リーフレットにオススメな紙について

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

動画で『リーフレットにオススメな紙について』

動画で解説しています。


 

リーフレットでオススメな3種類の紙とは

よくハットツールでリーフレットを作成するときに

紙をどうしようか迷われます。

ハットツールデザインでは、値段や紙の持つ印象の観点から

3種類の紙をお客様にいつも提案しています。

よければ、ご自身のリーフレット作成にお役立てください。

 

その1 マットコート

とくにこだわりがなければ、

一番人気で一番オススメなのがマットコート紙。

 

理由としては安い

そして、色鮮やかで発色がいい。

ということでコストパフォーマンスが良いからなんです。

 

兄弟のような紙として「コート」紙がありますが、

マットコートよりも表面に光沢がありテカっています。

よく新聞折込でスーパーのチラシで使っているような

テカテカの紙がコートになります。

 

それよりも名前のごとく少しマット。

その分、コートよりもマットコートの方が高級感を感じることができるでしょう。

 

その2 上質紙

さらに、

マットコートは紙の表面がツルとした加工がしてありますが、

加工していない上質紙もオススメ。

 

上質紙は、コピー用紙と一緒です。

マットコートよりもザラザラとした表面です。

 

マットコートよりもインクの乗りは悪く、

インクが沈む=色鮮やかさはマットコートより劣りますが、

 

そこをデザイン的な「味」として、

温かみ、ナチュラルな雰囲気を出したい場合はオススメ。

 

また、このざらっとした手触り感で同じ厚みでもマットコートより

上質紙の方がぶ厚く感じます。

 

その3 ミスタービー

最後に、オススメするのが、「ミスタービー」という紙です。

この紙は、表面は上質紙よりもざらっとした手触り感がある風合いですが、

インクの乗りがよく発色がキレイなのが特徴です。

 

先述のマットコートや上質紙よりも値段は高い、高級な紙です。

インクが乗った部分はキラキラと光り、

上品さ、ナチュラルな雰囲気を醸し出します。

高級感を出したい場合は、このミスタービーを選ぶことをオススメします。

 

紙の厚さについて

3種類とも全て110kgを使用しています。

その理由は3つあります。

 

 

理由1 読んでもらうため

一般的なチラシが70kg〜90kgなのに対し、

リーフレットはページをめくる=読んでもらう

という役割があるため、

少しでも高級感を感じて欲しいということで

チラシよりも厚い110kgをハットツールでは採用しています。

 

理由2 折ったときの厚さがちょうどいい

二つ折り、三つ折りしたときに、

分厚くなく薄っぺらではなく、いい塩梅

 

丸めることもできますし、もっと小さく折ることもできます。

さらに、カバンやポケットに入れても破れにくい。

 

理由3 値段がちょうどいい

ワンランク厚い135kgというのがありますが、

110kgよりもあまり需要がないため紙代が高くなります。

またそれ以上の厚さになると、折ることができません。

 

正確にはできますが、

紙が厚くなると、「背割れ・紙割れ」が発生するので、

折りスジを入れてから折るようになります。

すなわち、折る作業が2工程に増えて、

ということは、金額が高くなるということです。

(背割れとは、インクが乗った部分を折るとひび割れて紙の色が出てしまうこと)

 

上記以外にもリーフレットに適した紙はたくさんありますが、

お客様のニーズに合わせてこのような理由でハットツールでは、

リーフレットの紙をオススメしています。

無料メルマガ「差がつくデザインの技」登録ページ