まずは自分の事業内容を固めることが大切

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

関東が梅雨明けしたとのことですが、

う〜ん、どうなんでしょう??

いつもなら、祇園祭のころ7月13日ごろに梅雨が明けるのですが。

 

なので、それを見込んで一昨日送ったニューズレターに、

「梅雨も中盤」と書いてしまいました。。。

 

さて、ここ最近、事業がまだ成立していないな…と思われる方から

販促物のご相談があります。

 

お話をお聞きすると、

チラシで宣伝する以前の業務内容がきちんと固まっていなかったり、

名刺を作る以前の自分の肩書きさえ迷って書けない方、

はたまた、いくら聞いても業務がよくわからない方…。

 

お話をじっくりお聞きして集客などのアドバイスをしますとは

書いてはいるものの…

業務内容を固めたり、肩書きを決めるところまでは

ご自身で決めていただきたいところです…。

 

私としても時間が限られているので

販促物の建設的な話ができない方との打ち合わせは

時間がもったいないと思ってしまうのが正直なところです。

 

でも、そのような方はたくさんいらっしゃると思うんです。

だったらどうすればいいのさ!ハットさんよ、ってことだと思います。

 

まずはご自身でチラシや名刺を作ってみることです。

自分の業種に近いチラシや名刺を

見ながら自分で作ることです。

ライバルのホームページを見ながらチラシを作ってもいいと思います。

 

例えば、

「ご利用の流れ」があれば、自分でもそれを考えてみる。

「お客様の声」があれば、頑張って1人でもいいので声をとってくる。

「○○○が選ばれる6つの理由」という項目があれば、それを真似して自分に置き換えて考えてみる。

「よくある質問」があれば、自分でも考えてみる。

「利用規約」があれば自分バージョンの規約を考えてみる。

 

まずは、「いいと思ったものをマネしてみる」。

事業内容がきちんと固まってなくても、

マネして言葉化することで固まってくるもんです。

 

デザインがいっくら良くても内容がスカスカだと、

集客なんてできません。

逆に、デザインが悪くても内容が充実していると

集客はできます。

 

 

ワードで作ったチラシがたくさん集客できることだってあります。

名刺だって同様です。

 

だから、自分でまずはチラシや名刺を作ってみてください。

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます