その7 チラシを見る時の目の動きを考えて作成していますか?

「目の動きはどのように意識すればよいですか?」

チラシを見る時、普段、どのように目が動いているか、
文字やデザインをどう追っているか、
気にしたことはありますか?

私の場合、目の動きを第一に考えながら
チラシをレイアウトしていくので
目の動きは、「チラシデザインの枠組み」
と言っても言い過ぎではないほど
重要です。

基本的な目の動きは、
チラシの文字の向きによって
変わってきます。

縦書きは右上から
横書きは左上から
それぞれ、目の動きは始まります。

150128-1

 

 

 

 

 

目の動きは始点付近がとても重要で
「割引キャンペーン」や
「先着5名限定」など
見た人が得になる情報を
入れこむと、より目を引きます。

目を引くことよって、
チラシ全体を読んでもらえる
確率がグンと上がるのです。

そして、目の動きが終わる最後の方に
「お問合せ」を目立つように入れます。

なぜ、「お問合せ」は最後なのか。

 お得情報に興味を持った人は、
 最後まで読み、目を動かして「お問合せ」を
 チェックします。

チラシ自体を
「見る」、あるいは、「見ない」を判断する時間は0.5秒、
その後を読むかどうかを判断するのは3秒
と言われています。

お金も時間もかけて作成したチラシが
ほんの一瞬で判断されて
捨てられてしまわないように
目の動きの流れを知っておくことは
 とっても重要でなのです。

週1回メルマガを配信しています。デザインの勉強をしたいという方はこちらから登録どうぞ。

bt-mailmag