電話だと微妙なニュアンスが伝わりますね

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先日、ホームページの案件で、

「こんなデザインはできますか?」と

プログラマーさんに質問のメールを送りました。

 

いつもは優しくメールで返信がくるのですが、

その時ばかりはめずらしく電話がかかって来ました。

 

内容は「できません」というお断りの内容だったのですが、

電話で直接「できない」と言われるのと、

メールで「できない」と言われるのとでは

受け取る方としては違うものです。

 

やはり、電話の方がニュアンスが声でわかるので

断然いいですね。

 

また私の方も、悪気はなく、できるかな?と

よく分からず軽く質問してしまったので

そのことも伝えることができて助かりました。

 

お互いのニュアンスを知ることって大事ですね。

 

何かを断る場合、自分ではそんな強く言っているつもりはなくても

メールで文章にしてしまうと受取る側にとっては

すごく怒ってるように感じてしまうことは大いにありますよね。

 

プログラマーさんのナイスな心遣いに、

気をつけないとなと襟を正したのでした。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます