焼肉店の特大サイズのメニューデザインを作成しました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

奈良県の焼肉店のメニューのデザインを作成しました。

動画でデザインを解説しております。

 


このメニューのデザインの特徴は

サイズを大きくしたということです。

一面がB4サイズ。三つ折りを展開すと横幅77cm。

 

焼肉店で油が飛び散ってメニューについても拭き取れるように

パウチ加工のメニューなのですが、

B2、B3、A3など定型サイズでなくても150μという

厚めのパウチ加工が可能なんですね。

 

紙質を厚くするよりも、パウチ自体を厚めにした方が

料金的にもお得でしたので、それも考えております。

 

そして大きな特徴であるのが、お肉の写真が素晴らしいです。

お肉の写真はカメラマンに頼んで撮ってもらってますので

シズル感が全然違います。

 

この大きなサイズを目の前、いっぱいに広げると

たくさんのお肉の写真がお腹を減らした

お客様の目の前にずらりと載っているわけですから、

どれもこれも食べたくなってくると思います。

ということは、注文が増えるというわけですね。

 

そしてもう一つは、メニューの説明がたくさんついているということです。

名前も知らない部位のお肉があるわけですから、

説明があると注文する方としてはイメージがつきますよね。

 

メニューのレイアウト構成についてですが、

この場合は、中面に焼き物、裏面に一品を載せています。

そのことで、焼き物を一通り注文し終えてから

立てかけてあるメニューの裏面を見ると

すぐに一品の一覧が見れるんですね。

 

お客様としては食べ終わってホッとしている時でしょうから

いちいち開く手間もなく注文できますよね。

 

お店によって、またはメニューのサイズによっても

違ってくるかと思いますので

参考程度にしてくださいね。

 

というような特徴があるのですが、

メニューをリニューアルしたことによって

高額のメニューの注文が予想以上にでているとのこと。

 

これは、あえてこのお店の「おすすめ」として

メニューでは大きく取り扱っていますので

狙い通りでよかったです。

 

この「狙い」ということがとても大切でして、

これが口コミにも繋がってくるのですね。

最近では、口コミの中のキーワードを表示しますので

こちらから書いて欲しいと思うメニューを頑張ってアピールすることが

重要だと思います。

 

ということで、

焼肉店のメニューデザインの解説でした。

 

・メニューデザインの作成について:https://www.hattool.com/pop

・メニューのデザイン実績:https://www.hattool.com/category/jisseki/menu

・毎週デザインメルマガ配信『差がつくデザインの技』https://www.hattool.com/meilmagazinetouroku

・デザインの添削サービス:https://hattool.com/design-tensaku/