営業の後押しリーフレット

こんにちは、女性デザイナーの松田です。

 

今日、お打ち合わせのお客様、営業が苦手で…

飛び込み営業なんてとんでもない。。。とのこと。

ですよね〜。私も同感です。

 

フリーランスになりたての時に、

面識のない出版社にいきなり電話をして

作品ファイルを送ったこともありましたが

電話をかけるだけでも苦痛で仕方ありませんでした。

ちなみにファイルを送った出版社もその後、返事もありゃしません。

そりゃそうです。

 

営業先で、

自分のアピールのためにペラペラ話すなんて、以ての外。

そういう時に、自分の紹介が書いてあるリーフレットがあると

それに沿って話せばいいだけですし、置いて帰ってくることもできます。

営業が苦手な方にとっては、リーフレットがあると大助かりなんです。

 

ハットツールで作るリーフレットは、自己開示をお客様におすすめしています。

なぜかというと、取引というのは、人と人だと思うからなんです。

たとえ、会社同士でも担当者がやりとりしますし、人と人になってきます。

なので、人柄を知っていただくことが重要なんです。

 

ちなみに

リーフレットを持っていくのに飛び込まないとならないですね。

その時は、お役に立ちそうな資料と一緒に渡すといいですよ。

うちに飛び込み営業にくる銀行の人がやってます。

 

「今月の御社のビジネスのお役に立ちそうな情報を持ってきました」という口実で

ビジネス雑誌のコピーを10枚ほど綴って名刺と一緒にホッチキスで止めて、

に毎月持って来られます。

銀行の営業の方がやってる戦法なので確実だと思います(^^)

 

押し売りではなく「お役に立つ」という口実をつけることがミソだと思います。

リーフレットとお役立ち情報のセットと

あとはめげずに定期的に接触を重ねるということだと思います。