ただの箱に新たな価値を生み出すデザイン 〜その120(1)〜

記憶に残るデザインとはどんなものなのでしょうか?

デザイナーのところには、さまざまなもののデザイン依頼がきます。

先日は、「防災用品備蓄庫」なるもののデザインを作成しました。 

自動販売機横のヒツジのイラストが描かれているBOXです。

154-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この備蓄庫は自動販売機の横にあり、 通常はゴミ箱として使われるのですが、 備蓄庫の中には簡易トイレが900個保管されています。 

 

災害が起こった際は、このトイレが配布され、横の自動販売機の飲み物も無料で配布されます。 

 

災害が起こった場合、電車やバスが止まり、おそらく帰宅困難な状況になると思われます。 

 

そんな時、このBOXのことを思い出し、備蓄庫内のものを活用して欲しいという願いと、 この場所に備えを求めて人が集まることでほんの少しでも不安が解消して欲しいという意味を込めて、群れることで安心するヒツジをモチーフにしたデザインになりました。 

 

1頭だけ顔が黒く色が白いヒツジは「自分」を意味しており、「自分ひとりじゃないよ、安心してね」 というメッセージが込められています。 

 

備蓄庫は、ヒツジのデザインがないと、ただの白い箱です。

154-2

 

 

 

 

 

 

 

なんとも、殺風景で、記憶に残りづらいのではないでしょうか? 

 

自動販売機の横に設置され、災害時には中の備蓄品を取り出して使うのですが、デザインを施すことで記憶にも残り、より大きな意味付けができ、新たな価値を生み出したと思っています。 

<その120 つづく>

 

 

 

bt-mailmag