デザインのうちあけ話し最新記事

ビール好きの幸せなひととき…

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

いきなりビール片手に失礼します。

37055954_1710578988977607_6356031426000846848_n

日比谷で催されているオクトーバーフェストに行ってきました。

そもそもオクトーバーフェストとはドイツの伝統的なビールのお祭りです。

本場のドイツミュンヘンでは毎年9月下旬から10月初旬にかけて広大な敷地に立ち並ぶテントの中で

ビール好きが集まってお祭り騒ぎ。

IMG_0287

このお祭りが日本の日比谷公園で毎年、催されていて、

ステージではバンド演奏があったり、突然流れる乾杯の音楽に合わせて

隣の席や前後の席の人たちと乾杯で盛り上がります。

酔っ払いたちが踊って歌って、美味しいビールを飲んで楽しい時間を過ごすお祭りというかイベントなんです。

 

さて、私が初めて友達に連れて行かれたときは、この盛り上がりについていけずびっくりしました。

でもビールを飲み進めると、次第にとっても楽しくなってステージの近くでバンド演奏に合わせて

知らない人と一緒に飛び跳ねていました。(笑)

 

そして今年は、7月の三連休にあったので従兄弟夫婦と行ってきました。

奥さんの方は仕事のストレスで胃の調子が…、暑い…、

と、、、初めはナーバスなことを言っていたのですが、

1杯目を飲み終わる頃にステージ上でバンド演奏が始まると、

ステージ前で飛び跳ねて、みんなで肩を組んでくるくる汗だくで回っていました(笑)

 

音楽とビールは魔法の力があるのかもしれませんね(笑)

とりあえずは胃の具合が悪いのなんかを忘れて、

とっても楽しんでもらってストレス発散もできたようでよかったです。

 

そんな酔っ払いの話だけではなくデザイナーらしくデザインのことも少し。

このオクトーバーフェストは様々なドイツビールが楽しめます。

ビールの味もさることながら、各醸造所のビアグラスのデザインがいろいろあって面白いんです。

 

私が写真で持っているビアグラスは、

南ドイツで最も多くのまれているヘレスというビールです。

ずんぐりむっくりした樽のような形で可愛いです。

 

その他、シュッとした片手で握れるほどの細身のグラスや、

陶器のジョッキもあって、新しいビールを購入してくると

みんなが珍しがってもらえるので、

つい、ジョッキの形が可愛らしいビールを選んでしまいます。

 

IMG_7935

 

今年は、真夏のオクトーバーフェストでしたが、

ビールを飲みながら汗かいて、いろんな楽しめ方ができたオクトーバーフェストでした。

更新日:2018年07月15日

イラストが得意でも似顔絵は別モノ

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

夫に私の似顔絵を描いてもらいました。

↓↓↓↓

 

 

180713

男か女か分からないほど色気もなく描かれています。

親しい人に見せたら、「よく似てる!」「特徴がでてる!」

とえらいウケています…

ウケているなら、まぁ、よしとしましょう…

 

さて、この似顔絵、特徴や雰囲気を捉えていて、

夫が私を描いたので、まぁいいかという感じになるのですが、

仕事で描くと、こうあっさりOKというわけにはいきません。

 

というのも以前、

会社のスタッフ全員の似顔絵を作成してほしいという依頼がありました。

夫がイラストを描けるのでお引き受けしたのですが、

これがとても大変だったんです。

 

何が大変だったかというと、2つあるのですが、

1つは「似てる似てないは人によって違う」ということなんです。

第三者として私たちは似ていると思っていても

スタッフのAさんは似てないと思うし、Bさんは似ていると思っています。

ひとそれぞれ感覚が違うんです。

 

2つめは

上司はある程度、かっこよく描かないとならないという

スタッフ間の忖度のようなものが働くということ(笑)

これは修正を重ねるごとに、

どんどん個性がなくなった似顔絵になってくるんです…

 

似顔絵自体はそんなに難しくないのに、

なぜこんなに大変なのかを考えてみました。

 

似顔絵といえば、

よく遊園地などで似顔絵を描いているイラストレーターの方がいますが、

その横にたくさんの似顔絵が並んでます。

 

これを見ることによって

あらかじめ絵のタッチやデフォルメ具合が分かるようになっていて、

お客さんは完成が想像できるんだと思います。

これでイラストレーターの方はイニシアチブをとっているんでしょう。

 

似顔絵は見る人の感覚に振り回されてしまうので

描く側が特にイニシアチブをとって進めることが

重要になってくるのだと思います。

 

とはいえ、いろんなタッチを描くことができる夫は

タッチを固められないので似顔絵は難しいんです。

 

ということで、イラストレーターといえども

似顔絵作成は別モノなんですよね。

更新日:2018年07月13日

10年前の常識が通用しない

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先日、堀江貴文さんが近畿大学の卒業式でおこなったスピーチを

偶然youtubeでみかけたので見てみました。

 

3年前のスピーチですが、未来を予期した話の内容が実に面白かったっです。

なかでも、

今、常識と思っていることでも20年前は常識ではなかったことがたくさんある。

常識とか道徳、倫理とかの類は5年・10年単位で簡単に書きかわり

またグローバル化でこれが加速していくとのこと。

時代の流れを読んで臨機応変に対応していくことが大事になってくるんだと思います。

 

私もつい先日、ビジネスの勉強会で

「これだけネット印刷が台頭している今、

それをうまく利用した方がいい」

というアドバイスをいただきました。

 

アドバイスをいただき、う〜んそうかなぁと一旦思ったものの、

お客様からの受けた質問や話した内容を思い出してみると、

確かに言われた通りだと気づき、早速ある改善しました。

 

この改善は10年前では考えられません。

常識が変わってきていると実感しました。

ありがたいことです。

 

さて、常識が変わってきているといえば…

私はチラシを作成する際にお客様と打合せをするのですが、

チラシだけでなくホームページも合わせて、

さらに、お店の場合は店頭の看板も合わせた

集客の話をさせていただきます。

 

10年前は新聞の購読数も減っているのでチラシではなく

これからはホームページだけ集客できる!

なんて言われていましたが、いえいえ…

 

今は新聞の購読数は減っていますが、

逆に購読している層が絞られているので

そこに向けた宣伝がしやすいんです。

 

時代が変化しているからこそ

正しい情報をきちんと知り、対応することが

これからの時代は重要になってくるのだと思います。

 

少しずつ変わってきているので、変化はわかりづらいですが、

年単位でみるとなんとなく見えてくるんですね。

私も注意して見ていかないとなぁと思いました。

 

更新日:2018年07月12日

宣伝不足の話

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日のお昼、カレーが食べたくなったので

近所のカレー屋さんへいくと

移転準備中と張り紙があり閉まっていました。

 

このお店はオープンしてから2年弱。

味はとても美味しくて大通りに面しているのですが

2階ということもあってか、お昼時はいつも空いていました。

 

お店に行くとスタッフさんがお客さんに

「新橋あたりでお店を出したかったがとても家賃が高くて、

このあたりにしたけど、2階だけどやっぱり家賃が高い」と

ぼやいていたのが聞こえてきたので(^^;;

家賃が負担だったのかもしれませんね。

 

味もほんと美味しくて、テーブルにはらっきょやガリ、福神漬けが

備え付けられていて、また玉ねぎの酢漬けがセットで付いています。

なのでカレーを食べたあと口の中がすっきりするので

この気遣いは女性に人気が出ると思っていたのですが残念です。

 

夫曰く、値段がちょっと高めだったからじゃないかなと

推測していましたが、

私は宣伝が足りなかったのではないかと思っています。

 

うちのお客様で2階でとんかつ店を17年もやっておられる方が

いらっしゃるのですが、

気軽に2階へ上がってもらうために1階にメニューケースを置いたり、

階段の上り口にはたくさんのPOPが貼ってありますし、

店主のにこやかな顔を貼ってあったり色々策を練っておられます。

 

1階の店舗と同じような宣伝をしていてはダメなんですよね。

宣伝に気づいてもらって、なおかつ階段を上がってきてもらう。

 

言葉に書くとこれだけなのですが、

「人の心を動かして行動に移してもらう」ことなんですよね。

 

宣伝というものは、商品が良いのが大前提。

商品が悪いのをアピールすると、お客さんに迷惑がかかりますのでね。

でも商品がいくら良くても宣伝しないと誰も存在に気づいてくれません。

 

ということで、

いいお店が宣伝不足で存在を気づかれずに無くなってしまいました。

とっても味はおいしかったので、少しくらい高くても食べたいと思う方、

いっぱいいたと思うのにな。。。

 

更新日:2018年07月11日

信用は財産

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

暑いですね。ハットツールの事務所がある護国寺では、

朝顔とほおずきが売っている露天が出ていました。

もう、夏本番です。

IMG_2042

さて、今日は午前中打ち合わせでした。

長いおつきあいをしているお客様なので、

お困りの話などをいろいろお聞きしているうちに

すっかり長居をしてしまいました。

 

お話の中で考えさせられたのが外注の選定や発注の難しさ。

 

うちはデザイン業なので、専門外(プログラムやイラスト、写真撮影)などは

外注さんにお願いします。

 

外注さんは長くお付き合いをして腕を信用している人にしか頼まないのですが、

たまに身近にいないので紹介をしてもらってお仕事を頼むこともあります。

 

紹介してもらっても相性が合わなくてもめるということもありますので、

お仕事を安心して任せられることの、大切さは身に沁みます。

 

また、もめたときでも制作の進行に支障をきたすこともできないので

発注者も外注のフォローアップもしないとなりません。

 

ということで、外注に出すよりも自分でやったほうが早いと思ってしまう。

で、自分自身の首をしめてしまうという循環になってしまうんですよね。

更新日:2018年07月10日

財運線が出ているらしいです(^^)

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

昨日は、ビジネスの仲間3人組が集まり近況報告をかねて

ビアガーデンに行ってきました。

 

あいにく雨も降ったり止んだり、屋外では肌寒く、

ビアガーデンに適した天候ではありませんでしたが、

金曜日ということもあり、たくさんの人で賑わっていました。

 

 

1年ぶりに会うと近況報告をしたり、

今抱えている悩みを話したり、アドバイスしたり…

 

 

そして、3人の中に占い師がいるので私の手相を見てもらいました。

財産線が小指まで伸びていて、

「松田さん、お金がちゃ〜んと入ってくるって出てるよ、うまくいよ〜」とのこと(^^)//

なんとも嬉しいことを言われました。

 

占い自体、私はあまり信じないタイプなのですが

いいことを言われるとついすぐ信じてしまいます。

 

そういうことを言われたので、手のひらを改めてまじまじ見ると、

いつの間にやらできていた手のシワ。

1〜2年前はなかったはず…

 

顔にできるとクリームを塗ったり無くそうとしたり

隠そうとしたり迷惑なものですが、

こんないいことを言われるシワは大歓迎です(笑)

 

なんだかんだで気がつけば、あれだけ賑わっていたのに

周りに誰もおらず閉店間際。

IMG_3086

ほんとうにいい仲間に恵まれたなぁ〜としみじみ思った昨日の夜でした。

更新日:2018年07月07日

ホスト役

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今月中旬にクローズドの商いの勉強会をするのですが、

私がホスト役になったので、先ほど打ち合わせをおこなっていました。

 

当日は10名を越す方が事務所にいらっしゃるので

滞りなく進めるには、いやはや、やることがたくさんあります。

IMG_1178

 

会議室を借りたり、お茶&お菓子の準備をしたり、

懇親会のお店を予約したり。

あとは、資料を作ったり進行を考えるだけでドキドキします。

 

またチラシデザイン講座がしてほしいとのリクエストがあったので

ちょびっとだけ講座をやる予定です。

何をするかも内容も考えなくては…。

 

商いの勉強だけでなく、こういうホスト役をするということも

いろんな意味で勉強になるもんです。

 

更新日:2018年07月06日

オウンドメディアに挑戦5000字どころか3000字も大変

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

先日、友達からオウンドメディアのコツを聞きました。

オウンドメデイアとは、早い話が役に立つ記事をブログに書き続けて

集客につなげるんですね。

 

記事をちゃんと読み込んでもらって結果的に信用度をあげて

滞在時間も長くなっていいのですが、

1つ記事の文字数が理想で5000字。

最低でも3000字はほしいとのことでした。

 

で、早速、リーフレットの料金とデザイン作成について書いてみたのですが

2300字がやっとです。

 

2000字過ぎたら文章が支離滅裂になってしまって…(笑)

これでは本末転倒なので、翌日改めて書き直して2300字に収まりました。

3000字にも及びませんね。

 

ちなみにこのブログ記事は今で文字数315字。

文章を書くことってほんと大変。ライターさんを尊敬します。

 

ということで、オウンドメデイアをしたいし

伝えたいことはあるのですが、自分でやるにはずいぶん時間がかかりそうですね。。。

だれか書いてくれないかしら…

更新日:2018年07月05日

健康診断にいってきました

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日は午前中、健康診断に行ってきました。

 

サボっていたので久しぶりだったのですが、

そろそろ受けとかないとと思い、重い腰をあげていってきました。

IMG_5995

検診中は、病気が見つかるんじゃないかとドキドキして

落ち着きません。

 

ここ何年かは、食べるものに気をつけたり、ストレッチをしたり、

睡眠もちゃんととるようにしていますが、

果たしてこの心がけがどのようにでるのか…

 

2週間後の結果がまるで通知表のようです。

 

結果はまだ出ていませんが、

健康でいることのありがたさが身にしみますね。

更新日:2018年07月04日

惜しかったですね

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

ワールドカップ、日本惜しかったですね。

さすがにリアルタイムでは見てないのですが、

気になって早起きして結果をチェックしてしまいました。

 

残り時間、20分ほどの間に2点入れられて同点、

さらにアディショナルタイムで逆転。

 

サッカーに限らずスポーツの国際試合をみていると、

日本の選手が点を入れて喜んだのもつかの間、

直後に相手に点を入れられて負けることが多いと思っています。

 

点を入れてホッとしてしまう、脇の甘さがある国民性なのだと思いますが、

3点も入れられるとは、脇の甘さで片付けられないですね。

ベルギーの勢いがほんと凄かったんだと思います。

 

戦ったあとの選手のインタビューを見ていると、

全てをかけて本気で挑んだのが伝わってきて

目頭が熱くなってしまいます。(試合は見てないのに…)

 

本気で挑んでいる人って、結果はどうであれ胸を打つんですね。

 

競合が出揃ってきて、ワールドカップもクライマックスに近づいてきています。

本気で挑んでる人たちの緊張の中から生まれる神がかった技がいっぱい出てくるでしょう。

 

こういう大舞台で実力以上のものを出して結果を残せることこそが、

スーパースターの証なのだと思います。

 

私はそういう一瞬をリアルタイムでみたいので、

まだもう少し寝不足が続きそうです。

 

更新日:2018年07月03日

女性目線のデザインをご提案する
女性デザイナーのハットツールデザイン
〒112-0013 東京都文京区音羽2-11-22-201