なんとかします!

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今朝、夫にメニューの納品に行ってもらいました。

なんとか間に合ったのですが、

それにしても綱渡り。

 

というのも、お客様のプリンタで出力するとのことだったのですが、

土曜の昼過ぎに

「自分でやろうと思っていたけど、

やることいっぱいでできないので、

松田さんの方でなんとかできませんか?」と

連絡が…

 

しかも30部を2種類、月曜の15時までに欲しいとのことです。

いや〜久々にサーっと血の気が引いて、シビれました…

が、もうお客様も新規オープン前でやることてんこ盛りなのは

分かっていますし、ここはやるしかありません。

 

「わかりました、うちでなんとかしますね。」

と言って電話を切りました。

 

さぁ、どうしましょう。

ちょうど土曜日だったこともありタイミングよく、従兄弟夫婦がランチ食べよう〜と

気楽に来ていたのでとりあえずはランチへ。

しかしメニューのことが気になって、気もそぞろです。

従兄弟夫婦には悪いことしました。

 

早々にランチから戻り、

どうするのが仕上がりが綺麗かを考えて

オンデマンドの超特急3時間コースで印刷して

閉店間際の9時に受け取りに行くことにしました。

 

ちなみに印刷所は翌日の日曜で休みなので、

まさにギリギリです。

 

入稿データを作って、閉店3時間前の

ギリギリ夕方6時ちょっと過ぎに入稿完了。

 

入稿データの確認や文字の見直しもそこそこで、

間違いがないか不安で不安で。

 

印刷所から完了したとの連絡を受け

夜9時、虎ノ門まで仕上がったメニューを引き取りに行きました。

 

翌日、夫が1人朝からせっせとカッターと定規で手で断裁作業。

150枚はゆうに超えてます。

 

前日に注文した4ツ穴パンチがアマゾンから届いて、

メニューブックのリング用の穴をパンチで開けるも、

私が付けたパンチ穴の印が

前の設計図のサイズになったままでずれていて…

焦りましたが、何とか綺麗に穴を開けることができました。

 

時間がないと、見直しが足りてないのでほんと怖いです。

今回は、そんな大きな問題にならずに助かりましたが、

時間がないというのは、ほんとダメですね。

 

そんなこんなで、10時間ほどかかって完成しました。

 

そして今日、午前中に夫が届けに行って

無事、納品完了〜。

ふぅ〜。久々の綱渡りでした。

とっても喜んでいただいたそうです。

良かった〜。

 

夫は昨日の作業で首が筋肉痛らしく、

マッサージに行ってます。

 

そして私は、会社概要の構成案を作るために

スパートです。

今週がピークダス。

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます