三つ折りリーフレットのメリットを解説

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

リーフレットを作成する際にどちらかで迷う、

「三つ折り」「二つ折り」。

 

ハットツールでは、「二つ折りリーフレット」よりも「三つ折りリーフレット」の方が

作成料金が高いにも関わらず「三つ折りリーフレット」の方が人気です。

その理由、「メリット」について解説したいと思います。


 

まず、三つ折りリーフレットのメリットは、大きく2つあります。

 

【その1:6ページある】

三つ折りは6面=6ページになりますが、二つ折りは4面=4ページ。

リーフレットの場合は、折り目で掲載する内容を変えることがよくあるので

6面=6ページだと、それだけ項目が入れられることになります。

 

例えば、

お客様の声、

よくある質問

選ばれる理由

など…

 

面ごとに内容を入れることができるので、

デザインで罫線を引いたり、囲みを入れたりする必要がありません。

罫線や囲み枠は意外とデザインのスペースをとるので

たくさんの情報を載せたい場合は、メリットになるのではないでしょうか?

 

【その2:コンパクトである】

二つ折りリーフレットに比べて、三つ折りリーフレットは小さい。

小さい=コンパクトというのは実に大切なのです。

 

例えば、お店に置いてもらったりする場合でも

場所をとりませんし、

持ち帰ってもらう場合もカバンやポケットに入りやすい=持ち帰りやすい。

 

また、100均で三つ折りリーフレットがちょうど入る大きさの

フォルダが売っています。

それとセットにしてお店に置かせてもらうのも、

一つのアイデアですね。

 

ということで、三つ折りリーフレットのメリットの解説でした。

よければ参考にしてくださいね。

 

無料メルマガ「差がつくデザインの技」登録ページ

 

よければYOUTUBEのチャンネル登録してくださいね。↓

https://www.youtube.com/channel/UCs5ANCFwwdKNq8mu48J_pjA