うれしい悲鳴

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

11月中旬に控えた、

私が配信するメルマガの読者の会の

プロのカメラマンをお招きしての

撮影講座ワークショップ&交流会。

 

参加者は総勢22名になるので、当初予約していた会議室では

キャパオーバーということが昨日の夜に判明。

 

念のため、予約していた会議室に行って、

受付の方にメジャーを借りて部屋を測ったら

案の定やっぱり狭い…

 

ということで、文京区の会議室をネット検索して、

終日空いている場所が1つだけありました。

なんと3倍の広さ!

ということで、今朝、速攻自転車をかっ飛ばして

受付まで直接出向き予約成功!よかったー。

 

当日は、都内近郊はもちろん福岡、大阪、新潟から

参加者が集まります。

どの方もデザイン関係の方ばかり。

 

デザイナーが賢く強くならないと、

いつまでも足元を見られて値下げや無理なスケジュールに

対応してしまっていては自滅していきます。

 

 

 

 

そうならないためにも、

デザイナー自身がビジネスや集客ということから

目をそむけないこと。

 

ということの第一弾として、撮影講座。

ビジネスではありませんが、

デザイナー自身がどの辺りまで可能で請け負えるか。

限界を知っておくこと。

そのことで、無理なものは無理、費用が別途必要なら見積もりを出す。

まずはクライアントさんと対等に話ができること。

 

 

次のワークショップ&交流会でたくさんの人に会えてお話するの楽しみです。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます