販促展示会へ行ってきました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日は午前中から打ち合わせ。

とっても明るいお客様で私の方がパワーをいただきました(^^)

 

その足で、事務所の隣の駅にある東池袋で

インセンティブショーという販促ツールの展示会が

今日が最終日だったので行ってきました。

 

お客様に頼まれてノベルティーを探したり、

デザインデータを作ることがあるので

注文したことあるブースがちらほら。

 

またVRとYOUTUBE動画を使った最新の販促や

伝統工芸のノベルティーまでアイデア満載の展示会でした。

 

ハットツールではお客様に

「こんなの作りたいんだけどどうしたらいいかな?」と

相談されることがよくあります。

 

先日も、洋服のタグを作りたいとご相談をうけて

ネット検索で探し出した業者さんに依頼をしましたが、

出来上がってくるまで心配です。

なので今回のような展示会は実物が見られるのでいいですね。

 

あと、思ったのがホームページが必須だなと思いました。

 

というのは、

展示会は歩き回るので足が疲れるし、パンフレットをたくさんもらうので

荷物が重くなってヘトヘト。

早く帰りたくなります。

 

会社に帰ってもらったパンフレットをゆっくり見ながら、

ホームページで確認するという方、多いのではないかと思います。

 

情報量がたくさん掲載できるホームページには、

もっと深くまで掘り下げて知ってもらうことができますので

今は自社のホームページがあるのは必須だと思いました。

 

さらにホームページは情報をたくさん載せるだけではなく

検索にヒットするためのSEO対策やPPC広告を出すことで

24時間働く営業マンとしての役割も担えます。

 

ホームページに関しては、

そのほかSNS対策や、YOUTUBE動画対策、グーグルマイビジネス対策など

いろんな対策がありますが、

基本としてはまずはSEO対策をすることが必須ではないでしょうかね。

 

話は展示会から逸れましたが、

展示会とホームページの両方で自社の宣伝をするのが

より効果を出す!と思ったのでした。

 

それはそうと、アンケートの業種にデザイン業、デザイナーの職種がなくて、

私は自分がどこに当てはまるのやら迷いました。

結局、アンケートごとに広告代理店やマーケティング業、印刷業、コンサルタントなど

いろんなところにチェックしときました。

 

なぜないのでしょうね…

デザイナーはデザインのデータだけ作る役割と思われているからなのか…

デザイナーは販促戦略と関係ないと思われているのかしら…

IMG_0932