読みやすさのカギ「見出し」

———————————————–
【差がつくデザインの技】vol.55
『読みやすさのカギ「見出し」』
———————————————–
先日、居酒屋の個室に入ると
忘年会のご案内がありました。

その案内は、其の一、其の二、其の三と
3つの項目に分けて書かれており、

それらの内容も目につくし
枠で囲んであったり、メリハリがついて
ぱっと見は、分かりやすそうなんです。

でも、もうちょっと工夫すれば
もっと分かりやすくなるので
惜しいなと思いました。

それが下の写真になります。

自分が行くつもりで
ざっと、読んでみてください。

忘年会の案内サンプル

いかがでしたか?
読んでみると、あれ?どういうこと?
となりませんか?

私も何回か読んでようやく理解できたのですが、
3種類の忘年会のコースを案内しているんです。

手書きで頑張ってメリハリをつけて
見やすく書かれていますし

よく目に留まる場所に
フレームに入れて壁に掛けてあるのですが、
う〜ん、ちょっと分かりづらいです(^^;;

でも、少し改善するだけで
とっても分かりやすくなるんです。

—————————————–
「見出しを入れる」だけ
—————————————–

例えば、
「其の一」の横に
『早割で盛りだくさん!コース』

「其の二」の横には
『時間を選べばとってもお得!コース』

「其の三」の横に
『贅沢・よくばり!コース』

と書いてあると、
自分が忘年会のお店を探している場合、
どれに当てはまるか、分かりやすいですよね。

忘年会の案内改善案

他にも改良点はありますが、
とりあえずは見出しをつけるだけで
ぐっと分かりやすくなったかと思います。

見出しとは
そのブロックごとの内容を要約して
瞬時に読めるように1行程度に
端的にまとめます。

そのことで、
内容を手早く大まかに伝えることが
できるんですね。
これが見出しの役割です。

試しにメルマガを購読してみる>>

—————————————–
見出しを入れたほうがいいシチュエーション
—————————————–

・文章が長くなったとき
・前後で内容が変わるとき

もっとあると思いますが、
思い浮かんだのはこの2つ。

「文章が長くなったとき」といえば
例えば、お客様の声を掲載する際、
ちょっと文章が長くボリュームが多いなと
思ったら、見出しをつけます。

このことによって、
長い文を読まなくても
おおまかに把握ができます。

「内容が変わるとき」といえば
先述の忘年会の案内がそれにあたります。

見出しが無いと1つの文章として
読んでしまいます。

前後の情報が変わることを
分かって読んでもらうために
見出しをつけるんですね。

いかがでしたでしょうか?
見出しがあることで
流し読みがしやすくなります。

このことは、特にチラシだと
自分にとって必要が無いかどうか
瞬時に判断されてしまう場合は、
見出しを入れてすぐ読めるようにすることが
とても大事になってきます。

読んでもらうために
小まめに見出しを入れることを
オススメします。

試しにメルマガを購読してみる