厚めにした方が

料金的にもお得でしたので、それも考えております。

 

そして大きな特徴であるのが、お肉の写真が素晴らしいです。

お肉の写真はカメラマンに頼んで撮ってもらってますので

シズル感が全然違います。

 

この大きなサイズを目の前、いっぱいに広げると

たくさんのお肉の写真がお腹を減らした

お客様の目の前にずらりと載っているわけですから、

どれもこれも食べたくなってくると思います。

ということは、注文が増えるというわけですね。

 

そしてもう一つは、メニューの説明がたくさんついているということです。

名前も知らない部位のお肉があるわけですから、

説明があると注文する方としてはイメージがつきますよね。

 

メニューのレイアウト構成についてですが、

この場合は、中面に焼き物、裏面に一品を載せています。

そのことで、焼き物を一通り注文し終えてから

立てかけてあるメニューの裏面を見ると

すぐに一品の一覧が見れるんですね。

 

お客様としては食べ終わってホッとしている時でしょうから

いちいち開く手間もなく注文できますよね。

 

お店によって、またはメニューのサイズによっても

違ってくるかと思いますので

参考程度にしてくださいね。

 

というような特徴があるのですが、

メニューをリニューアルしたことによって

高額のメニューの注文が予想以上にでているとのこと。

 

これは、あえてこのお店の「おすすめ」として

メニューでは大きく取り扱っていますので

狙い通りでよかったです。

 

この「狙い」ということがとても大切でして、

これが口コミにも繋がってくるのですね。

最近では、口コミの中のキーワードを表示しますので

こちらから書いて欲しいと思うメニューを頑張ってアピールすることが

重要だと思います。

 

ということで、

焼肉店のメニューデザインの解説でした。

 

・メニューデザインの作成について:https://www.hattool.com/pop

・メニューのデザイン実績:https://www.hattool.com/category/jisseki/menu

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』https://www.hattool.com/meilmagazinetouroku

・デザインの添削サービス:https://hattool.com/design-tensaku/

 

コロナウイルス販促で終息後に備えて今やるべき見直しポイント

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

コロナウイルスが連日ニュースで流れて、

気持ちがネガテイブに持っていかれることが多い時期です。

その一方で終息しつつある中国では消費が戻る「リベンジ消費」が始まっています。

こんな時だからこそ【販促の見直し】をしてみませんか?

だからこそ今まで忙しくて手薄だった「販促」を仕込む時期。

この機会に、今、ある販促、過去にやってた販促をいま一度見直してみてください。ポイントを書きますね。

ホームページの見直しポイント

ホームページ見直しポイント

今インターネットで情報を得るのはとても簡単です。しかし、お客さんの方から情報を求めないと検索にヒットしないのです。

『あなたのサービスは思うようなキーワードで検索にヒットしていますか?』

例えば、「地名+ジャンル」で検索してあなたのお店は何番目にヒットしますか?

飲食店でいうと最近では「食べログ」ではなく「グーグルマイビジネス」が著しく台頭してきているのご存知でしょうか?

このGoogleマイビジネスでの口コミは『思うようなキーワードで口コミを書かれていますか?』

※グーグルマイビジネスについて下記で解説。急ぐ方はこちら

チラシの見直しポイント

とんかつ店のチラシデザイン
とんかつ店のチラシデザイン。配り方がよく、注文単価が上がりました

お客さんが求める前にお店側から情報を提供するのがチラシです。

そこがインターネットとは違うところですね。

 

チラシの配りかたは駅で手配り、ポスティング、近所のお店に置いてもらう、新聞折り込みなど。

チラシは飛び道具です。

チラシをきっかけに来店したりホームページを見てもらうこともできます。

 

まずは、下記をA4サイズの紙に書いてみてください。

1.商品・サービス・お店の特徴・おすすめポイント(2〜5つくらいまで)

※1の中のどれかをキャッチコピーにしてみてください。

2.商品・サービスのスペックや仕様、お店の紹介

3.料金

4.お問い合わせ先、連絡先(地図、住所、ホームページなど)

 

ちなみにもっと効果を求めるのなら、

・笑顔の顔写真、店内の写真を載せるのは必須

・クオリティーの完璧さは二の次

書けたら白黒コピーで構いませんので増刷してください。

・まずは配ること。配ってお店や商品、サービスを知ってもらうことです。

無料でできることから、ポスティング、手配りして反応を測る。

配りながらキャッチコピーや内容をどんどん改善していってください。

どうやっても反応がいまいちなら、お問い合わせください。

一緒に考えましょう。

 

メニュー(飲食店の場合)の見直しポイント

今、お店の口コミサイトで台頭してきているのが「グーグルマイビジネス」です。

ご存知でしたか?

メニューの見直しなのにgoogle?とお思いになるかもしれませんね。

今、グーグルマイビジネスは、お客さんが口コミを自由に書けるようになっています。

だから、食べログやホットペッパーなどの口コミよりも、こちらの方を重要視する人が多くなっています

しかも検索するとgoogleなので、食べログよりも先に表示するんです。

この投稿された口コミのあなどれないところが、AIが口コミされた文中にキーワードを拾いお店の特徴として表示します。

↓(ある観光地にあるお寿司屋さんのグーグルマイビジネスの口コミページ)

グーグルマイビジネス画面

上のお寿司屋さんの口コミのキーワードを見てみると、ハラル(82件)、刺身(20件)、祈願(11件)、天ぷら(11件)といった言葉が並んでいます。このキーワードで検索するとヒットします。

 

メニューを使って口コミを誘導する

ハットツールでデザイン制作したメニュー
焼肉店のジャンボメニュー。口コミを意識したメニュー構成。このメニューの実例はこちらでご覧いただけます>>

「ハラル」というのは「イスラム教で許されている食材や料理を出す」という意味があるのですが、イスラム教では、ご存知の方も多いかと思いますが、豚肉、お酒がNGなのです。

で、お寿司は…

お酢が少しアルコールを含んでいるためNGなのだそうです。

でも、口コミに「ハラル」というキーワードがあることで、「〇〇(地名) お寿司 ハラル」と検索するとヒットします。

ということで、ここのお寿司屋さんはイスラム教の方でも安心して食べられるお寿司屋さんなのですね。

このようなキーワードで口コミを書いてもらうためには、ホームページに記載しておかないとダメですし、さらにお店にあるメニュー表にも記載する必要があります。

その理由はメニュー表に記載することで、来店したお客様の印象に残り口コミが書かれやすくなります。

また、「お刺身」「てんぷら」という一品もキーワードに上がってきていますね。

このキーワードも、メニューに「自慢の一品“天ぷら”」「こだわりの旬の素材“お刺身盛り合わせ”」といったオススメとしてメニューに載せておくことで、注文される機会が出てきます。

お寿司だけでなく、「美味しい天ぷらも食べたいな」とか、「お刺身も食べたいな」と思っている方に効いてくるキーワードなのですね。

今、googleマイビジネスの集客が熱いんです


販促物とgoogleマイビジネスとお客様の循環

 

図を見るとgoogleマイビジネスへたくさんの矢印が向いているのがお分りいただけるでしょうか?

「googleマイビジネス」を軸にした販促作りをするのが今です

・近所の人が来てくれるから大丈夫

・口コミの紹介が途絶えないから大丈夫

と楽観的に考えていらっしゃってもよいのですが、今の集客は図ように進んでいます。

 

この集客方法が循環をすると、

遠くからでもお客様はいらっしゃいますし、新規のお客様も格段に増え、客層も広がります。

コロナウィルスの影響で時間にゆとりがあるこの機会に次を仕込んでみてください。

仕込みは

①チラシ

②メニュー

③ホームページ

(重要のものから順番に書いています)

以上の3つですよ。

 

さぁ、今すぐ取りかかりましょう!

どうしてもできなかったら、ハットツールにお問い合わせください。

一緒に行動を考えましょう。

ハットツールに相談してみる

 

リーフレットのサイズ・規格と封筒の関係

こんにちは、女性デザイナーの松田です。


 

動画が見れない方は解説しますね。

 

ハットツールで人気のリーフレットですが、

中でも一番人気なのがA4サイズの三つ折りリーフレットになります。

そして次に人気なのがA3サイズの二つ折りリーフレットです。

 

この二つ、なぜ人気なのか分かりますか?

 

理由としては使い勝手がいいんです。

一番重宝されているのが、封筒にピッタリ納まることだと思います。

 

A4三つ折りリーフレットの場合は、長3封筒にピッタリ納まりますし、

A3二つ折りリーフレットの場合は、角2封筒にピッタリ納まります。

 

そのことにより、資料請求をされた場合でも資料を入れて送ることもできますし、

営業で会社周りをしている場合でも、封筒の中にリーフレットを入れて

置いて帰ることもできます。

 

営業で使うならサイズが合わないブカブカの封筒よりも、

ピッタリとスマートな方が相手に与える印象もいいですよね。

 

ちなみに長3なら50gまでの重さなら84円で、角2なら50gまでが120円で

郵送することが可能です。

 

封筒と組み合わせたリーフレットを使った封筒のお話でした。

リーフレット作成もおこなっております。

詳しくはこちらをご覧ください。

リーフレット(折りチラシ)デザイン作成

無料メルマガ「差がつくデザインの技」登録ページ

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201