スケジュールは守るが当たり前

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日は、あるプロジェクトの打ち上げに行ってきました。

プロジェクトというと、何人かで一丸となって制作するのですが、

打ち上げに参加したのは、私とクライアントさんと制作進行の方の3人。

 

実は、そのプロジェクトには他にもメンバーはいるのですが、

ある事情で呼ばれていませんでした。

 

ある事情とは、制作スケジュールを守れなかったこと。

呼ばれなかったメンバーの中には、3日や1週間遅れたということがありました。

 

また、体調不良や突発的な事故などの場合は仕方ありませんが、

そうでもないようで、、、

メールや電話でも連絡が取れない期間もあったようです。

 

仕事をする上でスケジュールを守ることは、

基本中の基本であり、当然のことだと思っていたのですが、、、

私としてはありえなくて、びっくりしました。

 

そのせいで、私の作業スケジュールに随分シワ寄せが来てしまっていたのですが、

何とかハットツールを総動員して間にあわせることができました(^^;

 

 

私の場合、急ぎのお仕事はお断りするのですが、

プロジェクトのメンバーが困ってる以上、

通常スケジュールで制作する訳にいかず、

超特急で作業したおかげで間にあわせることができました。

 

第二弾、第三弾と続くシリーズもののプロジェクトなのですが、

スケジュールが守れなかった方たちは、次は外されるそうです。。。

 

大変でしたが、こういう泥臭いことが次(リピート)につながるのですね。