自分の直感を信じる

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先日、友達にネット集客で相手の顔が見えないからこそ

気をつけていることは何?という質問を受けました。

 

私にとっては信用していただくために

ある程度の自己開示をすること。

 

また、お相手が信用できる方か見極めるために、

自分が直感的に感じた違和感を見逃さないということ。

 

その違和感は、

お問い合わせで記入いただいた内容、

その方の職業、

お会いする前にメールでやりとりしている内容、

打ち合わせのときの印象など。

あらゆるところで出てきます。

 

約97%方はなんの違和感もなく良好なんですが、

制作を進める上で、こちらがストレスを感じてしまったり

(お相手も同じだと思います)、トラブルになるのが、

間違いなく直感的に違和感を感じていた方。

 

自分の中の声を無視して進むと、ほんとダメ。

顔が見えないからこそ、感じる違和感に耳を傾けることが

ネットを介してビジネスする上で大事なことだと思います。

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます